ブログの文章力に一流小説家並みの技術を求めてはいけない理由

Vector freehand drawing of dark bird feather

ブログの文章力に面白いとか上手いとかあまり気にしない方がスムーズにブログは書けます。

何も小説コンクールやコラム大賞に公募するわけではないので好きなように書きましょう!といってもやはり気にする人は気にするものです。

スポンサーリンク

なぜ文章力を気にするのか?

文章力を気にする理由の一つとしてはブログを最後まで読んでほしいという気持ちがありますよね。最後まで読んでもらうとやっぱり素直に嬉しいものですし、書いた甲斐があるというものです。

それとイチ物書きとしては「この人のブログは面白いな~」とか「読みやすい文体だな~」とか思われたいですからね。

文章力がないと内容が良くても伝わらないことも多々ありますし、信頼性もガクンと落ちていきます。

何がいいたいのかハッキリわからない人の話はつまらないし、二度と会いたくないと思ってしまいますからね。

そういうことを含めても多少の文章力は必要不可欠かもしれませんね。

別に文章力が下手でもいい

文章力が下手でも書いていればそのうち上手くなっていくといいますが、文章力がない人は何年書いても、何十年経っても上手くなりません。

これは真実です。文章力というのは生まれ持った才能がほとんどを占めます。文章を書く人が好きな人は基本的には文章力はありますが、文章が上手いのと文章内容が面白いのとではまた違う話になります。

文章が上手い人は才能プラス小さい頃から文章の上手い人の本を読んでいます。

これは大人になってからでは間に合いません。諦めましょう!

文章内容の面白い人はおもしろい人生体験や考え方で決まります。これはいくら文章力の才能があっても面白い人生経験をしてきた人にはかないませんね。

文章能力の才能があり、面白い人生経験をしていたらまさしく鬼に金棒ということです。

ブログやサイトに求められる文章力

ブログやサイト作成に求められる文章力は小説家並みの文章力がなくても充分に稼げます。

ブログ等に求められる文章力はわかりやすさです。

検索エンジン等で何か調べたいものを求めてきてそのブログやサイトにたどり着き、いざそのブログを読んでみても難しい言葉や遠回りな言い回しの文章ならばすぐに離脱してしまいますよね。

ブログやサイトに小説家並みの文章力は全く必要ないのです。

まとめ

もっと文章力を上げたい!とか文章を上手く書けるようになりたい!とかという気持ちはわからない気もしないですが、文章を書く目的は一体何なのでしょうか?

自分の思いを人に伝えたいだけなのか、文章を書いてお金を稼ぎたいのか、文章を書いて何かの賞を獲りたいのかをハッキリ自分の中で決めておきましょう!

文章力を上げたいのならまず短編小説を書いてみるのもお勧めです。

自分の頭の中で想像したストーリーを文章にして表すのです。これは実際にやってみればかなり難しいことに気がつきます。

それと同時にブログやサイトで文章を書くことがいかに簡単だったことにも気がつきます。

自分の文章力に自信がない人は一度短編小説を書いてみましょう!

文章力なんて気にするだけ時間の無駄!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
ブログ記事をたまにはSEOとか一切気にせず自由に書くことも大切です!