人生の転機の予兆はブログを書くことから始まる!その理由とは?

Turning point of the life

人生には転機というものが必ずあるんですよね。

その人生の転機の予兆をいち早くキャッチして、よりよい人生にしていくためには、やはり毎日をダラダラと過ごしているだけでは気づけないんです。

そうはいっても大半の人は具体的に何をしていいのかも分からずに、ただひたすらその日を無事に生きていければいいかな~と思っています。

スポンサーリンク

人生の転機の予兆を察知したければブログを始めよう!

ブログ7毎日の人生が本当につまらなくて、「一体何のために生きているの?」と感じているのならブログを始めてみましょう。

「ブログって何を書くの?」とか「私は文章を書くのが苦手だから…」と思う人もいるかもしれませんが、案外と始めてみたらブログって書けるもんなんです。

しかもブログを継続すればするほど楽しくなってきますし、何よりも人生に転機が訪れます。

ブログに限らず、何事もやってみなければわからないことですが、考えている暇があればとにかくその考えや迷いを文章化してブログを書いてみるのもいいですね!

最初は別に文章力とかブログ構成とか気にしなくてもいい!

ブログ初心者の人や文章を書くことが苦手な人のブログって最初は本当に読みにくいものですし、一体何を伝えたいのか全然わかりません。

私も初心者の頃のブログを読み返すと、それはそれは本当に誤字脱字のオンパレードでタグの使い方や文章構成がめちゃくちゃで思わず失笑してしまいます。

それでも色々な人のブログや本を読んで学びながらブログを数年継続していくと、それなりの文章も書けますし、初心者の頃とは比べものにならないくらいのブログ構成になっていきます。

やっぱりブログを継続して良かったことは、ブログを通して出会う仲間やブログを書いてお金が稼げているということですね。

ブログは正しいやり方で書けば誰でも稼げる!

詳しくはこちらのブログ収入で一般人が月5000円以上を定期的に稼ぐ考え方に書いていますが、本気でブログを書けばお金って稼げるんです。

5000ブログ収入で一般人が月5000円以上を定期的に稼ぐ考え方
一般人ではない人気芸能人が書いているブログ収入は、月間500万円以上とも言われています。 一般人の身ではとてもじゃありません...

ブログでお金を稼ぐためにはそれ相応のエネルギーとテクニックがやはり必要ですが、正しいやり方はそんなに数多くありません。

どれが正しい情報でそのやり方が今の時代に合っているかを見極める力は重要ですが、それさえ分かればあとはあなたのヤル気しだいですね。

私も当初はブログを書いてお金を稼ぐというイメージが湧きませんでしたし、アクセスも1日100~200くらいあればいいかな~という感じでした。

今ではアクセスも1日平均して4ケタあるのでとても嬉しい限りなのですが、現状に満足せずにもっと上を目指してブログを書いていきたいと思う今日この頃です。

ブログを継続すれば人生の転機の予兆は必ず感じます!

wooden-bridge-and-green-meadow-in-front-of-a-forest-under-a-blue-sky_1920x1200

人生の転機の予兆を感じたら感じるだけで終わるのではなく、その転機を良い方向にするために今自分ができることを精一杯やっていきたいですよね。

今までの人生では仕事から帰ってきたら、とりあえず大して面白くもないテレビをつけては意味もなく時間を潰してきた人もいるでしょう。

安酒を飲んで、会社の愚痴や嫌な上司の小言を振り返って酒の肴にしては生産性のない時間を過ごしてきた人もいるでしょう。

「明日も会社だからもう寝なあかん!」「仕事に行きたくない!」と心の中で呟きながら寝床につく毎日の人もいるでしょう。

そういう人生は本気でイヤだ!と思ったのならそれが人生の転機の予兆ですよ!

とにかくその思いをブログに書き綴ってみて下さい。本当に人生が変わります。

少なくとも私はブログを始めて人生が良い方向に変わりました。心の中のモヤモヤを文章化にするのはストレス解消にもなりますし、何よりも人生に刺激と楽しさが増えるんです。

これは実際にブログを書いて体験しなければ感じられないことなので、ぜひ人生の転機の予兆を感じたらブログを始めてみて下さいね。

加藤鷹bot
とにかく行動あるのみです!

こちらの記事もどうぞ!

職場の人間関係が辛すぎて会社を辞めたい人はブログで30万円を稼ぎませんか?

Human relations職場の人間関係が辛すぎて会社を辞めたい人はブログで30万円を稼ぎませんか?
職場の人間関係が辛すぎて今すぐにでも会社を辞めたい!と感じている人はたくさんいると思います。 実際にその仕事が辛くて辞め...

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。