他人の事をとやかく言う暇があれば自分の人生について考える時間に使いたい

他人の事をとやかく言う暇があれば、自分の人生について考える時間に使いたいもの。

ごくごく当たり前の自己啓発ですが、なかなかどうして他人の事をとやかく言う人が後を絶ちません。

例えば、○○歳になれば○○をしなければならないなどと、余計なお世話的なことを言う人がたまにいます。

当の本人にとっては良かれと思って言っているのでしょう。けれども、それは本当に余計なお世話。他人の事をとやかく言う前に自分の人生だけを考えていくべきです。

スポンサーリンク

なぜ他人の事をとやかく言いたいのか?

そもそもなぜ他人のことをとやかく言いたいのでしょうか。

おそらくは自分の人生について満足していない人が大半。だからこそ、自分よりも劣っている他人を見下しては何とか均衡を保とうとしているのです。

このように考えると本当にくだらない人間ですが、他人の事をとやかく言う人は今の現状に不満だらけで楽しくないということ。

人生を楽しくする気概もなければ、他人を見下すことでしかストレスが発散できないのです。

これは決して他人事ではなくて自分自身の胸にも聞いておきたいこと。他人の事をとやかく言っている時間があればすぐに改めていきたいものですね。

人は人、他人は他人で過ごせばいいのに

なんだかんだ言っても人間は人間が気になるもの。

良い意味で気になるのは全然いいのですが、ネガティブ思考で気になるのはやはり頂けません。

とにかく人は人、他人は他人でやり過ごせればいいのに、なぜわざわざとやかく言うのでしょうか。もっと視野を広げては、世の中にいる人達の様々な考え方や価値観があることを理解するべき。

自分自身と全く同じ人間がいてもそれはそれでつまらないもの。色々な人がいるからこそ、また人生も楽しくなります。

他人の事を考えることも大切

他人の事をとやかく言うのはダメですが、だからとって他人の事を全く考えないのもまた違います。

他人の事を考えることも大切ですし、人のふり見て我が振り直せという考え方も必要不可欠。

何が大切で何を優先するのかは人それぞれですし、これが正解という考え方はありません。もっと自分の人生のために行動をしつつ、他人とも時には助け合って生きていく。

理想を言うとキリがありませんが、他人の事をとやかく言うよりは数倍マシなこと。

余裕があればこそですが、たまに他人の事を考える時間も持ちたいものです。

他人の事をとやかく言う暇があれば自分の人生について考える時間に使いたいのまとめ

確かに精神的に余裕がない時ほど、他人の事をとやかく言いたい気持ちもわかります。

けれども、どれだけ他人の事をとやかく言っても、所詮他人は他人ですし、自分の人生に何の関係もありません。

だからこそ、そのようなくだらない時間を使わないためにも自分の事をとやかく言いましょう。

自分の人生についてとやかく言えば、人生はドンドンと変わっていきますからね。逆に自分の事を他人にとやかく言われた時は上辺で感謝しつつ、ほどほどに無視をしていきましょう。

他人の事をとやかく言う人間の人生はつまらないだけですからね。

自分自身が他人の事をとやかく言う人間にならないためにも、今の人生をしっかりと理解しては楽しい人生を過ごすために日々試行錯誤していきたいものです。

他人の事をとやかく言う人間に楽しい人生はやってきません!

あわせて読みたい!

他人の幸せを喜べないのは精神が嫉妬心に占領されているということ

他人の幸せを喜べないのは精神が嫉妬心に占領されているということ
他人の幸せを喜べないのは精神が嫉妬心に占領されているのかもしれません。 そうではないかもしれないし、そうかもしれない。別...

今やるべきことをするためには他人の人生を気にしている場合ではない

今やるべきことをするためには他人の人生を気にしている場合ではない
人生において、今やるべきことをするためには他人の人生を気にしている場合ではないということ。 他人の人生を気にしている人は...

他人の事をとやかく言う暇があれば自分の人生について考える時間に使いたいを最後まで読んで頂きありがとうございます。