twitterとはただのコミュニケーションツールなのに鬱病になるまでハマる人の特徴とは?

0318_twitter

twitterはとても便利で使い方によっては非常に使えるコミュニケーションツールの一つですが、私の友人がtwitterにのめり込み過ぎてしまい鬱病になってしまいました。

一体なぜtwitterで鬱病になってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

twitterを活用している人

twitterを使っている人は基本的に何となく使っている人が多いと思います。twitterの使い方が分からないという人のほとんどはフェイスブックを活用している人が多いのも特徴です。

これは私の周りの人間に多いことなので全国的には違うかもしれませんが少なからずそういう傾向があるのかもしれません。

全くそういうSNSに興味がないという人の方が圧倒的に多いとは思いますが、とりあえずブログを書いていたり、メディアビジネス関連に興味または携わっている人ならばSNSはなくてはならない存在ですよね。

そういう感じでtwitterを活用している人はそういう人が多いですし、twitterでお金を稼ぎたい人も中にはおられると思います。

しかしあまりにもtwitterにのめり込み過ぎて心の病を侵す人も少なくありません。

現に私の友人はtwitterで心の病の鬱病になってしまいました。

友人がtwitterで鬱病になった経緯

友人は私よりもtwitter活用歴が長かったのですがtwitterでお金を稼げたり、ブログ記事を書いたら収益が出る媒体ができるとは夢にも思っていない人でした。

私も友人と同じように最初は半信半疑でしたがやっていくうちに、「なるほど、ネットビジネスはこういう風にしてお金を発生させるのか!」と感じたときはとてもワクワクしたものでしたね。

そんな無限の可能性があるネットビジネスを私はある程度の収益を出してから、友人にも教えようとまずはtwitterで稼げる方法を教えました。

今はもうそのやり方では稼ぎにくいのですが、当時は一回ツイートするだけで良いときは10000円~30000円の収益を稼げる方法でした。少しだけグレーな手法ではありますが、フォロワーさえたくさんいれば収益は出るので誰でも簡単にできます。

やり方としてはひたすらフォローをして、フォロー返しでフォロワーを集めていくという手法ですが、以前は規制もそんなに厳しくなかったのでアカウント凍結になりにくいのもあり、一日上限の1000人限界までフォローを手動でしていましたね。

フォロワー増やしのツールを使わなかった理由

何もそんな面倒くさい作業を手動でしなくても、お金を払えば自動でフォローを増やせるツールはありました。

使わなかった一番の理由は怪しいと思ったからです。ただそれだけです。

確かにそれらのツールを使えば時間も手間もかけずにフォロワーを増やせていけたかもしれません。しかしそういうツールはいずれ使えなくなりますし、そういうツールで集めたフォロワーは質が悪いと感じたので手動でやっていきました。

手動といっても無差別にフォローをしていった訳ではありません。

アカウントに属したフォロワーをフォローしていき、それでいてRTやお気に入りの中からフォローをしていくというところに目を付けました。

ひたすら無差別にフォローしても業者だったり、中身のないスカスカなBOTをフォローしてしまいますからね。そこはしっかりと見極めてフォローをしていきます。

このやり方は今でも需要のあるBOTを作ってひたすら有益なツイートをしていき、地道にフォローをしていけばフォロワーは増えるかもしれませんね。そこからマネタイズできるかは努力次第です。

友人がtwitterで鬱病になった原因

そんなこんなで友人はこういうやり方でひたすらフォローをしては有益な名言やコピペを見つけてツイートしてはまたフォローしていく繰り返し作業を続けていきました。

友人は会社員なので約12時間労働を終えてからこの作業に取り組みます。

約一ヶ月頑張った甲斐があり、初収益7000円をゲットします。さすがの友人も会社で働く以外にもお金を稼げる方法があったのかと感動を覚えていましたね。

しかし喜びも束の間、無理をしすぎていたのもあり、友人の体や心に少しずつ異常が出てきます。

「めまいがする」とか「寝られない」とか言うようになってきました。そうこうしているうちに連絡がつかなくなり一年が経ちました。

約一年後に連絡があり、鬱病を患っている現状を伝えられてまた連絡が途絶えたまま半年が過ぎようとしています。

まとめ

やり方は人それぞれですがやはり無理は禁物ですね。

ましてや友人のように会社で働きながらアフィリエイト作業を続けるのは至難の業です。同じようにそういう感じで作業をしている方もたくさんいますが本当に凄いことだと思います。

今現在も友人とは連絡が取れませんが、彼ならきっとまた復活して戻ってくることだと思います。

友人はどちらかというと神経質で完璧主義者なのでアフィリエイトで稼ぐためには多少の適当さも必要かもしれませんね。

健康があってこそのアフィリエイト作業継続です!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。