人生教訓ブログを書いて成功者になる!人生教訓ブログとは?

arigatou

人生には教訓となるものがたくさんありますよね。

生きていればイヤなこともあれば、嬉しいことも起こりますが何事も教訓です。

人それぞれの人生の数があると同時に人それぞれの人生教訓が必ずあります。そんな貴重な人生経験をブログに書いてみませんか?

スポンサーリンク

人生教訓ブログを書くメリット

自分自身で体験した人生教訓ブログになればなるほどグーグルからも人からも評価は高くなります。

グーグルは誰も書いていなくて、人の役に立つオリジナルの記事が大好きですからね。

今まで生きてきた中での人生教訓ならば何でもいいですよ。

例えば、嘘をついてもいつかはバレてしまうとか、感謝の心を忘れなければそんなに悪い事態にはならないとかそんな感じでドンドンと記事を書いていきましょう。

書けば書くほど人との共感も得られますし、当たり前と思い込んでいたことがブログ記事を書くことによって客観的に新たに気づくこともあります。

失敗したことからの方が教訓は生まれやすいので、失敗はしても大丈夫だ!と心の底から気づくこともできます。

これからも失敗を恐れずに向かっていくことができるのも人生教訓ブログを書くメリットですね。

人生教訓ブログを書いて成功者になれる?

何を持って成功者かは人によって違います。

私が現時点で思うブログを書いて成功者になる感覚は、ブログに大量のアクセスが集まって、アドセンス等で充分なお金が発生すること。

人生教訓ブログを書くだけで生きていけるなんて物書きとしてこれ以上ない成功体験です。

もちろんそこから先の成功体験もドンドンと積んでいきますし、終わりはありません。

ただブログ記事を書いて有名になり、生活に困らないだけのお金を稼ぐことはなかなかできることではないですし、そんな簡単にはいきません。

それでも成功者として夢を叶えるためには書き続けていくしかないんですよね。

それが人生ですし、何回も失敗して繰り返していくのが人生教訓なんです。

私のある人生教訓

私がこれまでに生きてきた中で、1番影響のある人生教訓は「ありがとう」という感謝の心を常に持つということ。

そんなことは当たり前のことで拍子抜けしてしまいそうな話。

よくよく考えてみると常に感謝の心を持つというのは意外にできていない人が多いですし、難しいものですよね。

私も常に感謝の気持ちを心掛けたいのですが、やはり人生経験がまだまだですのでつまらないことでついイライラしてしまうことが多々あります。

本当はそんな小さなことで怒らなくてもいいのに、そんな小さなことで腹が立つ自分の存在にまたイライラしてしまう二重のイライラが起こります。

そういうときこそ感謝の心を忘れずに「あ、今イライラしているな……」と冷静になって、とりあえず心の中で「ありがとう」と呟くと少し冷静になれます。

そういうことを何度も繰り返していくと周りの環境や人間関係が不思議と変わっていくんですよね。

多分周りが変わったのではなくて、自分自身の考え方が変わってきて今まで見えていなかったものが見えてきただけなのです。

それに気がつくのはやっぱり人生教訓のおかげでもありますね。

人生教訓ブログを書いて成功者になる!人生教訓ブログとは?のまとめ

blog365

今まで生きてきた中での教訓であれば人に何を言われようが好きなことをドンドンと書いていきましょう。

自分自身が感じた人生教訓に正解も間違いもありませんからね。

いつか誰かがそういうブログ記事に辿り着き、その人の人生が救われるきっかけになればそれが全てです。

だからこそどんな些細なことでも書いていかなければ分かりませんし、躊躇している時間があったらとにかく記事を書いていくしかないです。

それこそが私の最近の人生教訓でもありますし、ブログを書いて発信する力の偉大さや楽しさを知るきっかけにもなりますからね。

あなたが今まで経験したこと全てが人生教訓ブログとなります。

あなただけの人生体験をブログにして成功者になりましょう!

👉人生は楽しいのか?ブログを書いて客観的に自分の人生がわかる書き方

人生は楽しいのか?人生は楽しいのか?ブログを書いて客観的に自分の人生がわかる書き方
今の人生は楽しいのか?とふと疑問に思うときがありますよね。 楽しいことは楽しいけれど今一つ何かが足りない……と感じる人も多...

👉人生のターニングポイントは眠い?意味から考えるポイント3選

ターニングポイント人生のターニングポイントは眠い?意味から考えるポイント3選
人生のターニングポイント(分岐点)はとにかく眠いんです。 ターニングポイントという意味は、人生における重大な分かれ道という...

人生教訓ブログを書いて成功者になる!人生教訓ブログとは?を最後まで読んで頂きありがとうございます。