人生の転機でどん底に苦しむ人と楽しむ人のサインの特徴とは?

saikoro

人生に転機というものは誰にも必ず訪れるものですが、そこでどん底に苦しむ人と楽しむ人に必ず別れます。

どん底で苦しむ人にも楽しむ人にもあるサインの特徴があるんですが、その特徴とやらを分かりやすく簡単に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

人生の転機でどん底に苦しむ人のサイン

人生の転機とはいわゆるチャンスということ。

例えば今の年齢が30歳だとして今現時点で可もなく不可もないような人生ならばこれから先の人生はほぼどん底まで落ちて終わります。

これは脅しでもなくて本当に人生がどん底まで落ちていくんです。

今の時代は本当に変化の激しい時代なので、今までと同じようなことをしていたらあっと言う間に人生は置いてけぼりを食らうということですね。

人には誰しも人生に何回かは転機(チャンス)がきます。その転機をものにするかしないかはあなたの運と行動力で決まりますが、やはり日頃の積み重ねがものをいうんです。

今までノウノウと生きてきた人には絶対に気がつけないのがこの転機(チャンス)というものです。

どん底に苦しむ人はとにかく楽をしたいサインが強い

どん底

この人生の転機に何とか乗れてもどん底で苦しむ人は必ずこういう傾向があります。それはいかに楽をして過ごそうという浅はかな考えです。

人間は誰しも楽をしたいものですし、できることなら辛いことは避けたいものですよね。

しかし、人生は楽をするだけでは好転しないんです。楽をするために努力をするのは大事ですが、最初から楽をするのはお門違いなんです。

人生の転機のどん底で苦しむ人はとにかく考え自体が甘すぎなんです。それゆえ同じことを継続すればいつかは成功すると思っています。

そのような考えではいつまで経っても人生の転機のどん底から這い上がれませんよ。

人生の転機のどん底を楽しむ人のサイン

tanosimu

逆に人生の転機のどん底を楽しむ人はとにかく明るいです。

ある芸人の名前を書きそうになりましたが、人生のどん底でも楽しめる人は笑顔が豊富で常に「ありがとう」という感謝の言葉を大切に使っています。

苦しいときほどその人の本性が分かりますのでそういうときほど笑顔で感謝の言葉が絶えない人は必ず人生の転機のどん底から這い上がれるんですよね。

言葉の影響力は凄まじい

これは冷静に考えれば分かることですが、常に「しんどい!」とか「疲れた!」とかマイナスの言葉を発していたらそりゃ、人生も暗くなりますし、どん底みたいになります。

反対に常に「うれしい!」とか「楽しい!」とかプラスの言葉を発していたらそれだけで人生は明るくなるものです。

言葉の力は本当に強いんですよね。これを知っているか、知らないかだけで人生の半分以上は損をするといっても過言ではないです。

zinnsei

人生の転機でどん底に苦しむ人と楽しむ人のサインの特徴とはとにかく普段の言葉使いです。

口が悪いということではなくて、やはり常に明るい言葉を発しているかどうかで人生は大きく変わっていくんですね。

言葉だけではなく、ブログに書いていることやTwitterなどで発する言葉も同じくですよ。

生きていれば辛いこともありますし、苦しくてイヤになることもありますがそういうときでもできる限りプラスの言葉を発するようにしたいものです。

それが無理ならせめて何も言わないほうが何倍もマシですからマイナスの言葉は心の中だけに留めていきましょうね。

これからの人生にもまた転機が訪れてどん底に落ちたり、成功したりします。

その都度、感謝の気持ちを忘れずに人生を大いに楽しむことを心がければ人生は必ず好転するので決して諦めないで下さいね。

人生は山あり、谷ありです!

👉人生のターニングポイントは眠い?意味から考えるポイント3選

ターニングポイント人生のターニングポイントは眠い?意味から考えるポイント3選
人生のターニングポイント(分岐点)はとにかく眠いんです。 ターニングポイントという意味は、人生における重大な分かれ道という...

👉人生で失敗した人が成功するために必要なたった5つの大切なこと

人生で失敗人生で失敗した人が成功するために必要なたった5つの大切なこと
人生で失敗した人が成功するために必要なことは実はそんなにありません。 そもそも人生で失敗というものはつきものなので、成功...

👉人生に疲れた独身が人生を思いっきり楽しむコツとは?

zinseitukaretadokusin人生に疲れた独身が人生を思いっきり楽しむコツとは?
人生って本当にいろいろとありますよね? 例えば、職場の人間関係のいざこざに巻き込まれて余計なエネルギーを消費したり、上司...

人生の転機でどん底に苦しむ人と楽しむ人のサインの特徴とは?を最後まで読んで頂きありがとうございます。