運がある人とない人の決定的な差は何気ない口癖にあるということ

運がある人とない人の決定的な差は何気ない口癖にあるということ。

タイトルにもある通り、運がある人は運がよくなる言葉を発していますし、運がない人は常にマイナス思考の塊の口癖を吐いています。

だからといっ急に習慣は変えられませんし、長年に染み付いた口癖をそうそう簡単には治せません。

本気で運がないと思っている人はこの記事をきっかけに、運がある人として変化していきましょう。そのためにもまずは口癖を治すことです。

スポンサーリンク

運がある人と運がない人の口癖とは?

とにかく運がある人の口癖は周りの人間を不快な気持ちにさせません。

運がよくなる言葉はたくさんありますが、私自身が気に入っている運がある言葉は以下の通り。

  • ありがとう
  • 許します
  • 嬉しい
  • 楽しい
  • 絶好調

基本的なことですが、このような言葉を口癖にしている人は本当に運がある人です。

逆に運がない人の言葉は以下の通り。

  • 疲れた
  • 気持ち悪い
  • 辛い
  • 泣きたい
  • 腹立つ

これらの言葉を決して吐いてはいけないということではありませんが、常にこのような言葉を発していると運がない人になってしまいますし、何よりも人生が楽しくなりません。

心の中で思うのは仕方のないことですが、わざわざそれらの言葉を口にするのは避けたいですね。

運がない人はポジティブ言葉を吐けばいい

だからこそ、最近運がない人はポジティブ言葉を無理にでも吐けばいいのです。

小さなことでも感謝しつつ、「ありがとう」という言葉を吐いてみる。嬉しいことがあれば、とりあえず「嬉しい」と言ってみる。

このような言葉を心の中だけで終わらすのではなくて、口癖にすることで運がある人になれます。

信じる者は救われる精神で、これからはドンドンとポジティブ言葉を発していきましょう。

運がある人の周りには自然と運がある人が集まる

これは人生の絶対法則でもありますが、運がある人の周りには自然と運がある人が集まってきます。

逆もまたしかりですが、類は友を呼ぶということ。

だからこそ、運がある人になりたければ、ポジティブ言葉を吐きつつ運がある人の近くにいけばいいのです。反対に運があっても運がない人の近くにはいかないのが賢明。

確かに見た目で運があるかないなどはわかりにくいものですが、そもそも運がある人はそのような運がない人とは出会わないようになっていますね。

運がある人とない人の決定的な差は何気ない口癖にあるということのまとめ

シンプルに考えればわかることですが、本当に運がある人の口癖は明るい言葉が多いもの。

逆に運がない人の口癖は暗くてジメジメしています。暗くてジメジメした場所にお宝は存在しにくいものですし、明るい場所には素晴らしいお宝が眠っているのは想像できます。

口癖だけで人生は好転するとは言えませんが、少なくとも常に明るい言葉を発していると気分は良くなりますし、それに伴って行動力も増えていきます。

行動力が増えれば、人生を好転させるチャンスが舞い込む可能性は劇的に上がります。

楽しい人生を送るためも今の現状をどうにかして変えなければなりません。そのためにも明るいポジティブ言葉を発しては、行動力をつけていきたい今日この頃です。

どうせなら運がよくなる口癖を吐いていきたいですね!

あわせて読みたい!

運がいい人の共通点や特徴とは?たった2つのことを意識すれば運がよくなる!

運がいい人の共通点や特徴とは?たった2つのことを意識すれば運がよくなる!
運がいい人の共通点や特徴とは一体どのようなものでしょうか。 私の自論では運がいい人になるには、たった2つのことを意識すれば...

掃除で開運・運気アップした後にこそ考えてほしい大切な3つのこと

掃除で開運・運気アップした後にこそ考えてほしい大切な3つのこと
掃除で開運して運気アップすることは可能です。 私も掃除で開運し、運気アップした体験をしています。そもそも、掃除をすること...

運がある人とない人の決定的な差は何気ない口癖にあるということを最後まで読んで頂きありがとうございます。