検索してはいけないワードで記事を書くと「G」に呪われるって知ってた?

検索してはいけない

アクセス数が集まる記事を書くためには需要のあるワードで書いていくのは基本中の基本ですよね。

とくに記事タイトルのワードはかなり重要になっていきます。別にアクセス数なんかどうでもええわ!と思う人は好きに書いて下さいね!

ブログ記事やサイトを書いていって少しでもお金を稼ぎたいのであれば必ずワードを意識して書いていって下さい。

スポンサーリンク

検索してはいけないワードとは?

「検索してはいけないワード」というキーワードを打ち込んで検索し、画像欄を見るとそれはもう気持ちが悪い画像がずっしりと並んでいます。

そういう系が嫌いな人は絶対に検索して見ないで下さいね。一気に記事を書くテンションが下がりますから……。

私はどちらかというとそういう系は怖いもの見たさもあり見てしまうタイプです。この記事を書く前に検索してちょっと見ましたがやっぱり気持ち悪い画像がたくさんありました。あいにくテンションは下がっていませんのでこうして今記事を書けているのが幸いです。

検索してはいけないと言われるほど検索したくなるのは人間の心理をうまくついた上手なキーワードの一つですね。

「G」とは?

Gとはゴキブリという意味ではなく、ゴーストでもなく、グーグルのことです。

Google_Chrome_icon-300x300

数ある検索エンジンの中でもやっぱり一番使われているのはグーグル先生なのでこの先生に呪われたらインターネットの世界では生きてはいけませんよ!

だから絶対に呪われないように気を付けて下さいね。万が一呪われてもその呪縛を解く方法はいくつかありますが100%ではないので呪われないことに越したことはないです。

それはそうと、なぜ検索してはいけないワードで記事を書くとグーグルに呪われるのでしょうか?

存在していないキーワード

正しくは検索されていないキーワードというのが正解です。

これは読んで字のごとく、検索されていないので読む人がいないということになり、読む人がいないということはアクセスが全く集まらないということなので記事に人がこないイコールお金が発生しないということになります。

簡単にいえば需要のないものを売っても誰も買わないということですね。

人が集まる所にお金は集まります。これはビジネスの世界では当たり前です。そして、お金の集まる所にお金がもっと集まってきます。これは絶対法則です。

やはり何をするにしてもお金は必要ですし、お金は成功するためには必要不可欠な道具の一つですからね。

「お金」、「お金」といって何か嫌らしい感じがしますが「お金」という存在を否定するとお金は逃げていきますので、口には出さずとも心の中では常にお金大好き!と叫ぶのと叫ばないとではお金持ちになれる確率が全然違うことは知っていて損ではないですよ!

嘘だと思ったら試して見て下さい。もちろん叫ぶだけではなくて、しっかり検索されているワードで記事を書かなければお金は1円も発生しないし、お金持ちにもなれませんのでアシカラズ。

まとめ

ブログでもサイトでも戦略的に記事を書いていかなければ絶対にお金を稼ぐことはできません。

今の時代は昔と違ってブログやサイトを作成している人はめちゃくちゃいますし、ライバルもドンドンと増えていっています。

減っては増え、減っては増えの波が激しい世界ですが確実に参入者は増えてきています。昔からこの世界にいた人も今までと同じような戦略でずっと稼げるほど甘い世界ではないと気づいている人は気づいているでしょう。

普通に記事を書いて、普通に広告を貼ってお金を稼ぐ時代はとっくに終わりました。

根本的な稼ぎ方は変わっていませんが、グーグル先生のレベルも新たな参入者のレベルも上がっているのが現状です。これからもこの世界で生き残っていきたいのであれば多少呪われてもへこたれない精神力と検索力は身につけていきたいものですね。

検索されていないキーワードで記事を書いても無駄ですよ!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
GoogleAdSenseで稼ぐためにはカテゴリーとタグが検索上位の決め手になる?