引き寄せの法則の成功体験で人間関係や仕事も98%うまくいく話

諦めない心で

引き寄せの法則の成功体験で、人生においての人間関係や仕事は98%うまくいきます。

※残りの2%は運の要素が強いです

ちなみに「引き寄せの法則」というのは、簡単にいいますと「自分の心の中で純粋に思っていることがそのまま引き寄せられてくる」ということ。

精神論とかスピリチュアル的な話になりがちですが、人生において成功するかはこういう話も意外とバカにはできません。

最終的には、精神面が強い人が生き残れる時代になりつつありますからね。

スポンサーリンク

引き寄せの法則の成功体験を増やす方法

引き寄せの法則で、人間関係も仕事もうまくいけば楽しい人生になるのは間違いないです。

人生においての悩みの98%は「人間関係と仕事」。

他にも恋愛やお金の問題もありますが、突き詰めれば人間関係と仕事になります。

小さな成功体験をバカにしない

どんな分野であっても、いきなり大きな成功体験はなかなかできません。

まずは小さな成功体験から積み重ねていきます。引き寄せの法則で小さな成功体験をドンドンと体験していけば、気がつくと人生は豊かになっています。

そんな感じで、人生を歩んでいけばいいんです。

複雑に考えすぎて、人生を停滞させるほど時間がもったいないことはありません。

本当に小さなことでもいいので、成功体験を楽しんでいきましょう。

例えば、ブログ始めるのなら、まずはブログの初記事を書く(文字数は気にせず)の成功体験をしましょう。

成功体験というと大げさに感じますが、それでも充分に成功体験。要は、引き寄せの法則で成功体験を積み重ねていくことが大切ということですね。

感謝しつつ、謙虚に生きる

常に感謝していくことは難しいですが、謙虚に生きていくとあまり調子にのりません。

成功体験でたまには調子にのるのもいいですが、やはり長期的に成功体験を積み重ねるためには謙虚な心は必要不可欠。

感謝は口に出す方がいいですが、心の中で手を合わせるだけでも構いません。

仕事先の人間関係でイライラしても、感謝できることを探しつつ、全くなければないでそれも勉強です。

謙虚な心で接すれば、つまらないことでイライラすることもなくなります。

そんな感じの引き寄せの法則で、人間関係を対処する成功体験を積み重ねていきましょう。

1度や2度の失敗で挫けない

生きていれば、1度や2度の失敗は必ずします。

それ以上の失敗も体験しますが、大切なのは失敗後の行動です。例えば、ブログを毎日更新すると決めても、人間ですから毎日更新できないときもあります。

それを失敗と感じるかは人それぞれですが、別に毎日更新できなくても失敗ではありません。

ブログで失敗というものはほとんどありませんが、あえて失敗があるとすれば、ブログを完全に辞めてしまうこと。

せっかく今までブログを更新してきたのに、1回や2回の更新が途絶えたくらいで辞めてしまうのは本当にもったいないですよ。

人生はそんなに長くはありません。

何のためにブログをするかにもよりますが、そういう体験こそがオリジナルの記事となり、同じような人たちに向けてメッセージを発信できるということを忘れないで下さいね。

そんな感じで、引き寄せの法則で失敗体験を成功体験に変えていくのもまたアリです!

引き寄せの法則の成功体験で人間関係や仕事も98%うまくいく話のまとめ

諦めない心

生きていれば、本当に何が起こるかわかりませんし、途中で諦めたくなることもたくさんあります。

それでも、引き寄せの法則で成功体験を積み重ねていけば、人生は徐々に変わっていくもの。

人間関係や仕事も順調に進みますし、また悩みごとが増えても余裕を持って対処できます。無理矢理でもいいので、そういう気持ちでいることが大切なんです。

それが引き寄せの法則で成功体験を得ていく秘訣でもあり、そうすることによって私自身は98%の確率で人生はうまくいっています。

難しく考えないで、引き寄せの法則で成功体験を積み重ねていきましょう!

👉座右の銘「塵も積もれば山となる」で成功するために必要な3つの心構え

座右の銘塵も積もれば山となる座右の銘「塵も積もれば山となる」で成功するために必要な3つの心構え
座右の銘として、「塵も積もれば山となる」ということわざは、成功するためによく使われる言葉の1つ。 しかし、塵も積もれば山と...

👉人生で失敗した人が成功するために必要なたった5つの大切なこと

人生で失敗人生で失敗した人が成功するために必要なたった5つの大切なこと
人生で失敗した人が成功するために必要なことは実はそんなにありません。 そもそも人生で失敗というものはつきものなので、成功...

引き寄せの法則の成功体験で人間関係や仕事も98%うまくいく話を最後まで読んで頂きありがとうございます。