無理をして毎日書くブログ記事に1つでも意味はあるのかを考えてみた

アクセスアップやサイトが強くなるといった理由で、無理をして毎日書くブログ記事に1つでも意味はあるのかを考えてみました。

確かに不定期にブログ記事を書くよりも、毎日何かしらの内容を書き続けることはサイトや自分自身も成長しやすいもの。

同じようなネタを書いたとしても、何も書かないよりかはマシです。

ライターやブロガーとして腕を上げたいのなら、尚更毎日書くのは必須ですが、無理をして書くブログ記事は本当に意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

文章を書き続けることに意味がある

私の持論では、ブログを毎日書いたとしてもそこまでアクセスアップに繋がるとは思っていません。

確かに毎日書く方がアクセスアップに繋がりやすいのですが、ただひたすら書き続けるだけでは意味はありません。

他の記事でもたくさん書いていますが、ブログにアクセスを集めたければ、タイトル名とネタ選定でほぼ決まります。

それを知るためにもとにかく毎日書いてみることは大切ですが、やはりそういうことを考えながら書き続けなければなりません。

とにかく成長するためには「文章を書き続ける」ということが大切ということです。

毎日書くことの意味が後から湧いて出てくる

ブログを無理して毎日書くことの意味は、後から湧いて出てくきます。

その時、その瞬間こそは意味が感じられなくても、継続することによって「意味」が生まれてくるのです。

だからこそ、余計なことを考えずにまずは毎日書くことをおすすめしますが、なかなかどうして毎日書くことを継続できる人はそんなにいません。

  • 仕事が忙しくなった
  • ブログを書くのが面倒になった
  • 違う趣味を始めた
  • 何もする気が起こらない

このような感じで様々な理由を見つけてはブログを書かなくなっていきます。そしてまた急にブログを再開するのですが、別に誰も再開を待っていませんし、謝られることもありません。

基本的にブログというのは好きな時に書いて、好きな時に辞めればいいのです。無理して書く必要はどこにもありません。

ただし、それでも毎日書き続けた人にはそれなりのご褒美は必ずやってきます。

もっと気軽に気楽にブログを書こう

ブログを書き続けては慣れてくると、どうしても読まれることを意識しすぎてあまりブログ記事を書けない人が出てきます。

確かに読まれることを意識することは大切ですが、本来ブログというのは楽しむことが大前提。

お金を稼ぐためだけの気軽に書けないブログ記事は、もはや強制労働と何ら変わりません。

そうでもしないとブログ記事を書き続けられないのなら誰も止めませんが、もっと気楽にブログを書いてもいいのではないでしょうか。

私も一時期は肩に力を入れつつ、毎日のようにブログ記事を書いた時期もあります。

今でこそ、自分が書きたいことを思いつくままに書いていますが、やはりブログ記事というのは自分の好きなことを書く方が継続できますね。

無理をして毎日書くブログ記事に1つでも意味はあるのかを考えてみたのまとめ

1年なら1年と期限を設けるという前提で、「無理をして毎日書く」というのはおすすめ。

とくに初心者ブロガーは毎日書くことをおすすめしますが、それだけはブログサイトは成長しません。

けれども、書かなければもっと成長しないのも事実。

だからこそブログ運営は難しいものですが、こういうことを始めから難しく考えないということが大切です。

逆にこういうことを考えつつも、このようにネタとして記事を気軽に書けるのなら、もうブロガーとしては成長している証拠でもありますね。

ブログ運営に限らず、人生において無理をしなければならないときは少なからずあるということです。

最終的に「意味」は自分で作り出すということですね!

あわせて読みたい!

👉ブログを毎日更新するのはアクセスアップだけではない!私が毎日更新する真意とは?

ブログを毎日更新するのはアクセスアップだけではない!私が毎日書く真意
ブログを毎日更新する理由の一つに、アクセスアップがあります。 私はそれだけのためにブログを毎日書いている訳ではありません...

👉ブログを毎日書く方法とは?10年間は誰でも更新できる運営術を発見した話

ブログを毎日書く方法とは?10年間は誰でも更新できる運営術を発見した話
ブログを毎日書く方法を知りたい人は、ブログを書く人にとっては知りたい情報の1つ。 記事タイトルにもありますが、もしブログを...

無理をして毎日書くブログ記事に1つでも意味はあるのかを考えてみたを最後まで読んで頂きありがとうございます。