長い文章が書けないけれどこれからブログを書きたい人に贈る3つのアドバイス

「ブログを書きたいけど長い文章が書けない!」という人は多いことでしょう。

それでも長い文章を書きたい人に、これから贈る3つのアドバイスを参考にして頂ければ幸いです。

そんなに難しく考えなくてもいいんです。基本的に文章は思っていることを書けばいいだけですからね。

「それが難しいんだ!」と嘆きたくなる人もいるでしょう。確かに長い文章を書くことは慣れていない人にとっては苦行です。

それでも、ブログで長い文章を書きたいのなら、まずは考え方を変えることです。

スポンサーリンク

長い文章が書けない人に贈るアドバイス

①文章を分割して書く

長い文章を書くためのアドバイスとしては、まず文章を分割することです。

ブログならば、見出しをできるだけ設けるのがいいですね。後はその見出し内容を書いていくだけです。

長い文章が書けない人にありがちなのは、1つの見出しを長く書こうとすること。例えば、長文小説でもサブタイトルや見出しは必ずあります。

小説全体のタイトルだけで全てが終わるストーリー展開はありませんからね。あったとしたら、それはあまりにも長すぎて飽きます。

とにかくブログなどで長い文章を書きたいのなら、できるかぎり見出しを設けて文章を分割して書くことです。

②とりあえず箇条書き風に書いてみる

長い文章が書けないのは、文章自体を難しく書こうとするからです。

ブログは卒論ではありませんし、合格不合格を左右することでもありません。もっと自由爽快に文章を書くことを楽しむことです。

誤字脱字もあとで訂正できますし、とりあえず箇条書き風でもいいので書いてみることが大切。

当たり前のことですが、文章は書かなければ上達しませんし、長い文章も書けません。とにかく「書く」ということだけに集中しましょう。

③人の目を気にせずに書きたいことだけを書く

長い文章に限らず、文章をなかなか書けない人は、やたらと人の目を気にしがちです。

もちろん、読んで貰うために書いているブログなので、人の目を気にする気持ちもわかりますが、まずは書きたいことを書きましょう。

それを読んで他人がどう感じるかはまた別の話です。

長い文章を書きたいのなら、人の目を気にしても長い文章は書けませんし、無難で何の面白みもないブログの出来上がり。

そんな文章を書くくらいなら、書かない方がマシとはいいませんが、それくらい厳しい世界なのは否めません。

人間ですから人の目を気にしたくなりますが、せめて文章の世界は気にせず生きていきたいものです。

長い文章が書けないけれどこれからブログを書きたい人に贈る3つのアドバイスのまとめ

  • 文章を分割して書く
  • とりあえず箇条書き風に書いてみる
  • 人の目を気にせずに書きたいことだけを書く

長い文章が書けないけれど、これからブログを書きたい人に伝えたいことは、別にブログは長い文章だけが全てではないということ。

ブログで大切なことは、長い文章よりもタイトルの答えや読みやすい文章を書くことです。その結果として長い文章ならいいのですがそれ以外ならば、長い文章は無意味なだけ。

長い文章という感覚も人それぞれですし、長いからといって良い文章ということでもありませんからね。

適材適所で長い、短いを分けて書いていくこと。ブログを書くことにルールはありませんので、好きなことを好きな風にドンドンと書いていきましょう。

ブログを書くことに慣れてきたら、自然と長い文章も書けるようになりますので心配しないで下さい。

まずは書くこと!ただそれだけです!

あわせて読みたい!

👉文章が下手なことなど気にしない!「人は人、自分は自分」の精神で書くことが大切

文章が下手なことなど気にしない!「人は人、自分は自分」の精神で書くことが大切
ブログに限らず、文章が下手なことを気にする人はたくさんいます。 もちろん、ブログでも文章が上手いことに越したことはありま...

👉文章を書くときに練るものと直すことで大切なことは何度も練り直すこと

文章を書くときに練るものと直すことで大切なことは何度も練り直すこと
ブログに限らず、文章を書くときに練るものと直すことで大切なことは「何度も練り直すこと」。 もちろん、日記程度のブログなら...

長い文章が書けないけれどこれからブログを書きたい人に贈る3つのアドバイスを最後まで読んで頂きありがとうございます。