文章力をつけるにはビジネスブログを3年間毎日書き続けるしかない!

文章力

ブログに限らず、文章力はないよりはあった方がいいですよね。

そう簡単に文章力というのは身につくものではないのですが、確実に言えることは文章を書かなければ文章力は身につかないということです。

スポンサーリンク

文章力をつけるビジネスブログとは?

ビジネスブログとは要するに、人の役に立つ価値のあるブログということです。

ブログでお金を稼ぐためには常に価値のある内容の記事を書いていかなければなりません。

価値のあるビジネスブログ

そのビジネスブログが価値があるかどうかは読む側で決まってくるものです。

ある人にとってはどうでもいいブログでも、ある人にとってはとても価値のあるブログ内容というのはいくらでもあります。

価値のあるブログ内容でも、やはり文章力があるのと、ないのとでは読まれる滞在時間やアクセス数も変わっていきます。

ビジネスブログに必要な文章力とは?

文章力といっても漠然としてよくわからない人も多いでしょう。

簡単にいいますと文章力がある人のブログは読みやすくて分かりやすいということです。

やたらと難しい言葉や漢字を使っては、文章を賢そうに書いているブログが文章力のあるビジネスブログではありません。

ブログに限らず、文章は読まれてなんぼの世界です。

最後まで読まれないブログでは絶対にお金を稼ぐことはできませんし、最後まで快適に読ませられる工夫ができない人はブログで稼ぐことは諦めた方がいいですね。

文章力をつけるには3年間毎日書き続けること

9stf4o

文章力を鍛えるためにはビジネスブログを最低でも3年間毎日書き続けることです。

よくブログを毎日更新するのはいいけれど、質の悪いブログ記事を書くくらいなら書かない方がマシ!という意見があります。

確かに質が悪くて、薄っぺらい文字数の少ないブログを量産してもアクセスは集まりませんし、お金も稼げません。

しかし、質の良いブログを書くためには質の悪いブログでも書き続けるしかないんですよね。

たまにしか文章を書かない人が良い記事を書けると思いますか?

全然練習せずに時々しかサッカーボールを蹴らないのに、サッカーの試合にいきなり出て活躍できるのか?ということです。

ブログで文章を毎日書くのはトレーニングと一緒!

文章力を身につけるにビジネスブログを毎日書くのは筋肉トレーニングや柔軟体操と同じようなものです。

そう簡単には身につくものではないですし、サボればサボるほど衰えていきます。

文章を書く期間を空けてしまうと、いざブログを久しぶりに書こうとしてもなかなかスムーズに書くことができません。

それはスポーツと一緒でブランクがあればあるほど体がいうことをきかないと一緒なんです。

だからこそ、文章というのは常に書いていかなければならないのです。

ブログを毎日更新するのは文章力向上のため!

ビジネスブログを毎日書けば絶対にお金が稼げるというものではありません。

しかし、ブログを書かなければ絶対にブログでお金を稼ぐことはできません。

ブログ記事というのは商品と一緒です。ブログで稼ぐのはいばらの道だ!と悩んでいる人に限ってまずブログ記事が圧倒的に少ないです。

100記事~300記事くらいでは全然稼げません。それ以下なんて論外です。

お店に商品が全然ないのに、「稼げない!」「売れない!」と言っているようなものです。

ブログを毎日更新するのはアクセス数を増やして集客するのもありますが、1番の目的は文章力を向上してブログ記事の質を高めることです。

文章力をつけるにはビジネスブログを3年間毎日書き続けるしかない!のまとめ

ブログ作成

別に文章力がなくてもブログで稼げることはできますが、これからの時代は文章力があるブログの方が生き残れます。

時代は常に移り変わりますので、いつまでもSEOを意識しすぎたビジネスブログだけでは厳しいのが現状です。

そうはいっても、やっぱり質のいい内容のブログ記事はGoogleからも好かれますし、何よりも読者に愛されます。

そういうことからも文章力をつけて、質のいいビジネスブログを書くためには毎日書き続けるしかないということです。

まずは自分が読みやすいと感じるブログ記事の文章を参考にしましょう!

こちらの記事もどうぞ!

👉ブログの文章力に一流小説家並みの技術を求めてはいけない理由

Vector freehand drawing of dark bird featherブログの文章力に一流小説家並みの技術を求めてはいけない理由
ブログの文章力に面白いとか上手いとかあまり気にしない方がスムーズにブログは書けます。 何も小説コンクールやコラム大賞に公...

文章力をつけるにはビジネスブログを3年間毎日書き続けるしかない!を最後まで読んで頂きありがとうございます。