【節約生活】シンプルな暮らしをすれば月10万円くらいで生きていける話

節約生活を楽しむ人はたくさんいますが、本気で生活が苦しくて節約生活をせざるを得ない人達もいるのが現状。

けれども、独り暮らしでシンプルな暮らしをすれば、月10万円くらいで生きていけるということ。

もちろん、住む場所や環境によっては難しいですが、地方住まいならば月10万円で十分に楽しく生きていけます。

そんなシンプルかつ楽しい節約生活の方法を具体的に書いていきますので、参考がてらに読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

節約生活の基本はシンプルイズベストに限る

節約生活をしても人生が楽しくならないのなら、それは無駄な節約生活かもしれません。

お金は残るかもしれませんが、人生に素晴らしい足跡は残りません。それでは一体何のために生きているのかがわかりませんよね。

節約生活の基本はシンプルイズベスト。

シンプルに今現在必要のないものは「買わない・持たない・貰わない」を守りましょう。

家の中にある8割の物は使わない

貧乏な人ほど家の中がゴチャゴチャとしているもの。

節約生活を始めるのなら、まずは使わないものを整理するなり、捨てるなりしてはシンプル部屋(シンプルライフ)をとことん目指すのがおすすめ。

何もない殺風景な部屋は心が病みそうですが、基本的にはそれに近いものでOK。ミニマリストなども流行っていますが、そのようなブログサイトを参考にするのもいいですね。

自分自身の部屋を確認すればわかりますが、家の中にある8割の物は使っていないことに気づきます。

埃が積み重なっている古い持ち物もあることでしょう。

節約生活を始める前に、ぜひそのような古い持ち物を確認しては潔く捨てたいものです。

シンプル節約生活を目指そう!月10万円の理想の内訳

理想のシンプルライフでの月10万円の内訳といっても、これが正しいという訳ではありません。

自分自身の環境と上手く照らし合わせて参考にして下さいね。

  • 家賃:50000円
  • 食費:20000円
  • 光熱費:10000円
  • 雑費:5000円
  • 通信費:6000円
  • その他:9000円

基本的にはこのくらいのシンプル節約生活が理想。成人の人間が独りで生きていくのなら、これくらいの内訳で十分に生きていけます。

贅沢をするのは自由ですが、その贅沢の感覚も本当に人それぞれ。

何が贅沢でどのような生活が質素なのかは感じ方しだいですからね。

【節約生活】シンプルな暮らしをすれば月10万円くらいで生きていける話のまとめ

節約生活の達人になれば、月10万円以下のシンプル暮らしも可能でしょう。

けれども、何ごとも無理は禁物ですし、節約疲れで人生を疲弊することほどバカらしいのもありません。

「月10万円では生きていけないよ!」と嘆きたくなる人もいるでしょう。

そういう人はまず、ガチガチにコリ固まった先入観を取り除くことが大切。節約生活に限らず、まずはやってみなければわかりませんからね。

やってみると案外月10万円以下で暮らせるかもしれません。それならと、浮いたお金で旅行に行くなり、美味しい物を食べるなりして人生をもっと楽しめます。

節約生活はより楽しく生きていくための知恵でもあります。

自分なりの節約生活を模索しては、これからも人生を楽しく生きていくためにシンプル節約生活を心掛けていきましょう。

試行錯誤すれば月10万円以下のシンプルライフも夢ではありません!

あわせて読みたい!

👉節約生活で貯金するなら一人暮らしは食費よりも大切にしてほしい3つのこと

節約生活で貯金するなら一人暮らしは食費よりも大切にしてほしい3つのこと
節約生活で貯金をするなら、一人暮らしは食費節約よりも大切なことがあります。 運よく社畜生活から抜け出すことができても、す...

👉節約でコツコツと貯金して2000万円達成は可能?実現するために必要な考え方

節約でコツコツと貯金して2000万円達成は可能?実現するために必要な考え方
節約生活でコツコツと貯金をして「2000万円」達成は可能なのでしょうか? 世間一般では35歳までに貯金額が2000万円あると、裕福...

【節約生活】シンプルな暮らしをすれば月10万円くらいで生きていける話を最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント・感想・ご意見

  1. 雑種犬 より:

    馬鹿もここまでくると閉口する以前の話だな。

    10万の内訳を出して満足?ブロガーなら、食費を抑えるためのレシピに始まって、通信費を抑えるためにこの回線を使え、だとか色々あるだろうが。細かいこと考えたくなし節約もしてないってのがバレバレ。

    そもそもその他の項目は何を意味してるの?
    保険は?貯金は?医療費は?
    個人事業主ならば当然視野に入れるべき税金も入っていない。

    節約系の記事は数多くあれどここまで酷いのは滅多にない。

  2. ダークアロー より:

    ・なぜ10万が良いのかが明確になっていない.20万でも30万でもシンプル生活はできるのに
    ・内訳が大雑把すぎる上に現実に即していない
    ・雑費とその他を分けている理由がわからない
    ・シンプルに生活するのと節約することがなぜ結びつくのかが不明である
    ・10万で実際に生活したとは思えない.少なくとも筆者にはその経験が存在しない

    特に疑問なのが内訳です。生活費の内訳は国や地方によって全く異なります。どの地域で生活するのか、どのような生活を営むのかで回答が違ってくるのです。少なくともモデルケースとして具体的な地域がないならば、この数値は何の意味もないでしょう。

    単に「10万という数字を切りよく割っただけ」にしか見えません。考えなしってことです。

    雑費・その他についてですが、たとえば私のように個人事業主で家族を持っている場合には子供にかけるお金や税金がかなり問題となってきます。たとえ独身であっても、税金や保険は免れません。それはこの内訳の枠外に納めるのだとしても、10万で生活するとはいえないでしょう。

    おそらく10万という数字は一人暮らしを想定しているようですが、実際は夫婦で暮らしたほうが何かと生活費を抑えられます。食費や光熱費もそうですが、やはり税金や保険が最も重要です。

    余談ですが、ペットを買っているので毎月そのエサ代や病院代が嵩むので10万は無理ですね。