財布が寂しい原因の1つにボロボロで痛い感じがするまで使う以外の3つの理由

財布が寂しい原因の1つに、財布がボロボロになり、痛い感じがするまで使い古す人がいます。

もちろん、物を大切に使うことは良いことですし、財布の全てで金運などは決まりません。

けれども、ボロボロで見た目的にも痛々しい感じがする財布を持っていて、金銭的に余裕がある人はまずいません。

いたとすれば、余程の恵まれた金運の持ち主くらいでしょう。

ボロボロになるまで財布を使いのは、財布が寂しい原因どころか、見た目的にも寂しくなります。それ以外にも財布が寂しくなる理由があります。

最近、「財布が寂しいな……」と感じる人は、以下の項目に当てはまっていないかを確認してみて下さい。

スポンサーリンク

財布が寂しい原因は無意識による悪習慣

財布が寂しいのは、無意識による悪習慣がほとんど。

どれだけ収入があっても、財布が寂しくなる悪習慣をしていれば、貯金はおろか一生経済的にも精神的にも余裕がない人生を歩みます。

そんな財布が寂しい原因の悪習慣は以下の通り。

①財布の中身を把握していない

財布が寂しい理由の1つ目は、財布の中身をあまり把握していないことがあります。

金額はもちろんのこと、レシートやよくわからないカードの類が、パンパンに詰め込んでいる財布は見た目的にも痛い。

ズボラな性格といってしまえばそれまでですが、金銭的に余裕を持ちたいのなら、まず財布の中身を把握しましょう。

クーポン券やレシートは別の入れ物に入れる

財布がパンパンになるのは、余計なものを入れてしまうから。

クーポン券がたくさん入っている財布ほど、そのクーポンを使った試しがありません。おまけに使用期限が過ぎているのがほとんど。

家計簿をつけるためにレシートを入れている人もいますが、何のために家計簿をつけるのでしょうか。

節約のために家計簿をつけるのなら、まず財布の中身を整理しましょう。家計簿をつけるよりも簡単に節約として繋がります。

基本的にはクーポン券は貰わない、レシートはすぐに捨てる習慣を持つことです。

②ATMで小出しにお金を引き出す

財布が寂しい人に限って、よくコンビニなどのATMでお金を小出しに引き出す習慣があります。

理由を聞くとそのほとんどが、お金を持っていると使ってしまうからといいます。その割にはお金が全然貯まっていませんし、いつもお金に困っています。

ATMでお金を引き出すと場合によっては手数料が引かれる

銀行など利益は、この手数料による収入が大きいことは事実。

たった数百円の手数料だからといって、ATMで小出しに引き出していくと手数料だけで1000円を超えてしまうこともあります。

冷静に考えると、自分のお金を引き出すのにお金を取られるというそんなバカらしいことはありませんよね。

この辺を真剣に捉えることができれば、今後はATMで小出しにお金を引き出すことはしないはず。

財布が寂しい人は、微々たる電気代やガス代を気にする前に、まずは手数料を気にするべきです。

③節約をしているつもりで満足

財布が寂しい人は、節約をしているつもりで満足しています。

節約しているから、お金が貯まるわけではありません。「節約+収入を増やす」ことをしないと永遠に財布は寂しいまま。

節約疲れや節約満足も基本的には同じことですし、目的をしっかり把握すること。

「何のために節約をするのか?」という部分がないと、一生お金に困る寂しい人生を歩んでしまいます。

つもりは所詮つもり。現実にお金が貯まっていないとそれは節約でも何でもなくて、ただの自己満足ですからね。

財布が寂しい原因の1つにボロボロで痛い感じがするまで使う以外の3つの理由のまとめ

  • 財布の中身を把握していない
  • ATMで小出しにお金を引き出す
  • 節約をしているつもりで満足

ボロボロな財布をいつまでも使っていても、財布が寂しいと感じなければそれはそれでいいんです。

しかし、どこかで「いつも財布が寂しいけどなぜ?」と疑問に感じるのなら、この3つの悪習慣を見つめなおしてみてはどうでしょうか。

財布が寂しくなると、精神的にも寂しくなってきます。もちろん、お金が全てではありませんが、お金がもたらす精神的安定は無視できません。

だからこそ、できることはできるだけ試していきましょう。

それに伴い収入面を増やす努力も大切に!

あわせて読みたい!

👉日本の貧困問題についての現状・原因から解決策を3つだけ考えてみた

日本の貧困問題についての現状・原因から解決策を3つだけ考えてみた
日本の貧困問題についての現状・原因から解決策を3つだけ考えてみました。 非正規雇用、ブラック企業や生活保護の不正受給などの...

👉お金持ちの人の特徴と貧乏から抜け出せない7つの習慣とは?

お金持ちの人の特徴と貧乏から抜け出せない7つの習慣とは?
大きく分けると世の中は、お金持ちの人と貧乏の人の2種類しかいません。 どうせならお金持ちの人で生きていきたいですよね。 ...

財布が寂しい原因の1つにボロボロで痛い感じがするまで使う以外の3つの理由を最後まで読んで頂きありがとうございます。