文章を書くアルバイトよりも自分を表現できる個人ブログが最終的には稼ぎやすい

正直にいいますと、文章を書くアルバイトよりも、自分を表現できる個人ブログが最終的には稼ぎやすいです。

もちろん、文章を書く仕事といっても色々あるので一概には言えません。

例えば、ベストセラー小説家や有名エッセイストなどなら、個人ブログを書くよりも稼げるかもしれません。

むしろ、そこまで有名な人が個人ブログを書けば、アクセスも簡単に集まるのでブログでも稼ぐことができます。

文章を書くアルバイトとは具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

文章を書くアルバイトの代表的なもの

文章を書くアルバイトで代表的なものは、クラウドワークスサービス。

盗作問題で話題になったWELQ(ウェルク)もその1つです。このクラウドワークスに登録し、文章を書けば、1記事数百円程度のお金を稼ぐことができます。

初心者ライターや無知な人にとっては、この「文章を書くだけでお金を貰える」という仕組みは嬉しいものでしょう。

けれども、実際には個人ブログで文章を書く方が遥かに稼げます。

個人ブログに広告を貼り付ける

個人ブログで稼ぐ方法で有名なものは、グーグルアドセンス広告を貼り付けて稼ぐ方法。

もちろん、審査等の難しさもありますし、誰でもすぐに稼げるわけではありません。しかし、最終的には文章を書くアルバイトよりも確実に稼げます。

その理由は以下の通り。

1つの記事が読まれる限り収益が発生する

個人ブログが稼げる理由は、1つの記事が読まれる限り永遠に収益が発生するということ。

クラウドワークスの文章を書くアルバイトの収益は1回限りです。2回目以降はそのクラウドサービスに登録した会社の収益になります。

こう考えると何とも歯がゆい気持ちになりますが、要は従業員と経営者の関係ということです。

会社員で働くだけでは、お金持ちや時間持ちにもなれないと一緒ですね。この考え方が理解できれば、文章を書くアルバイトがいかに非効率なのかがわかります。

個人ブログは自分の意見や感想が書ける

アルバイトの内容にもよりますが、基本的にクラウドワークスで書く記事は個人の意見などはどうでもいいです。

読みたいのはその記事の内容だけ。だから、誰が書いてもあまり変わらないのです。そういうことをしっかりと認識している人はいいのですが、承認要求が強い人は個人ブログで書く方がいいです。

その上でお金を稼ぐことができれば、本当にいうことなし。

それに個人の意見や感想を書く方が読まれやすいことは確かです。似たような内容の記事はYahoo!ニュースで充分ですからね。

アクセスが集まると個人ブログは継続しやすい

ほとんどのブログ記事に書いていることですが、文章を書いて稼ぎ続けるためには「継続」しなければなりません。

精神的なこともありますし、技術面でもやはり継続は力なり。

クラウドワークスで文章を書くアルバイトは、どうしてもサボりがちになりますし、モチベーションも上がりにくい。

個人ブログも最初こそは、モチベーション維持も難しいですし、思った以上に稼ぐことができません。

それでも継続していくと、徐々にアクセスが集まる個人ブログが出来上がっていきます。個人ブログはとくにアクセスが集まると継続しやすくなるもの。

もちろん、次は読まれているというプレッシャーに押しつぶされる人も出てきますが、それで辞めてしまうのは所詮それまでの人。

とにかく文章を書いて稼ぎ続けるためには、継続しなければならないということですね。これは何も個人ブログだけではありません。

文章を書くアルバイトよりも自分を表現できる個人ブログが最終的には稼ぎやすいのまとめ

こんな感じで、個人ブログは好きなことをドンドンと書いていくべき。

これこそが個人ブログの特権でもあり、何よりの差別化できる媒体です。文章を書く練習のために、文章を書くアルバイトをするのもいいですが、それと並行して個人ブログも書きたいところ。

これからの時代は、個人でクラウドワークスで文章を書くのが難しくなるかもしれません。

そうなる前に個人ブログで稼ぐ感覚を身につけていきしょう。

文章を書くアルバイトよりも個人ブログの方が考える力も稼ぐ能力もつきます!

あわせて読みたい!

👉在宅ライター募集詐欺に気をつけて!初心者が知ってほしい特徴とは?

在宅ライター募集詐欺に気をつけて!初心者が知ってほしい特徴とは?
「在宅ライター募集中!」と促しては、簡単に誰でもWebライターで5万円稼ぐことができるという詐欺が横行しています。 そんな...

文章を書くアルバイトよりも自分を表現できる個人ブログが最終的には稼ぎやすいを最後まで読んで頂きありがとうございます。