個人で出来る仕事を増やして稼ぐ力を身につければ人生が安泰する時代に突入!

個人で出来る仕事

個人で出来る仕事を増やして稼ぐ力を身につければ、人生が安泰する時代に突入しました。

やっとですよね。

過去には大企業に就職し、マイホームを建て、車も大きめのファミリーカーがあれば人生の勝ち組?とまで囁かれていた時代もありました。

今している仕事が10年後もあるとは限りません。

スポンサーリンク

今の時代でもそんな人生を求めている?

時代というものは常に変化していくもの。

今の時代でも大企業に就職できれば人生は安泰と思っている愚か者が少なからずいます。

個人で出来る仕事など全く理解できずに、ましてや個人の力だけでお金を稼ぐ発想なんて持ち合わせていません。

確かに大企業は安定する

なんだかんだいっても、大企業に就職できれば経済面では安定します。

けれども、当たり前ですがその大企業にいる間だけの話です。

大企業から離れて、一個人になればただの個人では稼げない人になります。組織に縛られている人が勘違いしているのはここの部分。

個人で稼ぐ力がある人は別に組織に属さなくてもいいんです。

世間体とかもう古い

就職しなければ世間体がどうたらこうたらなんてもう古い。

就職していても借金まみれで、見えない人生という時間に常に追われている可哀想な人もいます。

逆にフリーターやニートと呼ばれる存在でも、毎日が日曜日でストレスフリーな生活を過ごしている楽しい人もいます。

老後なんて今考えることではない

就職して、会社という組織に人生を捧げている人からすれば、そういうフリーターやニートの存在は羨ましいと思う反面、将来や老後はどうするのだろう?と余計な心配をしてしまいがちです。

他人の心配をする時間があれば、個人で稼げる力を身につける時間に充てればいいのに、そういう可哀想と思い込んでいる人を見下して少しだけ自分の人生を安心させます。

下を見ればキリがないですが、上もまたしかりです。

他人に心配されるほど、フリーターもニートも老後のことはそんなに考えていません。なぜなら、今現在がいっぱいいっぱいだから。

個人で出来る仕事とは?

個人で出来る仕事は探せばたくさんありますが、インターネットを使った仕事は今の時代に合っています。

いつかはこのインターネットを使った仕事も頭打ちになりますが、あと100年くらいは廃りません。

インターネットのおかげで、昔に比べて個人で出来る仕事は増えましたし、稼ぎやすい時代にもなりました。

こんな感じでブログ記事を書いてアクセスを集めることができれば、広告収入としてお金を稼ぐこともできますからね。

文章を書く能力を身につける

個人で出来る仕事で稼ぐために手っ取り早いのは、文章を書く能力を身につけることでしょう。

文章を書くのはハッキリいって誰にでもできます。

日本人なら、日本語をある程度勉強すれば書けますからね。文章を書くのが苦手という人は、書いていないか変によく見られたい願望が強すぎるだけ。

人の目を気にしても人生は良くも悪くもなりません。

自分の人生は自分で考えて作り上げていくしかないんです。ウジウジ悩んでいる時間はもったいないだけですよ。

という感じで、心の中で思ったことを書いていけばいいんです。文章を書くというのは。簡単、簡単。

個人で出来る仕事を増やして稼ぐ力を身につければ人生が安泰する時代に突入!のまとめ

個人でできる仕事

とにかく個人で出来る仕事を増やして稼ぐ力を身につければ人生は安泰します。

安泰する人生が本当に良いのかは疑問に感じるところですが、「安泰」というニュアンスが好きな人が圧倒的に多いのは事実。

個人で出来る仕事で稼ぐために勉強するのは当然として、やはり何ごとも継続していかなければなりません。

毎日同じようなことの繰り返しで、仕事して、テレビ見て、寝てという様なつまらない日々を過ごすと5年、10年があっという間に過ぎ去ります。

気づいたときに、ふと鏡をみては自分の老け込み具合に驚いて失神するかもしれません。

いや、それならまだマシかもしれません。

1番最悪なのは、気づいたときに何の力もついていない自分がそこに存在しているとわかったときです。

そうならないためにも多少つらくても、今できる個人で出来る仕事を増やして、稼ぐ力を身につけていきたいものですね。

何のために個人で稼ぐ力の勉強をするのかを考えよう!

👉個人でお金を稼ぐ方法を習得するために必要な5つの思考

お金個人でお金を稼ぐ方法を習得するために必要な5つの思考
個人でお金を稼ぐ方法を習得するためにはまず必要な考え方というのがあります。 これからの時代は個人でお金を稼ぐ能力がない人...

個人で出来る仕事を増やして稼ぐ力を身につければ人生が安泰する時代に突入!を最後まで読んで頂きありがとうございます。