ブログで稼ぐ方法は色々あるけれどブログ収入の80%は運な話

Japanese porcelain lucky cat (Maneki Neko) --- Image by © amanaimages/Corbis

ブログで稼ぐ方法は色々ありますが、ブログ収入の80%は運で決まります。

ハッキリ言って運が悪い人はブログで稼ぐこともできませんし、その他のネットビジネスでも稼げないのが現状なんですよね……。

昔から運も実力のうちとも言いますが、まさしくその通りです。

スポンサーリンク

ブログで稼ぐために必要な運とは?

tyoukiteki

確かにブログで稼ぐためには運も必要ですし、テクニックも必要です。

細かいことをいいますと文章能力(ライティング力)も必要ですし、キーワード選定や検索力も必要になってきます。

本当にブログで稼ぐためにはあらゆる技術と運が必要不可欠なのですが、そういう運は努力して掴めるものではないのが厳しい世界なんですよね。

グーグルアドセンス申請に合格できない人は運が悪い?

例えば、ブログで稼ぐためにはグーグルアドセンスという方法が手っ取り早いです。

詳しくはこちらの記事でどうぞ!

👉Google AdSense(グーグルアドセンス)で初心者でも月10万円以上稼ぐ方法

43504fc907a8171fb66039f02a0f2ec5_sGoogle AdSense(グーグルアドセンス)で初心者でも月10万円以上稼ぐ方法
初心者でもグーグルアドセンスで月10万円以上を稼ぐことはできます。 しかしその努力は並大抵では無理です。 月10万円以上稼げ...

初心者の人はこのグーグルアドセンス取得申請時に結構な確率で壁にぶち当たります。

すんなり申請が通る人は一週間ほどで申請が通って合格するのですが、知識不足の人や運が悪い人はすんなり申請が通りません。

これも運といえば運なのですが、グーグルアドセンスを合格できなければ初心者はブログで稼ぐことがかなり難しくなります。

ブログ収入を得たいのにグーグルアドセンスの存在自体を知らない人は、もはや運が悪いという問題以前の問題ですね。

ブログにアクセスがくるのも最終的には運!

変化

グーグルアドセンス申請が遅い人や何回も申請をしても合格できない人は、その申請したブログ内容に問題があったり、記事数が少ない&更新されていないか運が悪いかのどれかです。

何とかグーグルアドセンス申請が通っても、次はブログにアクセスがこなれければブログで稼ぐことはできません。

大体の目安としては1日に1000PVあれば、100円~300円ほどのブログ収入が発生します。

月に10万円のブログ収入を得たければ、月に30万PV以上必要です。運が悪い人は30万PVあっても10万円もいかないのですが目安はそれくらいです。

運が悪い人はアドセンスが通っても稼げない!

運が悪い人もそうなのですが、そもそもブログで稼げない人は運よりも、まずブログで稼ぐ方法を知りません。

知っているふりをして実際には行動もしていませんし、理解もしていません。

ただバカみたいにひたすらブログ記事を書いては、いつかきっとブログで稼げてお金持ちになれる!と思い込んでいます。

キーワード選定もタイトル名も検索されないめちゃくちゃな方法で、運が悪い以前に知識がありません。

知識がなければ勉強すればいいだけなのに、その勉強方法も知らないんですよね…。

だからほとんどの人は途中からブログで稼ぐことやネットビジネスで稼ぐことを諦めるのですが、いつまでも同じことを繰り返していても一生ブログで稼ぐことはできません。

ブログで稼ぐ方法は日々変化している!

ブログで稼ぐ方法

ブログで稼ぐ方法には安定的な方法なんてありません。

そんな方法があるのならとっくにネットビジネスは崩壊していることでしょう。

何事も安定するビジネスなんてありませんが、ブログ収入は最終的には安定して稼げると思い込んでいる人が多いのが現実なんです。

安定するブログ収入なんてありませんよ?

ブログで稼ぐ方法は日々変化していますし、進化もしています。これに気がついている人だけがこれからもブログ収入を得ることができますが、そういう方法は誰も教えてくれません。

自分自身の力で見つけていくしかないんです。

そのブログで稼ぐ方法を見つけるのも80%は「運」かもしれませんね。

世の中の80%は運で決まります!

こちらの記事もどうぞ!

👉萩本欽一の運から学ぶ!人のブログやサイトを見てはいけない真意とは?

kintyan萩本欽一の運から学ぶ!人のブログやサイトを見てはいけない真意とは?
運がいいというお笑い芸人の大御所の欽ちゃんこと萩本欽一さんが某テレビ番組でこんなことを言っていました。 「ライバルのテレ...

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。