ブログのタイトルの付け方でライバルサイトよりも5倍の差が開く考え方

ブログのタイトルの付け方

ブログのタイトルの付け方で、ライバルサイトよりも5倍の差が開きます。

初心者ブロガーほど、このブログのタイトルの付け方で損をしています。

どれだけ内容が素晴らしくても、ブログのタイトルの付け方がクソつまらないなら一生ライバルサイトには勝てません。

このブログのタイトルの付け方で大丈夫と思い込んでいる人も要注意。

アクセスされやすいブログのタイトルの付け方を習得すれば、確実にアクセスアップは見込めますので、面倒くさくても勉強していきましょう。

スポンサーリンク

ライバルサイトよりも読まれるブログのタイトルの付け方

ブログにアクセスを集めるためには、ただひたすらブログを毎日更新するだけでは無理です。

しかも、今の時代(2016年以降)は、ブログで稼ぐことを体感的に知る人が増えてきているので、ライバルサイトも急増しています。

あなたのつまらないブログ内容や、興味をそそらない独りよがりのブログのタイトルの付け方ではまず稼げません。

文章を書くことが好きな人にはどうでもいい話ですが、ブログを書いてお金を稼ぎたい人にとっては重要な問題でしょう。

読まれるタイトルは28~32文字以内

読めれるタイトル=アクセスがされる記事は、28~32文字以内のタイトルが多いです。

これは、グーグル検索では28文字、ヤフー検索では32文字以内のタイトル名が表示されるからです。

それ以降は「……」と表示されるので、冒頭で意味がわからないタイトルはアクセスされません。

せっかくあるキーワードで検索上位に表示されても、タイトルが興味をそそらなければアクセスはこないということ。

これほど、もったいないことはありませんよね。

初心者ブロガーはとくにこういう傾向があるので、読まれるブログのタイトルの付け方を習得するだけで今現在のアクセスよりも5倍以上は読まれますよ。

少し大袈裟(おおげさ)にするのがポイント

ブログのタイトルの付け方で読まれやすくするためには、少し大袈裟なタイトルにするのがポイントです。

タイトルと内容が一致していないのはもちろんダメですが、やはり興味を持ってもらうためには欠かせないテクニック。

しかし、この大袈裟なブログのタイトルの付け方こそ、なかなか一長一短には考えられないのが現状なんです。

どのくらいのサジ加減が必要なのかは、やはり経験値がものをいいます。

とにかく記事を書きまくって、アクセキ解析等で調べつくしかありませんね。

ライバルサイトと似たようなタイトルはいずれ評価が下がる

今のSEO(検索上位にする対策)は、オリジナルのコンテンツが評価の対象になります。

だからこそ、ライバルサイトと同じようなタイトル、内容や見出し部分があるブログサイトはいずれ評価がさがり、圏外になります。

ネット上で拾った画像を使っているブログサイトも今後はペナルティをくらうことでしょう。

ペイント等で編集しても、グーグルは賢いので見破ります。

これからは文章力でライバルと差を開ける時代がくるのは間違いありません。

ブログのタイトルの付け方でライバルサイトよりも5倍の差が開く考え方のまとめ

アドセンス

アクセスがあるライバルサイトのブログのタイトルの付け方を、真似ることは勉強になりますが、真似だけではそのライバルサイトとの差は開きません。

例えば、私の見出しの最後には「ブログのタイトルの付け方でライバルサイトよりも5倍の差が開く考え方のまとめ」という感じで締めていますが、これを真似るのもオリジナルの要素がなくなります。

もっと違う形や方法などを用いて、自分の頭で考えた方がこれからのブログや自分のためにもいいですね。

どちらにしても、ブログの締めの文章や冒頭の言葉は似たり寄ったりのブログサイトが多いので、これらを変えるだけでもオリジナルのブログサイトができることでしょう。

ブログのタイトルの付け方でブログ人生が変わるといっても過言ではありません。

あなたのブログのタイトルの付け方はオリジナルですか?

👉オシャレなブログタイトルの作り方とは?キーワードを意識しすぎると逆効果な理由

オシャレなブログタイトルオシャレなブログタイトルの作り方とは?キーワードを意識しすぎると逆効果な理由
オシャレなブログタイトルの作り方を意識したり、タイトル名にキーワードを意識しすぎると逆効果になります。 逆効果というのは...

👉ブログタイトルの作り方で芸能人一覧を参考にするのがおすすめできない理由

ブログタイトル 作り方ブログタイトルの作り方で芸能人一覧を参考にするのがおすすめできない理由
ブログタイトルの作り方で、芸能人ブログ一覧を参考にしてもアクセスは増えませんし、おすすめできません。 芸能人は芸能人だか...

ブログのタイトルの付け方でライバルサイトよりも5倍の差が開く考え方を最後まで読んで頂きありがとうございます。