他人が羨ましいと常に感じる人は劣等感を逆手に取ればいいだけの話

何をするにしても他人が羨ましいと常に感じる人はいるもの。

そのような人は「羨ましい!」という気持ちが妬みになる前に、劣等感を逆手に取ればいいのです。

ミスチルのシーソーゲームという曲の歌詞にもありますが、劣等感を逆手に取って人生を楽しむ方法は以下の通り。

スポンサーリンク

他人が羨ましいと常に感じる人へ

別に他人が羨ましいと感じることは悪いことではありません。

むしろ健全な心ならば当然のことですが、大切なことは羨ましいと感じてからの行動。

ただ羨ましいと思うだけで何も行動しないのと、羨ましいと感じた瞬間に行動する人では人生においてかなりの差が開きますからね。

他人が羨ましいと常に感じる人は、とにかく猿真似でもいいのでまずは実行することです。

もちろん全てを真似るだけで終わるのはもったいないので、ある程度の模範ができればオリジナルの要素も付け足していきましょう。

そうすることによって人生はドンドンと楽しくなっていきますし、劣等感も消えていきます。

劣等感を逆手に取るとは?

劣等感の意味を簡単に説明しますと、「他人よりも劣っている」と感じているということ。

劣等感を強く感じることにより、行動が制限されたり自信を持てなくなる人が後を絶ちません。

この劣等感を逆手に取ることができれば、また人生もよくなっていきますが、なかなか難しいもの。

自分自身が周りの人達よりも劣っていると感じているなら、それなりの努力と行動をすればいいのです。

確かに最初こそは勇気が必要です。けれども、最初の一歩さえ踏み込むことができれば劣等感などは消えていきます。

他人から羨ましいと思われる人間になろう

同じように羨ましいと思うのなら、逆に他人から羨ましいと思われる人間になりたいもの。

そのためにもそれなりの努力や工夫は必要ですし、何よりも他人を羨ましいと思う時間が無駄と本気で感じなければなりません。

他人をどれだけ羨ましいと思っても人生は好転しませんし、気分がドンドンと落ち込むだけですからね。

不必要に自分自身を追い込むことはありませんが、追い込まれないと行動できない人は劣等感を逆手に取っては限界まで追い込みましょう。

正しい方向で努力をし、それに向けてひたすら進んでいくといつの間にか他人から羨ましいと思われる人間になっています。

気づいた頃には劣等感も消えていますし、何よりも人生が楽しくなっていますからね。

他人が羨ましいと常に感じる人は劣等感を逆手に取ればいいだけの話のまとめ

とにかく他人が羨ましいと感じる人は劣等感を逆手に取ればいいのです。

何も難しく考える必要はありません。ありのままの自分自身で人生をもっと自由に楽しめばいいのです。

誰も他人のために人生を生きているわけではありませんし、自分の人生は自分自身で築き上げていくしかありませんからね。

他人が羨ましいと常に感じていても嫉妬心が増幅するだけですし、健全な精神が蝕まれていきます。

劣等感を持つことで何もする気が起きないのなら、まずは環境を変えることから始めましょう。

大きな変化を起こす必要はありません。

まずは小さな変化から始めること。髪型を少し変えることでもいいですし、普段あまり食べない健康食を口にするのもオススメ。

散歩するならいつもと違うルートにするのでもいいですし、ブログを書いている人なら今までと少し違ったジャンルに挑戦するのでも構いません。

とにかく少しずつ変化や刺激を求める気持ちが大切。

いつまでも同じことの繰り返しでは悲観的になるばかりですからね。

あわせて読みたい!

本気で自分を変える方法はバカみたいに追い込むことでしか変わらないのか?

本気で自分を変える方法はバカみたいに追い込むことでしか変わらないのか?
「今の人生がとにかく楽しくない」 「もっと違う人生があったはず」 「1日が何となく過ぎていくのが虚しい」 そん...

他人が羨ましいと常に感じる人は劣等感を逆手に取ればいいだけの話を最後まで読んで頂きありがとうございます。