やりたいことが見つからない場合でも人生は勝手に進んでいくということ

今の人生でとくにやりたいことが見つからない場合でも、人生というのは勝手に進んでいくということ。

このことを完全に理解している人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか。

やりたいことが見つからない人は多いものですが、その割には毎日くだらないことをしている始末。

確かにやりたいことが見つからないとくだらないことばかりをしてしまいがち。そのような人生は正直つまらないものですが、とにかく人生は止まってくれないということです。

スポンサーリンク

やりたいことが見つからない場合はどうすればいいのか?

答えはとてもシンプル。

やりたいことが見つからない場合は何もしないに限ります。

人間という生き物は本当に欲張りなので、やりたいことが見つからない場合でも何かをしなければならないと勝手に思い込んでいます。

別にやりたいことがなければ何もしなくてもいいのです。無理に何かをしようとするから人生がめちゃくちゃになるのです。

今現在していることを振り返ってみて下さい。

それは本当に楽しいことでしょうか。生きている間に本当にやり遂げたかったことでしょうか。

とにかくやりたいことが見つからない場合は何もしないに限ります。

何もしなければ何かをしたくなるもの

人間というのは不思議なもので、何もしなければ何かをしたくなるものです。

ある意味ではそれが本能であり、それこそがやりたいことかもしれません。「かもしれません」と表したのはそれを完全に信じてはいけないということ。

本気で何かをやりたいと思うには理由などほとんど必要はありません。心の底から「やりたい!」と思うことが真のやりたいことですから。

だからこそ、やりたいことが見つからない場合は無理に焦る必要はありません。

自然にやりたいと思う気持ちが芽生えるまで、今目の前にあることを着実にしていきましょう。

やりたいことが見つかっても人生はまた勝手に進んでいく

当たり前のことですが、やりたいことが見つかっても人生はまた勝手に進んでいきます。

これは誰もが平等であり、正当な人生ルール。

だからこそ、限られた時間の中で本当にやりたいことをしなければ、人生は損をするということです。

運よくやりたいことが見つかってもそれで終わりではありません。むしろ、始まりですが、それでも人生は勝手に進んでいきます。

本当に人生というのは儚いもの。

やりたいように生きなければ、死ぬ間際に後悔しますよ。

やりたいことが見つからない場合でも人生は勝手に進んでいくということのまとめ

やりたいことが見つからない場合でも、人生はドンドンと進んでいきますし、気がつけば人生の終止符に近づいているということもあるでしょう。

そのような人生もまた1つの人生ですが、それでもあまりにも悲しすぎますし、何のために生まれてきたのかもわかりません。

せっかく生まれてきたのですから、本当にやりたいことをやるべき。勝手に作られた先入観で自分の人生を縛るのはもう辞めましょう。

今していることは本当にこの人生でやりたかったことでしょうか。

やりたいことが見つからない場合は、ぜひこの記事を思い出して頂ければ幸いです。

この人生であなたがやりたいことは一体何でしょうか?

あわせて読みたい!

やりたい仕事がわからないのに「見つからない!」と悩むのは矛盾している

やりたい仕事がわからないのに「見つからない!」と悩むのは矛盾している
やりたい仕事がわからないのに「見つからない!」と悩むのはおかしいし、矛盾しています。 そもそも、仕事とは何のためにするも...

やりたいことがわからないのに勢いで転職する社畜の末路とは?

やりたいことがわからないのに勢いで転職する社畜の末路とは?
やりたいことがわからないのに勢いで転職する社畜がたまにいます。 社畜は所詮、社畜なのでその会社でしか使えない人が大半です...

やりたいことが見つからない場合でも人生は勝手に進んでいくということを最後まで読んで頂きありがとうございます。