孤独感と劣等感と疎外感は30歳から日に日に強くなっていくことを理解するために

人生において大半の人達は30歳くらいから孤独感、劣等感や疎外感が日に日に強くなっていくことも。

もちろん、そのようなことがない30歳もいますが、やはり生きれば生きるほど孤独感はあります。

劣等感や疎外感もありますし、それが原因でうつ病になる人もいることでしょう。だからといって必ずしも孤独感などがダメということではありません。

確かに孤独は人を死に至らすケースもありますし、ある意味では最悪の病原体ともいえます。

スポンサーリンク

適度な孤独は人生を楽しむ上では必要不可欠

別に孤独が悪いということではないのですが、あまりにも孤独死が増えている世の中。

過去に比べても未婚者が多いというのもありますが、ニュースでは連日のように孤独死報道があります。連日は少し言い過ぎかもしれませんが、知らないだけで今この瞬間も孤独死が起きているのも事実。

けれども、適度な孤独は人生を楽しむ上では必要不可欠なのも事実。

1人はいいけれど孤独はイヤという人は多いもの。私もその1人ですが、自分自身にとっての楽しい孤独な時間を活用していきたいものです。

劣等感は逆手に持つこと

私の大好きなミスチルのシーソーゲームという曲ではないのですが、劣等感は逆手に持つことが大切。

劣等感を持つことで向上していく気持ちを常に維持していくということ。

確かに劣等感があるとなかなか前に進めない時もあるでしょう。けれども、人間は誰しも劣等感を抱えているものですし、それが悪いことではありませんからね。

良い面や悪い面も理解しては自分らしい生き方を模索していきましょう。

疎外感は時には仕方のないこと

疎外感を感じることも生きていればよくあること。

時には仕方のないことと理解してはあまり深く考えないように過ごしたいもの。孤独以上に何となく辛い感じのする疎外感ですが、これもまた成長の糧だと思うことが大切。

あまり我慢する必要はないですし、辛い時は素直に辛いといえる環境を持つことが大切。

人生において頼れる人が1人でもいると全然安心感が違いますからね。だからこそ、疎外感を持ったらすぐさま頼れる人の近くにいきたいものです。

孤独感と劣等感と疎外感は30歳から日に日に強くなっていくことを理解するためにのまとめ

孤独感を持つは人生おいて大事なことですが、孤独だけでは人生を楽しめません。

何ごともバランスが大切ですし、やはり人との繋がりは常に持っておきたいもの。多少はウザく感じても繋がっていないと人間はダメということ。

孤独と騒がしい環境の中を行ったり来たりするのが楽しい人生においての理想ですね。

そのためにも今何をするべきかを考えては、楽しい人生を送るために考えていきたいもの。30歳からはまた10代、20代とは違い人生は待っています。もちろん、30代以降も同じこと。

常に楽しい人生を送るためにも、孤独に対する本当の理解を持ち続けていきたいものです。

孤独感で苦しいのならば迷わず人と繋がりにいきましょう!ネット上でも構いません!

あわせて読みたい!

👉孤独が好きな人は人を強くする!つらい環境が一流の男を作る理由とは?

孤独が好きな人は人を強くする!つらい環境が一流の男を作る理由とは?
孤独が好きな人はいます。一流の男になるためには、孤独が好きな人にならなければならないんです。 孤独というのは一見つらい環...

👉孤独で寂しい時に少しだけ「楽」になれる方法を3つだけ簡単に考えてみた

孤独で寂しい時に少しだけ「楽」になれる方法を3つだけ簡単に考えてみた
長い人生を生きていれば、孤独で寂しい時は誰にでもあること。 別に孤独で寂しいからといって、ネガティブな気持ちになる必要も...

孤独感と劣等感と疎外感は30歳から日に日に強くなっていくことを理解するためにを最後まで読んで頂きありがとうございます。