社畜になりたくない人ほど洗脳されやすい理由と3つの特徴

社畜なりたくない

社畜になりたくない人ほど洗脳されやすい理由と3つの特徴があるんです。

社畜=洗脳みたいなものですが、社畜になりたくないと思っていても社畜育成マニュアルがビッシリと詰まったブラック企業からは辞める以外に対策はありません。

そんな脱社畜を目指している人は、洗脳されやすい理由と社畜になりたくないのになってしまう特徴を書いていきますので参考にして下さいね。

スポンサーリンク

社畜になりたくない人ほど洗脳されやすい理由

社畜とは簡単にいいますと家畜ですよ、家畜。

豚小屋で飼われている豚とはいいませんが、それに近いものが社畜です。

そこまでブラックな会社でボロ雑巾のようになるまでこき使われて、一体何が楽しくて生きているのでしょうか。

このまま一生会社のために自分の人生と時間を捧げて、わずかな給料のために心身をすり減らす理由は何なのでしょう?

「会社のため」がちょっとカッコイイと感じていた時代

人間って人の役に立てたり、何かを犠牲にして生きることが素晴らしいとかカッコイイと感じてしまう生き物なんです。

もちろん、私も人間なのでそういう感情は少なからずありますし、気持ちは何となくわかります。

しかしですね、社畜は洗脳です。

洗脳されると自分以外の思考が入ってきてグチャグチャになるので、自分の意志ではないんですよ。

「会社のために尽くす」とか「会社に一生を捧げる!」など、一昔前の企業戦士ならカッコイイと思われていました。

冷静に考えれば別に何もカッコよくないのですが、これが当たり前に時代があったんです。悲しいことに。

今の時代でもそんな社畜脳を継承した人間はたくさんいます。

時代はすでに変化しています。もっと賢くなりましょう。

社畜として洗脳されやすい人の特徴

社畜として洗脳されやすい人の特徴としては、まずマジメとか勤勉があります。

しかし、日本人の特徴として多いのは「マジメ」、「勤勉」

全ての日本人がマジメで勤勉とは限りませんが、社畜として洗脳しやすい人種というのは間違いありません。

その証拠に世界中からみて、日本人の長時間労働や休日出勤のような働き方は、おかしいと思われては不思議がられています。

確かに休日出勤をしてまで仕事をするのは、社畜として完全に洗脳されているか、ただの仕事ができない万年平社員ですね。

①能力がないのに勉強しようともしない

仕事ができない万年平社員だけではないですが、能力がなくても会社に一応いるだけで給料が発生します。

だから成長のための勉強もしないし、勉強する意味がわからないのです。

社畜として完全に洗脳されているので、自分自身が洗脳されていることも清々しく感じていますし、仕事ができないダメ社員として割り切っているのです。

周りからみてもコイツは完全に社畜として仕上がっているな…と痛々しく思われては距離を置かれていきます。

勉強しないからドンドンと社畜としていいように会社にコキ使われては、最終的にボロ雑巾になって捨てられるのです。

②何とかなると思い込んでいる

社畜として洗脳されやすい特徴としては、この会社にずっと働いていれば何とかなると完全に信じ込んでいます。

信じ込んでいるというよりは、考えるのが面倒くさいので「信じ込みたい」というのが正しいですね。

社畜として洗脳されている人は何とかはなりません。

むしろ、30代後半、遅くても40代で終わります。社畜としての体力が。

そうなってからでは本当に目も当てられないので現実を直視しましょう。周りの人間をしっかりと見て下さい。

世の中の動きを勉強して下さい。「社畜」という言葉が生まれてきた理由を考えてみて下さい。

③常に受け身、そして、受け身、一生受け身

社畜としての特徴はとにかく受け身体質です。

指示待ち人間ともいいますが、自分の頭で考えて行動することが苦手です。

「僕はこういう受け身の人間だから…」と変に開き直っている社畜もいます。

こういう社畜が30代前半だとしたら、おそらく80%以上の確率で40代までに鬱病を発症します。

家族がいる人は家族にも周りの人間にも迷惑が掛かることでしょう。

家族のために働いて頑張っていた社畜が、結果的に家族に大迷惑を掛けてしまうのですから、本当に社畜脳は怖いですよね。

社畜になりたくない人ほど洗脳されやすい理由と3つの特徴のまとめ

洗脳

社畜になりたくない人は、自分の力で稼ぐ能力を身につけるべきです。

会社で働くことでしか稼ぐことができないと感じているのはその方法を知らないからだけです。

「お金は汗水たらして働いて稼ぐものだ!」とカッコイイことばかりを言うのもいいですが、体と心は1つだけです。

壊れてしまってもあなたの代わりはいません。

ブラック企業に限らず、会社はあなた1人が壊れても痛くも痒くもありませし、壊れてしまった人によっては感謝されることでしょう。

やっと新しい部品と交換できる!みたいな感じで。

厳しいようですが、それが会社で働くというものです。

いつまでも社畜として生きているとこれからの時代は、本当の家畜になりかねないので早く対策を打ちにいきましょう。

社畜として働く時代はもう終わりました

👉脱社畜を目指して「ひとりで稼ぐ」か悪魔の働き方で一生ボロ雑巾になるまで生きるのか

社畜脱社畜を目指して「ひとりで稼ぐ」か悪魔の働き方で一生ボロ雑巾になるまで生きるのか
脱社畜を目指して「ひとりで稼ぐ」のか、悪魔のような会社で奴隷みたいな働き方で一生ボロ雑巾になるまで生きるのか考えてみて下さい。 ...

社畜になりたくない人ほど洗脳されやすい理由と3つの特徴を最後まで読んで頂きありがとうございます。