自己評価の低い人が周りの人間と比べて苦しんでいる人に贈る言葉3選

自己評価

自己評価が極端に低い人っていますよね。

別にそこまで人としても能力的にも低くないのに周りの人間と比べすぎて苦しんでいる人が世の中にはたくさんいます。

自己評価が高すぎるのもあまり良くはありませんが、低いよりかはマシかもしれませんね。

スポンサーリンク

自己評価の低い人はワクワクしよう!

自己評価の低い人はとにかく愚痴や弱音の言葉がたくさん出ます。

私も人間ですから愚痴や弱音を吐きたくなることはもちろんありますが、「そこまで吐くか!」と突っ込みたくなるほど自己評価の低い人は吐くんですよね……。

言霊っていう言葉がある通り、自分が発する言葉は良いことも悪いことも今後の人生に影響していきます。

信じるか、信じないかは置いといて言葉って本当に大切なんです。

「無理」とか「できない」とか「イライラする」とかそういう否定的な感情の言葉を口に出すともっとそういう状況が起きてしまいます。

不思議な現状ですがそういうことばかりを呟いているとそういうものが引き寄せられてくるんですよ。

だからこそ言葉は重要ですし、どうせ吐くならもっと楽しいことや自分の感情がウキウキワクワクするような言葉を吐いたほうが絶対に得だと私は思うんですよね。

自己評価が低い人は小さな成功体験を積もう!

自己評価の低い人はとにかく過去に小さな成功体験があまりにも少ないんです。

自分に自信がないから行動力もないのですが、行動できないから失敗も少ない反面、成功体験も少ないんですよね。

そういう悪循環の繰り返しで今までの人生を送ってきたのでそれが当たり前の思考として頭にこびりついているんです。

そういう感じで生きていくといざ何か新しいことを始めるとしても周りの人間の成長スピードについていけなくて焦ってしまい、追いつけない自分自身にイライラしてはさらに自己評価が低くなります。

できない自分がとにかく嫌いで現状をどうにかして打破したいのに良くなるどころかドンドンと悪くなるので理解に苦しんでいくんですね。

自己評価が低い人は良い意味で強がろう!

自己評価が低いのならば少しでも高くすればいいのですが、なかなかそう簡単にはいきません。

いかんせん、今までの人生が自己評価の低いコンプレックスの塊でしたからね。

それでも人生を精神的にも経済的にも豊かに生きていくためにはそういう思考はなくさなければなりません。そのためにはまずは「自分はできる!」とい思い込むことです。

現時点では全然できていなくても構いませんよ。

自信を持つことが大切ですからね。根拠がなくても胸を張って突き進んでいくんです。失敗なんか恐れなくても大丈夫です。むしろドンドン失敗して下さい。

失敗すればするほど経験値も溜まっていくので自然と成功体験も身に付きます。失敗しなければどれが正解で何が間違いかなんて絶対にわからないですからね。

こういう文章を読んで「なるほどね~」と感心しているだけでは何も起こらないし、何も始まらないということです。

まとめ

自己評価の低い人はまずは今目の前にあることをドンドンとやりながら経験値を少しづつ得ていきましょう。

何も一気にやる必要はありませんよ。

それに人と比べて焦る必要もないですし、難しいことをいきなりする必要もありません。あくまでも自分のペースを保って、過程も楽しみながら一歩ずつ進んでいくんです。

進んでいくうちにまた壁があったら必要に応じて自分ができそうな部分から壊していき、これ以上は無理!と感じたら助けを求めていきましょう。

ただ求めるだけではなく、「こうこうこうして、あれしたんだけどこれがこうなってきて、これがわからないんです…」という感じで具体的に説明して聞きましょうね。

人は人、自分は自分ですから気にしないこと!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
成功者の共通点は本の読み方にある!必ず成功できる本の読み方とは?