お金持ちになるには費用対効果を高めることが手っ取り早いと気づくことが近道な話

%e3%81%8a%e9%87%91%e6%8c%81%e3%81%a1%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%af

お金持ちになるには、「費用対効果」を高めることが手っ取り早いと気づくことが近道。

費用対効果とかいうと何やら小難しい感じがしますが、要は掛けた費用や労力に対して得られる効果や結果ということ。

この費用対効果を理解して、着実に実践すれば誰でもお金持ちになれるということです。

誰でもというと語弊がありますが、「やる気」「本気でお金持ちになりたい」という気持ちを継続できる人は必ず成功します。

スポンサーリンク

費用対効果を高める方法とは?

例えば、100万円を稼げるブログサイトを作成するために、100年以上掛かったり、収入が10万円が満たないのなら、それは費用対効果がないということ。

逆に100万円を稼ぐために1000万円の費用と1年間の時間を掛けて、それ以降は定期的に100万円を稼げる仕組みを作れば、それは費用対効果があるということ。

電気代とか気にするな!

もっとわかりやすく書きますと、数千円程度の夏場のクーラー代をケチって体調を崩すよりも、数千円程度の電気代を払うのがいい。

節約はいいことですが、暑さを我慢せずに何かしらの作業を気持ちよくする方が費用対効果があるということですね。

お金持ちになるには「時間」を大切にすること

お金持ちになるには、節約、倹約、稼ぐ方法を勉強するのもいいですが、その前に「時間」を大切にすること。

時間は生まれながらにして誰にでも平等に与えられます。

お金持ちに家系に生まれるとか、貧乏な家庭に育つのは「運次第」ですが、「時間」は誰にでも公平なんです。

ここを理解できれば、お金持ちになるのは早いでしょう。

しかし、時間は目に見えないので、なかなか上手に使うことができません。

時間は有限なので優先すべきことを考える

生きている時間は本当に有限です。

若いうちはあまりそういうことは考えない人は多いでしょう。年を取るにつれて、時間の大切さと人生の中の時間の早さが身に染みるようになります。

時間は有限なので、やりたいことがたくさんあっても、全てを堪能できるのは難しい。

人生の中で何もかもをしようとしない

だからといって、どれもこれもを中途半端にしたり、何もしないのもまた違います。ある程度の年齢になってきたら、人生でやりたいことは絞っていきましょう。

まずは優先すべきこと(本気でしたいこと)に時間を掛けることが大切ですね。

お金持ちになって何がしたいの?

ほとんどの人はお金持ちになりたいと思っています。

「私は貧乏になりたい」と願って生きている人は少ないでしょう。別にお金持ちにならなくても、貧乏で幸せだと感じられるのならそれに越したことはありません。

お金持ちになっても、不幸せな人はたくさんいますからね。

そう考えると人生って難しいですし、「お金持ちになるとはどういうことなのか?」とわからなくなってきます。

余計なことや難しいことは考えない

お金持ちになりたい人は、なぜお金持ちになりたいのかを考えましょう。

  • 見栄を張りたい?
  • 自慢したい?
  • 偉そうにしたい?
  • お金で困りたくない?
  • やりたいことをスムーズにしたい?

人それぞれにお金持ちになる目的はありますが、見栄や自慢をしても虚しいだけです。

一時的には気持ちいいかもしれませんが、そんなものは時間が経つにつれてくだらなくなっていきます。

それこそ、費用対効果はありませんし、一体何のために費用対効果考えてまでしてお金持ちになったのかもわかりません。

お金持ちになるには費用対効果を高めることが手っ取り早いと気づくことが近道な話のまとめ

お金持ちになるには費用対効果を高めることが一番。

人生は常に勉強と学習の連続です。勉強を辞めた瞬間に人の成長は止まります。止まれば、あとは衰退していくのみ。

少し疲れたら、少し休んでまた頑張ればいいのです。お金持ちになるのは難しいことではありません。

その得たお金で自分の人生を幸せにしていくことが、一番難しいということを心得ておきましょう。

費用対効果を高める前に人間力を高めよう!

お金持ちになるには費用対効果を高めることが手っ取り早いと気づくことが近道な話を最後まで読んで頂きありがとうございます。

あわせて読みたい!

👉お金持ちになりたい人は今すぐ時間に縛られる仕事を辞めるべき理由

お金持ちお金持ちになりたい人は今すぐ時間に縛られる仕事を辞めるべき理由
お金持ちになりたい人は、今すぐ時間に縛られる仕事を辞めるべき。 他人の会社で働く生き方では、いつまでたってもお金持ちには...