貴重な時間を割くことで得られる毎日ブログ更新する3つの意味

貴重な時間

貴重な時間を割くことで、毎日ブログ更新すると得られる大切なことがあります。

これから書く3つの意味を理解すればブログを毎日更新する真の意味がわかります。

貴重な時間を割く意味も、これからのブログ更新に役立てて頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

貴重な時間を割くことで得られるブログスキル

人生の貴重な時間を割くことで、何を継続するかで人生そのものが変わります。

例えば、わたしのようにブログを毎日更新して書き続けていくと、働かなくても生活できるくらいのお金を稼ぐこともできます。

もちろん、それを維持するためにも毎日試行錯誤の連続ですし、日々勉強です。

わたしはそういう人生の過ごし方が、今のところ快適で楽しいので継続していますが、飽きたらまた別の方法で生きていくかもしれません。

しかし、時間というのは有限で貴重なもの。

何に貴重な時間を割くかは自分しだいです。

①文章を書くスピードとまとめる力がつく

毎日ブログを更新すると文章力もブログスキルも上がります。

ブログスキルが上がると、文章を書くスピードやまとめる力がイヤでも身につきます。

1年間もブログを毎日更新して書き続ければ、ブログスキルはかなり上がりますが、それでも上がらないという人はもうブログを辞めた方が身のためです。

貴重な時間を割くことで、人生が豊かになればいいのですが、1年間もブログを毎日書いて苦痛ならば辞めましょう。

文章力はある程度のところまでなら、誰でも上達します。

作家レベルや文章だけで人を惹きつける能力は、また別の次元になりますが、ブログに関してはそこまでのレベルは要りません。

そこそこ読めればOKです。

②継続力と忍耐力がつく

貴重な時間を割くことで、継続力と忍耐力が身につきます。

ブログを1年間毎日更新して書き続けた人は、その他大勢から抜けだせることができます。

途中でイヤになることもあるでしょう。

それでも、ブログで人生を変えたい人は、貴重な時間を割くことで貴重な人生を得られます。

毎日、スマホアプリゲームで貴重な時間を割くよりも、ブログを毎日書けば人生が良い方向になるのは誰の目から見ても明らかですよね。

継続力と忍耐力が身につけば、ブログに限らず他の分野でも成功しやすいです。

とにかく継続力と忍耐力を身につけるためには、ブログを書き続けるしかないということです。

③勉強する楽しさが本気でわかる

義務教育での学校の勉強って本当にクソつまらないです。

中には好きな人もいるかもしれませんが、わたしは嫌いでした。しかし、ブログでお金を稼ぐにはやはり勉強しなくてはいけません。

ブログの勉強は学校の勉強と違って、完全な答えがないし、正しい教科書もありません。

ネットや本などで基本を身につけて、あとは自分の経験と頭で考えていくしかないんです。

こういう習慣を継続していくと、本気で勉強するという楽しさがわかっていきます。

勉強するというのは、生きるためなんですよね。

生活のためだけに働くのとは訳が違います。

貴重な時間を割くことで得られる楽しい人生は、勉強するしかないということを理解して頂きたいです。

貴重な時間を割くことで得られる毎日ブログ更新する3つの意味のまとめ

貴重な時間2

  • 文章を書くスピードとまとめる力がつく
  • 継続力と忍耐力をつく
  • 勉強する楽しさが本気でわかる

貴重な時間を割くことで得られるスキルは、何をするかで決まります。

普段の生活をしている中で、「この時間は無駄かな?」とか、「今月はブログ3記事以上を書くのに貴重な時間を割く!」という目標を立てるのもいいですね。

時間も人生も有限です。

何もかもをするには、時間がいくらあっても足りません。

自分の人生の貴重な時間を何に割くかで人生は変わるので、ブログで成功したい人は多少きつくてもやり遂げましょう。

睡眠時間を削るのも成功する人生の途中では必要なことの1つです!

👉時間がないときの勉強とブログのやり方とは?考え方しだいで意外と簡単な話

時間がないときの勉強時間がないときの勉強とブログのやり方とは?考え方しだいで意外と簡単な話
時間がないときの勉強やブログ更新は、考え方しだいで意外と簡単にできるんです。 とにかく時間がないからできない!というのは...

👉ブログを短時間で書く方法のやり方で検索上位に入るか試してみた結果

ブログを短時間で書く方法ブログを短時間で書く方法のやり方で検索上位に入るか試してみた結果
ブログを短時間で書く方法のやり方を身につけることができれば、これほど心強いものはありません。 今回は私がよく拝見するブロ...

貴重な時間を割くことで得られる毎日ブログ更新する3つの意味を最後まで読んで頂きありがとうございます。