生き残るためにはとにかく最後まで踏ん張る勇気を持ち続ければいいだけの話

どのような世界でも生き残るためにはとにかく最後まで踏ん張ること。

何があっても最後まで踏ん張る勇気を持ち続けることができれば、大抵のことは何とかなりますし、それなりの結果は残せます。

けれども、ほとんどの人達はそこまでの域に達することができません。

理由はいろいろとありますが、主な原因は余計なことを考えすぎるから。もっと気楽に物事を考えればいいのですが、なかなかどうして人間という生き物は賢すぎるので考えてしまうのです。

スポンサーリンク

生き残るためにはどのような環境がいいのか?

生き残るといってもどの分野で成功したいかにもよります。

例えば、ネットビジネスの世界で生き残りたいのであれば、ひたすらネットビジネスの世界の入り浸ること。

他のことには目もくれずにネットビジネスの世界にどっぷりと浸かるのです。

もちろん、それだけで通用する世界ではありませんが、とにかく生き残るためには多少の犠牲は覚悟するべき。

何があっても諦めない心も大切ですし、継続することの真の大切さに気がつくまではガムシャラに取り組むしかないのです。

そのためにも孤独になれる環境は大切ですし、無理矢理にでも孤独な環境を作ることが生き残るためには必要不可欠。

どちらにしても孤独を恐れている間は大した結果を残せません。

人生において孤独な期間は貴重な時間

なんだかんだ言っても人生において孤独な期間は長いもの。

人間は1人で生まれてきては最終的に1人で死んでいきます。このように考えると別に孤独は特別なことではないですし、むしろ普通のこと。

寂しいと思うから寂しいのであって、考え方によっては贅沢なことなのです。

もっと孤独と向き合っては孤独な期間を貴重な時間として受け入れる。

人生の中で孤独な期間ほど贅沢できることはありませんからね。

最後まで踏ん張る気持ちがあれば何とかなる

世の中にはどれだけ叩かれても一切気にしない人がいます。

そういう人はどのような分野でも成功しますし、最後まで踏ん張ることができます。たった1度の人生を他人にとやかく言われる筋合いはありませんし、逆もまたしかり。

何が何でも最後まで踏ん張る気持ちや勇気があれば何とかなるのです。

このように楽観的に取り組むことも大切。難しく考えないでもっと自由に生きていきましょう。

生き残るためにはとにかく最後まで踏ん張る勇気を持ち続ければいいだけの話のまとめ

「生き残るためには?」とそこまで深く考える必要もありません。

極論をいえば、生き残るためにはシンプルに楽しめばいいということ。自分なりの楽しみ方や方法を見つけていくことで最後まで踏ん張る気持ちは継続できます。

余計なことを考えずにとにかく自分自身をまず信じることから始めましょう。

否定されても気にしないこと。自分自身が決めたことは自分自身で責任を持って行動すればいいだけ。

他人のためだけに生きる人生ほどつまらないものはありませんからね。

とにかく生き残るためには、常に考えては試行錯誤を繰り返すしかないことを頭に叩き込んでいきたいものです。

生き残るためにはこれくらいの厚かましさも必要です!

あわせて読みたい!

頑張ればいいことある?頑張れば頑張るほど辛くなる原因からの人生対策

頑張ればいいことある?頑張れば頑張るほど辛くなる原因からの人生対策
「頑張ればいいことある?」 頑張れば頑張るほど辛くなる人はこのように感じてしまうもの。 確かにどれだけ頑張っても報...

時間の無駄をなくすためには?人生の大半は無駄使いの連続である話

時間の無駄をなくすためには?人生の大半は無駄使いの連続である話
時間の無駄をなくすためには一体どうすればいいのでしょうか。 そもそも、人生の大半は無駄使いの連続でありますし、何が無駄で...

生き残るためにはとにかく最後まで踏ん張る勇気を持ち続ければいいだけの話を最後まで読んで頂きありがとうございます。