【お金を増やす方法】パチンコや競馬でおまじないしても9割の人が勝てない理由

お金を増やす方法には様々なやり方がありますが、パチンコや競馬でおまじないしても9割の人は勝てませんし、お金は増えません。

そもそも、ギャンブル的要素の強い投資では、なかなかお金を増やすことはできません。だからといって、コツコツとサラリーマンをしながら、一生他人の会社で働いてもお金を増やすことは難しい。

貧乏人ほどパチンコや競馬をする傾向があるのも事実ですが、そういうギャンブル好きな人は「おまじない」が大好き。

私自身も過去にはパチンコやスロットに無駄な時間を費やしていたものですが、思考停止状態の人間は、このパチンコや競馬が手っ取り早くお金を増やす方法と思い込んでいます。

中にはギャンブル依存症もいますが、大半は手軽に「刺激」「お金」が欲しいだけ。

そんなクズ人間になりたくないのなら、私自身の体験談を踏まえては以下のことを参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

お金を増やす方法にパチンコや競馬は邪道中の外道

当たり前ですが、パチンコや競馬で長期的にお金を増やすことはできません。

一時的にお金を増やす人もいますが、そんなものは稀です。一発逆転とか楽をしてお金を稼ぎたい気持ちはわかりますが、やはり現実はそう甘くありません。

お金を増やす方法にギャンブルは邪道中の外道。最近ではカジノ法案も話題となりましたが、日本でラスベガスのようなカジノができても、それがお金を増やす方法には必ずしもなりません。

パチンコや競馬で増やしたお金はパチンコや競馬に消える

これは私自身の経験でもありますが、パチンコで増やしたお金は必ずパチンコに消えますし、競馬も同じように消えてなくなります。

所詮はあぶく銭なので、手元に残らないのがほとんど。理由はギャンブルで稼いだお金は、何となく散財したくなるからです

この「何となく」が非常に怖い。パチンコで負けたとしても、そのお金は「パチンコ屋に一時的に預けたお金」とか、「競馬勉強のための投資金額」など、よくわからない都合のいい理由で自分自身を納得させます。

とにかくパチンコで増やしたお金はパチンコで消えるというのは理解しましょう。

ギャンブルは9割の人は必ず勝てないようになっている

ほとんどのギャンブルがそうですが、9割の人は必ず勝てないようになっています。

パチンコも見せ台だけを設置して、あとは回収できるように調節しています。

「そんなことは知っている!」と叫びたくなる人もいるかもしれませんが、そういう人に限って、たった数台しかない「見せ台」は自分が座ると思い込んでいます。

この思い込みと自信は「さすが」としかいいようがありませんが、そんな自信をもっと別なところで使ってほしいと、過去に自分に説教したいですね。

お金を増やす方法は地道が王道

結局はお金を増やす方法には、「地道」が最適な方法です。

その上に大切なことは、「そのお金を増やして何がしたいのか?」ということ。

「とりあえずお金を増やしたい!」という考えでは、増やせるものも増やせません。

慣れてくるとお金を増やすことはそこまで難しくありませんが、そのお金を使って人生をよりよくする方が難しいということは頭に入れて置きたいものです。

【お金を増やす方法】パチンコや競馬でおまじないしても9割の人が勝てない理由のまとめ

断言しますが、パチンコや競馬をしてもお金を増やすことはできません。

どうしてもその分野でお金を増やしたいのなら、パチンコライターか競馬ライターになるしかありません。

専門サイトを運営したり、ブログで情報発信するのもいいでしょう。パチンコ、競馬単体でお金を増やそうとするのではなくて、それを通してオリジナルの稼ぎ方を見つけていきたいもの。

今の世の中はそれが可能な時代です。

もっと視野を広げつつ、本気でお金を増やしたいのなら目先の利益に踊らされないこと。

とにかく「楽」をしてお金を増やす方法はどこにもないということです。

お金を増やす方法はギャンブルに限らず、あらゆる分野に転がっています!

あわせて読みたい!

👉お金を稼げる人と稼げない人の圧倒的に違いすぎる3つの考え方とは?

お金を稼げる人と稼げない人の圧倒的に違いすぎる3つの考え方とは?
いきなりですが、お金を稼げる人と稼げない人の圧倒的に違いすぎる3つの考え方とは以下の通りです。 ほとんどは持続力と忍耐力 ...

お金を使わない遊びの1つにブログを書くことをお勧めする3つの理由

お金を使わない遊びの1つにブログを書くことをお勧めする3つの理由
お金を使わない遊びはたくさんありますが、その中の1つに「ブログを書くこと」をお勧めします。 ブログといっても日記とかではあ...

【お金を増やす方法】パチンコや競馬でおまじないしても9割の人が勝てない理由を最後まで読んで頂きありがとうございます。