【トレンドブログ】ペナルティを気にしない方法は好きな内容を画像なしで書くこと

トレンドブログは今現在で流行っているネタを書いては、大量のアクセス数を集めるブログのこと。

初心者でもキーワード選定をしっかりと定めて書いていけば、それなりにアクセスもアドセンス収益も稼げるのがメリットです。

しかし、やりすぎると「ペナルティ」を受けてしまうデメリットがあるのも事実。

そんなトレンドブログでペナルティを気にしない方法は、とにかく好きなことを書いて、画像なしで書くこと。

もっと具体的には以下の通りになります。

スポンサーリンク

トレンドブログでのペナルティとは?

ペナルティといっても色々とありますが、グーグルアドセンスなら広告停止やグーグル検索などで検索結果に表示されないということ。

主にトレンドブログでペナルティを受けてしまう原因は、記事内容の薄さです。

もちろん、著作権画像の使用や誹謗中傷記事によるペナルティもありますが、それは目視での手動によるもの。

全世界のブログサイトを目視でチェックできることは不可能なので、優秀なロボットでペナルティの対象となるサイトをまず見つけています。

ペナルティブログ記事の薄さの判断材料

グーグル社員ではないので憶測にすぎますが、おそらくペナルティになる記事の薄さの判断材料は「滞在時間」「離脱率」「直帰率」などでしょう。

記事の内容が薄いか濃いかなんて、グーグルロボットにはわかりません。そもそも、人によっても感じ方は全然違いますからね。

明らかにわかることは、やはりこの3つの基準です。

滞在時間は長ければ長い方がいいですし、離脱率、直帰率も低いのがいいという感じで決めているのではないでしょうか。

ペナルティの対象にならないためには?

こう考えると、必然的にペナルティの対象にならない方法は、「長文ブログ」「読みやすい記事」を心掛けることになりますよね。

確かに長文ブログになれば、滞在時間も増えますし、読みやすい記事になれば直帰率、離脱率も低くなるかもしれません。

けれども、滞在時間を増やしたいからといって、長文にすればいいというほど簡単ではないのがブログ運営。

どれだけ長文で書いても、読まれなければ意味がありませんからね。

トレンドブログでも好きなジャンルを書けばいい

トレンドブログは初心者ブロガーに持ってこいのジャンルですが、別にトレンドだからといって芸能人のことばかりを書くわけではありません。

今現在にテレビで放送されているドラマやアニメ、公開される映画や新作ゲームアプリなどでもトレンドブログになります。

その中で、自分自身が興味のあることだけを書けばいいのです。とにかく何が何でもアクセス数と収益が欲しいと思う人は、なりふり構わずあらゆるトレンドネタを書きましょう。

それ以外の人達は、ブログを継続する上でも好きなトレンドネタだけを書いていくべきです。

【トレンドブログ】ペナルティを気にしない方法は好きな内容を画像なしで書くことのまとめ

トレンドブログや特化ブログでも、とにかくドンドンと書いていかなければわかるものもわかりません。

知識も大切ですが、実践が何よりも勉強になります。失敗しても失うものは時間くらいですし、その時間も貴重な経験となるので無駄にはなりません。

むしろ、何もしなくてただ何となく生きている方が無駄ですし、ある意味では失敗しています。

とりあえず、ブログでお金を稼いでみたくて、トレンドブログに挑戦したい人は、「滞在時間」が長くなる記事と「離脱率、直帰率」が低くなる記事を心掛けましょう。

コツとしては、まずは自分自身でその記事を読んで面白いとか「なるほど!」と少しでも感じるかどうか。

書いている本人がつまらないのに、赤の他人がその記事を読んで楽しい訳がありません。

まずは自分自身が自分のブログのファンのつもりで書いていくことが大切。それがトレンドブログに限らず、ブログ全般での長期的にアクセス数や収益を上げ続けていく方法です。

トレンドブログは突き詰めると奥が深い!

あわせて読みたい!

👉トレンドブログでアクセス数が集まるネタ選定と圏外にならない書き方3選

トレンドブログでアクセス数が集まるネタ選定と圏外にならない書き方3選
トレンドブログでアクセス数が集まらない人は、ネタ選定と圏外になる書き方をしています。 しっかりと今現在旬なネタとオリジナ...

👉トレンドブログでモチベーションを毎日継続するためのテクニックとは?

トレンドブログでモチベーションを毎日継続するためのテクニックとは?
モチベーションが上がらない! トレンドブログを正しいやり方で毎日継続していけば必ず稼げます。 わかってはいるけど、...

【トレンドブログ】ペナルティを気にしない方法は好きな内容を画像なしで書くことを最後まで読んで頂きありがとうございます。