お金のために働くようなブログの書き方では毎日更新しても稼げない理由

Money

お金のために働くようなブログの書き方では、毎日更新しても一生稼げないです。

「ブログで成功して稼いでいる人の真似をしよう!」ということが書かれているブログがたくさんありますが、私からすれば、能力がない人が真似をしたところで稼げません。

根本的なブログで稼ぐという感覚を理解していなければ、どれだけ優秀なノウハウを知っていても稼げないんです。

脱サラブロガーによくありがちなことですが、脱サラ前と同じように「お金のために働く」感覚でブログを書いている人がいます。

そんな人は、ブラック企業で社畜生活をしている頃と変わっていないことに気がつくべき。

お金のために働く人生ほど、つまらないものはないですからね。

スポンサーリンク

お金のために働くようなブログの書き方とは?

例えば、脱サラブロガーは脱サラ前も、お金のために働く社畜生活を続けていました。

そんな社畜生活で人生が終わるのがイヤなのか、流行にのって脱サラブロガーを目指す愚か者は多いものです。

本気でブログを書いて稼ぐためには、毎日複数更新(3記事以上)その人にしか書けないオリジナルのブログ記事が必要不可欠。

稼げない脱サラブロガーはネット上によくあるような情報を鵜呑みにして、トレンド記事や誰でも書けるようなつまらないブログ記事を量産していきます。

1年間継続すれば誰でも月3万円くらいは稼げる

文章力がなくても、それなりに毎日更新してブログ記事を書いていけば、1年間継続で月3万円くらいなら稼げます。

しかし、それで生きていけるでしょうか。

ほとんどの人たちは、1年間継続もブログを毎日更新できませんが、できたとしてもその程度です。

能力のない人は、他人の会社で社畜のように働けばそれなりにお金は稼げます。ブログの世界は、能力がなければ稼げません。センスといってもいいでしょう。

努力とか根性とかそんな中学生みたいなことを考えていても、ブログの世界では通じないということです。

素人がブログを毎日更新しても稼げない理由

ブログで稼ぎたいのなら毎日更新は必須。

しかし、ただひたすら自分の書きたいことだけを書いても稼げないどころか、途中で挫折してしまいます。

趣味でブログを書く人は、自分の書きたいことだけを書きます。当然ですよね。

ブログで稼ぎたい人は、自分が書きたくないことでも書かなくてはなりません。自分の書きたいことを書いていいのは、趣味ブログとすでに稼げている人だけということです。

毎日更新の難しさが日に日に身に染みる

ブログでお金を稼ぎたいと思ってブログを毎日更新する人もいるでしょう。

とにかく最初の方はすんなり毎日更新できるもの。

日に日に毎日更新の難しさが身に染みてきますが、素人でも少し根性がある人なら半年くらいは継続できます。

そこから、7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月と毎日更新していく強者もいますが、その辺で月1~3万を継続的に稼いでいなければ正直なところセンスはないです。

センスがないからといってブログで稼ぐことを諦める必要はありませんが、この先は地獄が待っていることを覚悟しなければなりません。

それはまさしく、お金のために働く社畜生活の始まり。

せっかく脱サラして自由な人生を手に入れられると思い込んでいたのに、実は社畜生活と変わらないなんて残酷すぎますね。

お金のために働くようなブログの書き方では毎日更新しても稼げない理由のまとめ

.454

お金のために働く人生ほどつまらないものはありません。

ブログで稼ぐのも、その他のネットビジネスで稼ぐのも甘くはありません。

誰でも簡単に10万円稼げるとか、片手間で月100万円とかは嘘です。そんな妄想は信じないで下さい。

そのような夢物語を語る悪徳業者の真意は、それで情報弱者を騙してお金を稼ぐためです。お金に困っている人ほど、柔軟な発想ができなくて視野が狭くなります。

精神面を鍛えることも重要ですが、やはり心に余裕がないと何ごともうまくいかないといことです。

お金のために働くようなブログの書き方では、毎日更新しても稼げないので、今まであまり使わなかった脳みそでひたすら考えながら書きましょう。

あなたにしか書けないブログ記事を書けば書くほど、結果はしっかりついてきますからね。

真似ごとでは所詮二番煎じで稼げませんよ!

👉精神面を強くする方法の1つにブログを1000記事まで毎日更新する苦行

精神面を強くする方法精神面を強くする方法の1つにブログを1000記事まで毎日更新する苦行
精神面を強くする方法の1つに、ブログを1000記事まで毎日更新する苦行があります。 とにかくブログ(1500文字以上)を1000記事まで...

お金のために働くようなブログの書き方では毎日更新しても稼げない理由を最後まで読んで頂きありがとうございます。