人と同じことが嫌な人生でも9割は人と同じであることになってしまう話

%e4%ba%ba%e3%81%a8%e5%90%8c%e3%81%98%e3%81%93%e3%81%a8

人と同じことが嫌な人生でも、9割は人と同じであることになってしまいます。

別に人と同じであることが悪いということではありません。人と同じことが嫌な人生を歩むのも自由。

それをブログに例えると、人と同じであるレイアウトや文体にする必要はないということ。

人は基本的に寂しがり屋なので、人と同じであることに安心してしまうもの。しかし、それをしてしまうとその他大勢から抜け出せなくなります。

人生に関しては別にそれでもいいのですが、ブログサイトに関しては、やはりそれでは差別化できません。

差別化して、人気のブログサイトを作成するためには、人と同じであることから脱しなければならないのです。

スポンサーリンク

人と同じことが嫌な人生を楽しむ

人生を楽しむ方法としては、人と同じことが嫌な人生を楽しむことが大切。

孤独が嫌だからといって、つまらない人間関係に依存しても得るものはありませんからね。

ブログにしても、人と同じようなことを書いてもつまらないし、誰も読んではくれません。かといって、そんなブログをすぐに書ける人もなかなかいないのが現状。

人と同じことが嫌ならば、まずは自分自身がこういう人生なら楽しいということを決めるべき。

それは時代の流れとともに変わってもいいですし、ずっと同じ考え方でも構いません。要は本当に心の底から、それをしていて楽しいと感じることが大切なんです。

なぜ人と同じことが嫌なのか?

10代、20代前半くらいの人生なら、人と同じことが全てみたいな人は多いでしょう。

日本の義務教育の学校生活がそうさせてしまうのですが、卒業して人それぞれの新しい道に進むと考え方は変化していきます。

もちろん、ずっと人と同じことがいい人もいますし、嫌な人も出てきます。

環境によっては人と同じことが嫌というよりは、人と同じではない人生が嫌という人が増えていきます。

結局は人と同じであることになってしまう

なんだかんだいっても、大半の人達は「人と同じであること」になってしまう人生を歩んでしまうもの。

理由は周りの人間が自分と似たような人しかいないから。

それが嫌なら、自分自身をレベルアップして、もっと成長できそうな環境や人間関係を築くこと。

それでも、大半の人達は自分の居心地のいい環境に身を置きたいですし、楽な人間関係に依存したい。

その結果、人と同じであることになってしまうのでしょうね。

人と同じことが嫌な人生でも9割は人と同じであることになってしまう話のまとめ

人と同じようなブログ記事しか書けない人は、ネット上の中で埋もれていきます。

それが嫌なら、人と同じであるブログを書かなければいいだけ。ブログなんてもっと自由崩壊に書いていけばいいんです。

別にブログをバカにしているわけではありません。

私はブログを毎日書いていますが、ブログネタに困ったことはありませんし、こんな感じで支離滅裂なブログ記事もたまに書きます。

質と内容も大切ですが、今の人生をとにかく変えたくて、人と同じであることから脱したいのであれば何かを継続していきましょう。

継続することをブログ更新に限らなくてもいいですし、自分にとって、これを継続すれば人生が変わるかも!と感じることをしていけばいいんです。

人生なんて100年経てば総入れ替え。

ブログ記事も1記事1記事を大切に書くのもいいですが、ありのままに書くのもまたブログの楽しい書き方ですよ。

やっぱり、人と同じであることの人生ほどつまらないものはありません!

人と同じことが嫌な人生でも9割は人と同じであることになってしまう話を最後まで読んで頂きありがとうございます。

あわせて読みたい!

👉つまらない人生の30代以上が書くブログの8割はリスクを冒していない

ブログつまらないつまらない人生の30代以上が書くブログの8割はリスクを冒していない
つまらないブログを書く30代以上の8割は、毎日の人生にリスクを冒していないのが原因。 別に好んで無理やり人生にリスクを冒す必...