お金がないからランチは300円以下というけれど本当にお金ないの?

3321662p

景気が良くなったとか、まだまだ不景気だという話はちらほらありますが、この日本という国はそうそう餓死してしまうほどの貧困層がたくさんいるとは思えません。

もちろん生活が苦しい家庭はあるかもしれませんが、世界と比べると微々たるものだと思います。

今の日本は本当にお金がないのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜランチが300円以下なのか?

これは多分平均的な数字か、記事を読んで貰うための釣りかもしれませんが、ちゃんと調べてみても似たような金額かもしれませんね。

300円以下が悪いというわけではありませんが、そもそもなぜこんな現象が起こるのでしょうか?

給料が少ないからとかサラリーマンのお小遣いは少ないとかあるとは思いますが、そこまでしてやらなければ本当に生活できないほどお金がないのか不思議でなりません。

例えば、リストラされたり、鬱病で働けなくなったりしたのなら分かります。しかし就職してボーナスも多少なりとも貰えている人がいつも「お金がない!」と叫んでいるのはちょっと首を傾げてしまいます。

結婚したら、子供の養育費や家のローンなど様々なお金が必要になっていくのも何となく分かりますが、対策はいろいろとあるはずです。お金がないということはどこかで無駄な消費があるかもしれないということです。

なんだかんだで世間と比べ過ぎている

お金がないという人のほとんどはただ単に見栄にお金を払い過ぎているだけかもしれません。

見栄にお金を払うことほど愚かなことはありませんし、もったいないことこの上ないです。見栄を張りたい気持ちは分かりますが、見栄でお腹は膨れませんし、生活は楽になれません。

生きていく上で見栄ほど意味のない行為はないということです。

人は人、自分は自分という精神で生きていけばそうそうお金に困ることはないはずですし、くだらない見栄にお金を払うこともないでしょう!

自由に使えるお金がない?

ecn012-s

結婚している人が一生懸命に働いたお金を全て家庭に入れる自体おかしい行為だと私は思います。子供が成長できる分のお金があれば後は好きに使ってもいいと思います。

その成長できる分のお金だけでいっぱいいっぱいなんだ!と思う人はもっとどうすればそうならないかを節約だけはなくて考えることが大切です。

子供のためにお金を貯金することも大切ですが、何十後のためのお金より今楽しく過ごせるお金の方が大事です。人生はその積み重ねですからね。

いつかきっとお金を好きに使えるようになる!とかお金に余裕ができたらなんちゃらかんちゃとか言っていても一生そういう日はきません。断言します。

そういう日がきてほしいのならば考え方を変えなければ絶対に現状打破できませんよ。

国や世間や会社のせいにしない

生活が苦しいのは〇〇のせいだ!といつまでも甘ったれた鼻たれ小僧みたいなことを言わないで下さい。

ハッキリ言って生活が苦しいのは自分の稼ぎが悪いだけです。それ以上でもそれ以下でもありません。お金がもっと欲しければ、どうすればお金を今以上に稼げるか死ぬほど考えましょう!

多分、死ぬほどでもないから死ぬほど考えないのです。

今のこのインターネット社会ならばいくらでもお金を稼ぐ方法は調べられますし、行動すれば絶対に今よりは稼げるようになります。稼げていないとすればただやっていないだけです。

一体何をすればいいの?と思っている人もいるかもしれませんがとことん調べましょう!本当にいつまでも受け身の立ち場では一生お金と会社の奴隷で人生が終わりますよ。

まとめ

マスコミや世間体はそうやって事態をさらに深刻化させて人々を焦らして遊んでいますが、現実はそれほど貧乏な国ではありません。

本当の貧乏な国はこういうことを個人で発信したりもできませんし、むしろこういう情報が耳に入ってこないです。

昔みたいに安定する働き方とかはなくなりました。

そろそろ個人個人がお金を稼いでいける時代がもうすでにきていることに本気で気がついてドンドンと行動していきましょう!

今は個人プレーの時代ですよ!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
会社に勤めなくても収入を得る方法はたくさんあるのに大半の人は文句を言いながらも会社で働く