つまらないブログ記事を100ページ書いても無駄とは聞くけれどそもそも100記事を書けない人がほとんどな現状

つまらないブログ記事とは一体どういうものなのでしょうか。

もちろん、普通に最後まで読めない(読まない)とか、冒頭で離脱が多いというのが基本だと思います。

ブログにアクセスを集めるためにはとにかく記事を増やしていかなければなりませんが、本当につまらないクソ記事を100ページ書いても無駄なのでしょうか。

スポンサーリンク

私がブログ記事を100ページ書いた感想

ブログにアクセスを集めるためには検索エンジンからの訪問者が主になりますが、今の時代はSNSでも結構なアクセスは集まります。

確かにSNSだけでは一時的にアクセスが集まり、安定はしませんが増えることは増えます。

とにかく検索エンジンからのアクセスが欲しいので私はネットで転がっている情報を自分なりにまとめてみると、「とりあえずブログ記事は100ページ書こう!」というのが多かったのでやってみました。

まずは文字数を1000文字以上にして、できるだけ特化したキーワードで書いていきます。レンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得し、ワードプレスでブログを作成していきます。

自分で決めた条件としては毎日一記事更新していくこと。

それでアクセスが検索エンジンから集まってくるのかをテストした結果…わかりました。

思ったほど集まりません!

更新頻度なのか?キーワード選定なのか?

多分どちらも大事だとは思いますが、1日1記事程度では全然甘いということ。

1000文字だろうが、10000文字だろうが100記事程度では検索エンジンからのアクセスはなかなか集まらないということです。

もちろん、キーワードがトレンド寄りでしっかりとしたコンテンツならばアクセスは集まるかもしれませんが、それでアクセスが集まったところでマネタイズができるとも限りません。

やり方を知っている人は知っていると思いますが、今の私の実力ではまだまだ見えません。

とにかく諦めずに更新頻度と記事数を増やしていく

普通ならばここで諦める人が大半。

100記事も書いたのに全然アクセスは集まらないし、アドセンス収支も「1ヶ月位で数円程度なんてやってられるか!」と言って辞めます。

私もそう思ったことはありましたがやっていくうちに気がついていくものです。

あれ?ブログって稼げるかも?

そう思ったのもブログを90ページくらい書いたあたりで、検索エンジンからのアクセスが数件あったからです。たった数件のアクセスでも何となくSEOについて理解していたら嬉しいものです。

これを機会に一気にブログアフィリエイトについて勉強していきます。

今も勉強中の身ですがアドセンスも月に数千円の結果も出てきましたし、何よりも文章を書いてお金を稼げるという行為がとてつもなく嬉しくて、嬉しくてたまりませんね。

つまらないブログ記事を100ページ書いても無駄とは聞くけれどそもそも100記事を書けない人がほとんどな現状のまとめ

何事もそうですが成功するためには小さな成功体験をドンドンと積んでいくことに限ります。

多少遠回りしても、寄り道してもかまいません。

自分の人生なので!

大切なことは結果も大切だけど、その過程も楽しみながら過ごしていくことです。私はそれを意識しながら日々ブログ更新やアフィリエイトサイト作りに励んでいます。

やり方は人それぞれですが何も体を壊してまで頑張らなくてもいいと思います。

そんなことはブラック企業と同じようなものです。変な話一人ブラック作業のやり過ぎで倒れてしまっては元も子もありませんからね。

頑張らなければならないときは頑張らなければなりませんが、そもそもつまらないブログ記事を100ページ書くだけでも本当は凄いことだと気づくべきです。

初心者限定の話ですが!

こちらの記事もどうぞ!

ブログアクセスアップのコツをあれこれ調べすぎて何が正しいのか分からなくなった人へ

ブログアクセスアップのコツをあれこれ調べすぎて何が正しいのか分からなくなった人へ
ブログアクセスアップのためにネットや本などであれこれ情報を漁っては日々試行錯誤している方も多いと思います。 私もそんな感...

つまらないブログ記事を100ページ書いても無駄とは聞くけれどそもそも100記事を書けない人がほとんどな現状を最後まで読んで頂きありがとうございます。