個人事業主になるには開業届に必要書類と印鑑だけでとりあえずOKな話

Top view of business man hands working on laptop or tablet pc on wooden desk.

個人事業主になるには、開業届に必要書類と印鑑だけでとりあえずOKです。

とにかく難しく感じる個人事業主ですが、印鑑を押した開業届必要書類を税務署に出せば、晴れてあなたは一国一城の主(気持ち的に)になれます。

法人ではないので、どちらかといえば自営業ですね!
スポンサーリンク

個人事業主になるメリットは?

個人事業主として悩むところの1番は売り上げですが、最初は屋号(会社名)を考えることでしょうか。

別に屋号はあとでゆっくりと決めることもできますし、何も焦る必要はありません。

個人事業主になるメリットは税金対策です。

会社員と違って所得税の確定申告は自分でしなければなりません。別に税理士に頼むこともできますが、それはまた別の機会に。

個人事業主は青色申告の特別控除で!

個人事業主は基本的に自分で青色申告で申請します。

確定申告には、白色申告と青色申告がありますが、個人事業主になったら青色申告の特別控除がいいですね。

青色申告は2種類

白色申告は基本的にメリットはありません。

年間所得を申告するだけで税金(所得税)を払います。

青色申告は、簡易なもの(10万円控除)複式簿記の帳簿管理で65万円控除を得られるものがあります。

年間所得にもよりますが、やはり個人事業主になったら、青色申告の複式簿記で申請しましょう。

個人事業主が確定申告する収益金額の目安

個人事業主に限らず、副業などで収入を得ている人も確定申告をしなければなりません。

確定申告をして所得税を支払うことは法律で決まっているので、いつの時代も仕方のないことです。

大昔なら石で支払い、俵の米で支払う時代もありました。今は支払い方法がお金ということです。

年間所得が20万円未満

年間所得が20万円以下の人は確定申告なしです。

年間所得20~50万円

年間所得が20~50万円の人は確定申告をしなければいけません。

年間所得50~100万円

年間所得が50~100万円辺りから、青色申告の複式簿記(65万円控除)にするか考えていきましょう。

年間所得100~500万円

年間所得が300万円を超えると帳簿義務が発生し、65万円の特別控除を受けられます。

年間所得1000万以上

年間所得が1000万以上なら、個人事業主から法人になる方がメリットがたくさんあります。

早くこの段階までいけるように個人事業主は頑張りたいところですね。

個人事業主になるには開業届に必要書類と印鑑だけでとりあえずOKな話のまとめ

個人事業主になるには、そんな難しい知識やテクニックなんて要りません。

ネット上の情報で充分に知識はつきますし、ネットビジネスなどのブログで稼ぎ続けるためには、個人事業主は避けて通れない道。

わからないことはその都度、自分で調べて勉強し、専門的なことは本や詳しい人に聞きましょう。

私のようにこうして勉強したことをブログで書くのもおススメですね。

個人事業主が確定申告で支払う所得税は、収入ー経費+税ですので、払わなくてもいい税金をなくすためにも青色申告複式簿記は必須。

知識も大切ですが、別に税金のスペシャリストになる必要はありません。

個人事業主で稼ぎ続けられることを第一に勉強して、売り上げを得ていきたいものです。

難しく感じても個人事業主になるのは簡単です!

👉就職活動ニュースの流れから考察する起業活動率が少なすぎる原因

就職活動ニュース就職活動ニュースの流れから考察する起業活動率が少なすぎる原因
定期的に就職活動のニュースは流れていますが、起業活動というニュースが圧倒的に少ないのはなぜでしょうか。 起業活動率という...

👉超就職氷河期世代の年齢は「うつ」の特徴が出る前に転職よりも副業をおすすめする

超就職氷河期世代超就職氷河期世代の年齢は「うつ」の特徴が出る前に転職よりも副業をおすすめする
超就職氷河期世代の年齢は2000年と2001年の卒業生から計算してみて下さい。 1993年度から2005年度の世代の卒業生を就職氷河期世...

個人事業主になるには開業届に必要書類と印鑑だけでとりあえずOKな話を最後まで読んで頂きありがとうございます。