楽しくない人生だったと感じるのは自由だけどそれではもったいないだけだという話

楽しくない人生だったと感じるのは自由。

けれども、それではもったいないだけだということ。

何がもったいないかのかというと、本当に生きたくても生きられない人がこの世にはたくさんいるから。

それならと「そのような人達に私の命を差し上げて下さい」などと卑屈になる必要はありません。

今現在が楽しくない人生だったからそう思うだけで、これから楽しい人生が始まれば命を差し上げるという発想は皆無。

そもそも、なぜ楽しくない人生だったと感じるのでしょうか。

スポンサーリンク

楽しくない人生だったと感じる理由

人それぞれには事情があり、生きていれば色々とあります。

楽しくない人生だったと感じる理由には複雑な感情が入り乱れるものですが、極論をいえば楽しくないと思うから楽しくないだけ。

本当に人生を楽しくさせたいのであれば、まずは楽しくなる人生にするにはどうすればいいのかを真剣に考えること。

確かに考えることは疲れますし、思い通りになることも少ないもの。

それでも、楽しい人生の方が良いに決まっていますし、そのための努力は惜しまないように生きていきたい。

今はちょっと疲れているだけ。

少し休んだらまた楽しい人生のために頑張っていきましょう。

生きていればそれなりに何かが起こる

人生が楽しくない人でも生きれいればそれなりに何かが起こるもの。

家の中で引きこもっているだけでも何かは起こります。体調の変化や精神面はもちろんのこと、世の中の仕組みがドンドンと変化していきます。

だからこそ、生きているだけでいいのです。

生きていれば何かは変化していきます。その変化に気づくだけでまた人生は楽しくなっていくもの。

今は楽しくなくても今後は楽しくなるかも。そう思うだけで何となく救われる気持ちになれるということです。

楽しくないと思うと本当に楽しくなくなる

当然といえば当然ですが、人生は楽しくないと思うと楽しくなくなりますし、楽しいと思えば楽しくなります。

ならないと感じても無理矢理に楽しくなると感じればいいのです。

人生とはそういうもの。別に難しく考える必要はありません。難しく考えすぎるから人生は楽しくなくなるのです。

もっと気楽に人生を楽しみましょう。肩に力を入れすぎてもあまり意味がありません。ただ疲れるだけ。

本気で人生を楽しくしたいのであれば、楽しくなくても楽しむ努力は欠かせませんね。

楽しくない人生だったと感じるのは自由だけどそれではもったいないだけだという話のまとめ

楽しくない人生だったと思うことは自由ですが、どうせなら楽しい人生だったと思っては死にたいもの。

死ぬことまでは考えなくてもいいのですが、やはり悔い無き人生で終えるのが理想ですよね。

私自身もこのような記事を書いていますが、楽しくない時もありますし、楽しくない人生だったと感じる時もあります。

けれども、そい感じる度に「このままではダメだ!」と憤慨しては楽しくなるための試行錯誤をして生きています。

人生に完璧はありません。

誰でも失敗しますし、楽しくない人生の時もあります。

だからこそ、日々考えては行動していきたいもの。なんだかんだいっても人生は楽しんだもの勝ちですからね。

楽しい人生は自分自身の力で築き上げていきましょう!

あわせて読みたい!

👉生きてても楽しくない人や人生がつまらないと感じる人達に伝えたいこと

生きてても楽しくない人や人生がつまらないと感じる人達に伝えたいこと
生きてても楽しくない人や、人生がつまらないと感じる人達に伝えたいことは1つだけ。 楽しくないと思っている間は楽しくないです...

👉楽しくない毎日にイライラしても人生は何も変わらないということ

楽しくない毎日にイライラしても人生は何も変わらないということ
楽しくない毎日にイライラしても人生は何も変わりません。 そもそも、なぜイライラするのでしょうか。 原因はいろいろと...

楽しくない人生だったと感じるのは自由だけどそれではもったいないだけだという話を最後まで読んで頂きありがとうございます。