孤独な人生で地道な作業に耐えられる人間になるためのちょっといい話

ブログ運営やサイト作りの成功の秘訣は、孤独な人生で地道な作業に耐えられる人間になれるかどうかで、ほぼ収益化は決まります。

もちろん、細かいテクニックや継続は大切ですが大まかな部分では、いかに「孤独」に耐えられるかということ。

ほとんどの人達は孤独が嫌いですし、孤独から逃れたいと思っています。

私自身も孤独は怖いですし、つまらないのですが自分自身の夢実現のためにも「孤独力」は必要不可欠。その孤独力を身につけるためにも日々こうしてブログ記事を毎日更新しています。

孤独な人生で地道な作業に耐えられる人間になるためには、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

スポンサーリンク

孤独な人生で地道な作業に耐えられる人間になるために

確かに孤独な人生はつまらないですし、理由もないのに何かに恐れてしまいます。

基本的にブログ運営は孤独な作業の繰り返し。その孤独が耐えられずに、ブログサロンやブログ仲間を求めてはコミュニティに参加したりする人もいます。

そのような目的でブログサロン等に入会するのはいいのですが、ブログ収益を求めているのならまた別の話です。

どちらにしても、ブログ運営で収入を得るためには記事を書き続けなければなりません。慣れてきたら外注などを利用しての運営もアリですが、それでも地道な作業は続きます。

孤独な人生で地道な作業に耐えるためには結局のところ、記事を量産していくしかないということですね。

孤独な人生が別に悪い人生とは限らない

孤独な人生が何やら悪い人生と思いがちですが、あながち孤独な人生も悪くありません。

余計な気を使っては、寂しさを埋めるだけのつまらない人間関係に疲弊している人生ならば、孤独な人生の方がマシです。

それでも孤独な人生に耐えられずに、地道な作業から逃れようとする人はいますが、まずは孤独な人生を徹底的に味わうことが大切。

とりあえず、約5年間くらいは孤独な人生で地道な作業をしてはどうでしょうか。

「5年間も孤独な作業は耐えられない!」と嘆きたくなる人もいるでしょう。

そんな人はこのスキルアップBLOGをたまに訪問しては、少しだけモチベーションアップに役立てて下さい。このブログサイトは私が生きている限り(気が変わらない限り)、毎日更新していますので。

ブログやサイト運営は孤独な作業の繰り返し

なんだかんだいっても、ブログやサイト運営は孤独な作業の繰り返しです。

ひたすら文字を打っては、文章を構築していきます。書き上げたら、数回読み直しては推敲(文章を練る)していきます。

本当に地道な作業の繰り返しで、答えはすぐに出てきません。むしろ、答えなどないのかもしれません。

「かもしれません」なので、あるのかもしれませんが、正しい答えを求めるためには、やはり孤独な作業を繰り返していかなければならないのです。

孤独な人生を楽しむ方向に持っていければ、それに越したことはありません。

地道な作業を繰り返しながら、孤独な人生を楽しむ方法を自分なりに模索していきましょう。

孤独な人生で地道な作業に耐えられる人間になるためのちょっといい話のまとめ

極論をいえば、人間は誰しも孤独な人生と地道な作業の繰り返しで終わります。

だからといって、「投げやりになる」とはまた違います。基本的には孤独な人生をいかに楽しむかが大切。

孤独を埋めるために新たな人間関係を構築することも大事ですが、孤独を埋める人間関係があっても、またそれはそれで別の問題が生じてくるのは否めません。

人間は1人では生きていけませんが、生きていくためには孤独な作業は必要不可欠。

このさじ加減がまた絶妙に難しいのですが、あまり深く考えずにとにかく目の前にある地道な作業を繰り返しながら、孤独な人生を歩んでいきたいものですね。

孤独な人生で地道な作業にどうしても耐えられない人はこのブログサイトにコメントをして頂ければ、必ず返信します。質問等も気軽にどうぞ!

あわせて読みたい!

👉孤独に生きることで耐える強い人になれる!歩め悪をなさず求めるところは少なく林の中の象のように

孤独に生きることで耐える強い人になれる!歩め悪をなさず求めるところは少なく林の中の象のように
孤独に生きることで、孤独に耐える強い人になることができます。 「歩め悪をなさず求めるところは少なく林の中の象のように」 ...

👉孤独が好きな人は人を強くする!つらい環境が一流の男を作る理由とは?

孤独が好きな人は人を強くする!つらい環境が一流の男を作る理由とは?
孤独が好きな人はいます。一流の男になるためには、孤独が好きな人にならなければならないんです。 孤独というのは一見つらい環...

孤独な人生で地道な作業に耐えられる人間になるためのちょっといい話を最後まで読んで頂きありがとうございます。