10年後その仕事を続けたら運勢が上昇し成功者になっていますか?

20150217100630

今の自分自身にこの質問をして見て下さい。

「今やっていることを10年間続けたら成功者になっていますか?」

もし、成功者になっているイメージが1ミリも浮かばないのなら今やっていることは止めといた方がいいでしょう!

人生の無駄使いです。

スポンサーリンク

成功者になることとは?

何を持って成功者かは人それぞれですが、仮にそれが一生働かなくてもいいくらいのお金持ちとしましょう。

死ぬまでお金に困らない人生を送るために今するべきことを冷静に考えていきます。

サラリーマンやアルバイトの複数掛け持ちならば一生お金に困る人生を歩んで終わりますよね。人生の大半を生活のために働き、大したイベントもなく、安定なのか不安定なのか結局分からず死んでいきます。

普通に寿命で死ねればある意味ではそれも幸せな人生かもしれませんが、そういう人生の後半はほとんど生き地獄でしょう。

犯罪者や極悪非道の鏡の人は死後に地獄に落ちても仕方がありませんが、何も悪いことをしていない普通の人が死んでもいないのに地獄を味わうなんておかしな話です。

成功者が死ぬ前にしたがることを想像してみてわかったこと

今の時代は昔と全然違う

何が違うかって見た目とか環境もそうですが、お金を稼ぐという考え方が根本的に変わってきています。

一昔前ならインターネットでお金を稼げると思っていた人なんてごくわずかな人達だけでした。今現在も少ないのは少ないのですが圧倒的に昔と比べて数は多くなっています。

インターネットが急速に普及してきたのもあり、このように一個人が全世界に発信できる媒体が簡単に手に入れられる時代になりました。

これってもの凄く素晴らしいことでもあり、画期的な発明なのにそれを上手に使って自分の人生に有効活用しようとする人があまりにも少なすぎますよね?

そういう知識もノウハウもこのインターネットだけで習得できて実現できるのになぜそれをしようとする人が少ないのでしょうか?

答えは簡単です。

そういう世界があるということを知らない、または信じられないからです。

人間は基本的に多数決に安心する生き物です。とくに日本人はみんながやっていることが大好きです。

例えそれが間違っていることでもみんながやっていればそれをやっていきます。変化が嫌いなので時代が変わってもなかなかその時代に合った行動ができません。

だから今だに良い学校に行って、良い会社に就職して、良い結婚相手を見つけて、良いマイホームを買って、良い老後を過ごすというレールが一番幸せな人生だと思い込んでいます。

10年後には人生を詰む

確かにそういうレールも人によっては幸せなのかもしれませんし、また時代が変わればそういうレールが最高の人生という時代もくるかもしれません。

しかし今の時代は完全に違います。

経済的なことをいうと税金の額の桁が違います。それに合わせて世帯主の収入も増えていればいいのですが残念ながら増えてはいませんし、むしろ減り続けています。

昔のようなサラリーマン思考ではまず10年後には人生が詰む寸前か終わっていることでしょう。そうはいってもどうすればいいのかわからない人が大半だと思います。

危機感が少しでもあれば自分で何とか勉強したり行動したりするのですが、安定と思い込んでいたサラリーマン生活にどっぷりと浸かってしまった人の脳が柔らかくなることは、猿のオナニーを止めさせることと同じくらい難しいですね。

まとめ

書いているうちにどこかのうさん臭い高額詐欺セミナー講師がいいそうな文面になりましたが、書いていることは事実です。

今やっていることが10年後の自分にどう影響しているかは今の自分次第です。

10年って意外と長いようで短いですよ?

今これを読んでいる人が何歳なのかは分かりませんが今から10年前を思い出してみて下さい。もし30歳なら20歳です。成人式に行った人なら成人式を思い出すことでしょう。私は成人式には行っていませんが…。

こう考えると何気に10年ってあっという間に過ぎてしまいます。だからこそ今できることを10年後の自分のためにやり続けてそれをしながら楽しい人生を歩んでいきましょう!

泣いても笑っても時間はコクコクと過ぎていく!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
100年後にはあなたの書いたブログは存在すらしないので今を精一杯書いていこう