罪悪感に苛まれる人はあまり意味を考えずに楽しい消し方を覚えればいい

つい出来心で他人に迷惑を掛けては、何となく罪悪感に苛まれる(さいなまれる)人はいるもの。

罪悪感に苛まれることは別に悪いことではありませんが、あまり意味を考えずに楽しい消し方を覚えればいいだけのこと。

罪悪感に苛まれたままでは人生がドンドンと下降気味になっていきますし、全然楽しい気分になりませんからね。

生きていれば多少の罪は犯してしまいますし、悪いこともしてしまいます。

犯罪レベルでない限りそれは仕方のないことですが、罪悪感に苛まれる人はぜひ楽しい消し方を覚えて頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

罪悪感に苛まれる人はあまり意味を考えないこと

とにかく罪悪感に苛まれた人はあまり意味を考えずに、過去は過去と割り切ることが大切。

ちなみに「苛まれる」という意味は「意識する」「持つ」ということ。

罪は罪としてしっかりと受け入れて反省&罪滅ぼしすればいいだけです。大切なことは同じ過ちを繰り返さないことですからね。

人間は完全ではありませんし、嫉妬や憎悪などに精神を侵されては善悪の区別がつかなくなる時もあります。

ふと我に気がついた時には、その罪の重さに圧倒されては罪悪感に苛まれます。意味を考えれば考えるほど心は苦しくなっていきますが、そういう時こそ冷静になって対処したいものです。

なぜ人は罪悪感に苛まれるのか?

人はなぜ罪悪感に苛まれるのでしょうか。

考え方は色々とありますが、私の自論としてはやはり人間は心優しい生き物だということ。

感情が豊富にある人間にとって、罪の意識は他の生き物よりも当然ながらたくさん持っています。

人間が罪悪感を持たないようになると、この世はやりたい放題の地獄絵図となります。ある程度の罪悪感で全世界の秩序は保たれていますが、それでもまだまだ完全な平和は訪れません。

話が少し変な方向に飛びましたが、とにかく罪悪感に苛まれることは人間らしく生きるためには必要不可欠ということです。

罪悪感に苛まれた時の消し方

罪悪感に苛まれた時の消し方は、ここまで記事を読んで頂いた人には何となく伝わっているはず。

しっかりと罪の反省をし、できる限りそのことばかりを考えないようにすること。

罪悪感を消したいからといって、無理に消そうとしても消えるものではありません。時間が解決してくれることを信じては、こういう時こそ人間特有の「忘れる能力」を使っていきましょう。

罪悪感が消えてもまた新たな罪悪感は必ずやってきます。

その都度、罪の意識を感じてはあまり意味を考えずに過ごしたいものです。

罪悪感に苛まれる人はあまり意味を考えずに楽しい消し方を覚えればいいのまとめ

罪悪感に苛まれる人は心が落ち着くような行動を心掛けましょう。

半身浴をしたり、天気の良い日は散歩に出かけるのもオススメ。気分が乗らなくても行動することによって罪悪感は少しずつ消えていきますからね。

罪悪感を持つことによって新たな自分を発見することもありますし、今までの人生観が変化することもあります。

この世に起こること全てに意味があるように、全ての変化にも意味はあります。

罪悪感に苛まることによって、また素晴らしい人生が始まると思えば多少の辛さは軽減できるのではないでしょうか。

罪悪感に苛まれたままでは心が苦しくなるだけですよ!

あわせて読みたい!

楽をすることに慣れた人は罪悪感を持ちすぎて1年以内に不幸になるのか?

楽をすることに慣れた人は罪悪感を持ちすぎて1年以内に不幸になるのか?
あらゆることに挑戦はするけれど、行動や習慣に慣れた人は罪悪感を持ちすぎて1年以内に不幸になるのでしょうか。 「楽をして稼ぎ...

罪悪感に苛まれる人はあまり意味を考えずに楽しい消し方を覚えればいいを最後まで読んで頂きありがとうございます。