ブログを始める前に考えてほしい少しヘンテコな3つのやり方とは?

ヘンテコ

ブログを始めたい!と思う人にこれだけは気をつけてほしいことを私が感じる率直なアドバイスをしたいと思います。

ちなみにちまたで言われている基本的なブログ運営方法とかではなくて、私が勝手に感じた独断と偏見によるものなので気軽にいつも通り流し読み感覚で読んでいって下さいね。

スポンサーリンク

①人の意見や批判は基本的に無視かネタにする

ブログを書いていくとどうしても書くネタに困ることもあります。

それは仕方のないことですが、そこで諦めるのは非常にもったいないですよ。ネタがなければ仕込めばいいんです。寿司ネタ感覚でいいんです。

とりあえず酢飯の上に最低限食べられるものを乗せれば一応寿司にはなりますからね。

それが美味しいか不味いかは食べてみなければわかりません。

ブログをある程度続けていけば知らない人からのコメントや意見を貰えることもあります。それこそブログの魅力の一つですが、中には心無い悪意の塊のコメントを下さる方もおられます。

基本的にはそんなくだらないゴミコメントは無視すればいいのですが、それも縁なのでそのコメントをネタにブログを書くのもアリですね。

直接の批判とかではなくても、とあるブログを読んで自分自身が批判されているような内容ならばそれも感じたことをネタにブログを書きましょう。

案外すんなり書けますし、意外と面白いものですよ。

②ブログ毎日更新を宣言して下書きをストックする

ブログを毎日更新することは初心者ではかなりの苦行です。

私はもう毎日更新することは苦行でも何でもありませんが、私もブログを始めた頃は正直毎日書くのは辛かったですね。

何が一番辛かったといいますとパソコンを立ち上げるまでのアクションが一番辛かったです。

パソコンを立ち上げていざブログを書くぞ!という体制になればすんなりと書けてしまう自分がいたので書くまでが勝負でしたね。

ブログを毎日更新することに否定的なブロガーもいますがそんなことは人それぞれですので、自分が思ったことをやっていくべきです。

誰かがこういってたからとか本当にこういう世界ではキリがありませんからね。

自分がビビッと感じたことにひたすら突き進むのみです。

別に毎日書く必要はありませんが、毎日ブログは投稿しましょう。予約投稿などを活用したりして更新して下さいね。

書けるときに書いておいて記事をストックし、その日一日ブログを書かなくても旗から見れば毎日更新している風に見せればいいのです。

理想は毎日ブログを書いて、毎日リアルに更新することですが人生は何が起こるかわからないので何事も保険は必要ですね。

ただやはり毎日書けばそれだけ書くスピードやブログを書くレベルは上がるのは間違いありません。

③1記事書いたら悦にひたる

ブログ記事をたくさん書けば書くほどいいことはたくさんありますが何事も無理は禁物です。

無理をしすぎて体調を壊せばそれこそ毎日更新はおろか、ブログを書く行為が難しくなりますからね。せっかく続けてこれた習慣も病気のせいで中断してしまうと復活した時のモチベーションも維持しにくくなります。

だから初心者の方はとくに最初から飛ばしすぎずに1日1記事を目安にブログを書いていきましょう。それ以上書きたいのなら1記事書いたら最低15分くらいは休憩して、ストレッチや腕立て伏せをするのがお勧めです。

腕立て伏せは肩こりの予防にもなりますし、毎回ではありませんが私はブログを書く前に軽く腕立て伏せをして書きます。そうすることによって私は肩こりがなくなりました。

腕立て伏せはお勧めですよ!10回×2セットくらいで!

とにかく1記事書いたら休憩しましょう。映画を一本見た後にすぐ次の映画にいくと内容がグチャグチャになるみたいなものですから余韻を楽しむのは大切なことです。

まとめ

ブログを始める前にはとにかくこの3つのことを考えて書くようにすれば長続きできますよ。

  1. 人の意見や批判は基本的に無視かネタにする
  2. ブログ毎日更新を宣言して下書きをストックする
  3. 1記事書いたら悦にひたる

何だかんだいってもブログのやり方や書き方は人それぞれです。

何が正解で何が間違いかなんてありません。お金を稼ぎたいのならそのブログを書いてお金を稼げればそのやり方や書き方が正解です。

とにかく一番大切なことはブログを書き続けていくことです。それ以上でもそれ以下でもありません。

書くためにはネタが必要ですし、ネタを仕込むためには探す能力も必要です。あらゆる能力を駆使してブログを運営していくことが人と差を広げることにも繋がりますので諦めずにブログを楽しみながらドンドンと書いていきましょう。

書けば書くほど上手くなる!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
100記事書いたらアクセス増えるか自分で書いて試してみると気づくこと