つまらない人生の30代以上が書くブログの8割はリスクを冒していない

ブログつまらない

つまらないブログを書く30代以上の8割は、毎日の人生にリスクを冒していないのが原因。

別に好んで無理やり人生にリスクを冒す必要はありませんが、普通の人が書くブログなんて本当につまらないだけです。

スポンサーリンク

つまらない人のブログの特徴

普通の人生ならもっと勉強すればいいだけなのに、たった1年間も継続できない人が大半。

そういう人たちに限って、「月収100万円を稼ぎたい」とか「いい車や家を買いたい」など、中学生みたいなことを毎日いっています。

当の本人は気づいていませんが、そういう30代以上は本当に痛い。

いつまでも夢を持つことは素晴らしいことですが、毎日に人生にリスクを冒していない人は何をしても中途半端でしょう。

ブログを書くにしろ、つまらないブログを書く人は人と同じこと(同じ視点)しか書きません。

「書けない」というのが正しいのですが、そういう人のブログアクセスのピークはせいぜい月50000PV以下でしょう。

口だけで結局1年間継続できない

つまらないブログを書く人は口だけは1人前ですが、結局1年間も継続できません。

途中で挫折しても、またそこから継続できればいいのですが、ほとんどの人は再スタートできません。

再スタートができたとしても、1年以内に挫折します。

そこで、挫折しない人は人生においてもブログにしても、つまらない病から脱却できます。

「頑張ります」とか「次は継続します」と張り切るのはいいことですが、とにかく1年間毎日ブログを書いてみましょう。

話はそれからです。

なぜブログを継続できないのか?

ブログを継続できない理由は本当にいろいろとあります。

このブログサイトにもそういう類の記事はたくさんありますからね。

まずはブログネタがないというのが大半ですが、そういう人は「私の人生はつまらないんです」といっているようなもの。

そんな人とは関わりたくないですし、一緒にいても楽しくありません。

反面教師で学ぶことはありますが、すぐに飽きてきます。

ブログを継続できないのは、今の人生がつまらないだけなので、もっと楽しくなるようにすればいいだけのこと。

それすらできない行動力はもうブログを書かずに、毎日「愚痴」と「悪口」を永遠に吐いていればいいでしょう。

人生にリスクを冒した方が楽しい

無難な人生より、多少のリスクを冒した方が楽しいです。

絶対にアクセス数が増えるブログ記事を書いても、楽しいのは最初だけですからね。

これは人生にもいえること。

やはり、冒険はいつの時代も楽しいものですし、ワクワクします。

ブログでもたまには冒険することもつまらないブログから卒業するきっかけになるでしょう。

つまらない人生の30代以上が書くブログの8割はリスクを冒していないのまとめ

つまらないブログを書く人は、やたらと文字数とかブログの書きはじめを気にします。

ブログを書くのが億劫な人はブログを辞めればいいんです。無理やり書いたブログ記事なんて、クソつまらないですし、誰も読みませんからね。

時間の無駄ですし、そのブログを書いた時間をもっと他のことに使えば、つまらない人生から抜け出せるのかもしれません。

そういわれて、ブログを辞める人は所詮それまでの人。

一体何のためにブログを始めたのでしょうか。

これまでの人生でも、そのように人の言うことを鵜呑みにしては流されて生きてきたのでしょう。

だから、あなたのブログも人生もつまらないのです。

こんな偉そうなブログでもいいんです。

この記事を読んで、「ムカつくな!」「私はつまらない人生ではない!」と感じれば、それはそれで心を動かしているブログ。

1番つまらないブログは、最後まで読まれないブログ記事とれたとしてもいい意味でも悪い意味でも何も感じないブログですからね。

つまらない人生から早く卒業しよう!

👉最近人生がつまらないと親のせいで悲観する人が考えてほしい5つのこと

最近人生がつまらない最近人生がつまらないと親のせいで悲観する人が考えてほしい5つのこと
最近人生がつまらないと親のせいで悲観する人が増えてきています。 人生がつまらないのは、親のせいではなくて自分自身の生活態...

👉つまらないブログ記事を100ページ書いても無駄とは聞くけれどそもそも100記事を書けない人がほとんどな現状

1437260979578つまらないブログ記事を100ページ書いても無駄とは聞くけれどそもそも100記事を書けない人がほとんどな現状
つまらないブログ記事とは一体どういうものなのでしょうか? もちろん普通に最後まで読めない(読まない)とか冒頭で離脱が多いと...

つまらない人生の30代以上が書くブログの8割はリスクを冒していないを最後まで読んで頂きありがとうございます。