30代の男性独身にありがちな「貯金ゼロ」の本当は怖い人生の話

30dai

30代の男性独身にありがちな「貯金ゼロ」の、本当は怖い人生の話をします。

今の時代では、別に30代、40代独身でも珍しいことではありません。

男性はとくに結婚観について、あまり深く関心を持つものが少なくなっているのが現状。

わたし自身も今現在は30代男性独身ですからね。1度は結婚したものの、離婚をして独身の人もいるでしょう。

そういう人も含めて、例え30代男性独身でも「貯金ゼロ」はかなり危険。

借金地獄なんてもってのほかです。

スポンサーリンク

30代の男性独身にありがちな「 貯金ゼロ」の人の特徴

30代になっても貯金がゼロの独身男性は、20代の間に「お金の勉強をしてこなかった代償」でしょう。

好きなことに使って、好きなだけお金を散在する。

欲求のおもむくままに使ってきた20代のつけが、30代で苦労している人は多いはず。

「もっとお金の勉強をしておけばよかった!」と悔やんでも後の祭り。

そんな人は30代に突入しても、お金の勉強をしません。

貯金ゼロの思考は危険

貯金ゼロ、もしくは借金を抱えている人の思考は目の前の小さな利益に弱いもの。

この仕事をすれば、月収30万円以上を稼げると言われるとすぐさまその仕事に飛びつきます。

たとえ、その会社がブラック企業だとしても関係ありません。

今までの人生で後先考えずに行動してきたから、今現在このような「貯金ゼロ人生」になっていることを全く理解していないのです。

本当に口だけは達者

こういう貯金ゼロの30代男性独身の特徴としては、本当に口だけは達者です。

偉そうに能書きは垂れるものの、実際の行動が伴なっていません。

何かを継続するのにも中途半端になりがちですし、ちょっと辛いことがあると「無理に頑張っても鬱病になるだけだ!」とかいって自分の甘さを正当化します。

こんな思考では、何をしてもうまくいきませんし、気づいた頃にはかなり痛い40代、50代になっているでしょう。

つらい現実からすぐに逃げる

30代男性独身の貯金ゼロの特徴として、つらい現実からすぐに逃げる癖があります。

当の本人は気がついていないこと大半。

つらい現実から逃げた先は、もっとつらい現実が待っていることを知りません。逃げれば逃げるほど、人生はつらくなっていくもの。

精神的にも肉体的にも元気な30代のうちに気がつくべきですね。

30代の男性独身にありがちな「貯金ゼロ」の本当は怖い人生の話のまとめ

30代は人生のターニングポイントがたくさんある年代ともいわれています。

確かに私の30代もかなりのターニングポイントがありました。

このブログ運営も30代で始めましたし、ネットビジネスで稼ぐことができたのも30代です。

30代は人生の種まき期ともいいますので、本当のこれからの人生はこの30代で決まるといっても過言ではないでしょう。

ブログを1年間継続すると自分で決めたのなら、何があっても継続するべきです。

たった1年間を無理してブログを継続したくらいで、鬱病なんかになりません。30代男性独身で貯金ゼロの人は、もっと人生に危機感を持つべき。

「最終的には生活保護をもらえばいいや!」というような思考では一生底辺人生確定です。

それでもいいというのなら別に構いませんが、そんなクズ人間に税金を払いたくないと思うのは私だけではないはず。

もっと自分の人生と、自分で決めた目標くらいは何が何でも達成させましょう。

所詮、クズはクズと言われない人生を歩みたいものです

👉人生のターニングポイントは眠い?意味から考えるポイント3選

ターニングポイント人生のターニングポイントは眠い?意味から考えるポイント3選
人生のターニングポイント(分岐点)はとにかく眠いんです。 ターニングポイントという意味は、人生における重大な分かれ道という...

30代の男性独身にありがちな「貯金ゼロ」の本当は怖い人生の話を最後まで読んで頂きありがとうございます。