萩本欽一の運から学ぶ!人のブログやサイトを見てはいけない真意とは?

kintyan

運がいいというお笑い芸人の大御所の欽ちゃんこと萩本欽一さんが某テレビ番組でこんなことを言っていました。

「ライバルのテレビ番組や芸風を見てはいけないよ。だって面白い芸人がたくさんいるからどうしても真似をしてしまうんだよね」

スポンサーリンク

真似るとパクるは違う

成功者のしていることや勉強になるものはドンドンと真似をして吸収することは大切なことですよね。

これは芸人だけではなく、ブロガーやアフィリエイターにもいえることです。しかし、人のブログやサイトをパクってはいけません。

最近というよりは昔から他人のサイトをパクって楽をしようとする輩がいますが、本当に情けなすぎて目も当てられません。そういう人はネットの世界に限らず、どこの世界でも他人の二番煎じでしか生きられないハイエナ同然の人生しか歩めない可哀想な人です。

成功者の考えを真似たり、それを吸収して自分の中で新たなものを生み出すのが成長や気づきの王道ですが、どうやら勘違いをしている人もちらほらいるのが現状ですね。

視聴率100%男と言われた時代

当時の萩本さんが出ていた主な3つの番組の視聴率を合わせると100%となったので視聴率100%と言われるようになりました。

今も昔もテレビでは視聴率、視聴率と言われていますがネットビジネスではアクセス数のことですよね。テレビもネットビジネスも集客が多ければ多いほどお金がたくさん入る仕組みが作れます。

テレビ番組がサイトやブログで視聴率がアクセス数です。そこに流れるテレビCMがブログやサイトではアドセンス広告やASP広告になります。

どちらの形態も結局は中身のあるものでないとお客さんは集まらないし、見ないということです。そういう意味では萩本欽一さんの出ている番組はネットビジネスでいうと常に上位表示をキープしている最強ドメインだったということですね。

なぜ人のサイトを見てはいけないのか?

ある程度のネット収入が入ってくると人はやっぱり調子に乗ってしまいます。

そこで調子にのらずにさらなる成長のために突き進んでいく人はこれからもドンドンと成功していきますが、大半の人はそこで満足して後は堕ちていくのみでしょう。

お笑い界で常にトップクラスを突き進んでいる萩本さんも74歳(2015年11月現在)でも大学生として勉強していますからね。本当に人生は死ぬまで勉強です。

そんな萩本さんがいうにはコント55号で成功していた時もライバルの存在はあえて意識しないようにしていたそうです。当時のライバルといえば、ザ・ドリフターズですがそんなに敵対視していなかったようです。

それどころか加藤茶さんとは仲が良くて一緒にご飯を食べていた仲だったのですが芸風やドリフコントは一切見なかったみたいですね。

ネットビジネスの世界も実際に会ったり、SNSで交流を深めたりして仲が良くなるときもありますが、あえてその人のサイト運営法や収益を知らない方がいい場合もありますね。やっぱりどこの世界にも上には上がいます。

自分が一番だと思っていても自分より稼いでいる人はたくさんいますし、面白いブログや素晴らしいサイトを運営している人は山ほどいます。

それを見てしまうと意識していなくても良いものは無意識に真似をしてしまうので、それでオリジナリティが失われるのはもったいないですよね。萩本さんもそういうことになることを恐れてあえて他の芸人さんの番組や芸風をシャットアウトしたのです。

まとめ

たまたま見ていたテレビ番組で萩本さんの芸人人生を詳しく知ることができましたが、ネットビジネスにも通じるものがあってとても勉強になりました。

確かに凄い人のブログやサイトを見るとモチベーションが上がることもあるし、下がることもありますよね。

とくに初心者の間は右も左もわからない世界なのでつい人のブログやサイトを見て感動したり、ライバル視してしまいがちですが一番大切なのは自分にしか書けないブログやサイトを作っていくことです。

一時的に稼ぎたいのであればそこまで考える必要はありませんが、それを資産として考えているのならばやはりオリジナリティは大切です。

萩本さんが今でも現役で存在しているのは常に勉強と成長を意識し、その時代に合った生き方をしているからですね。私も萩本さんのような考え方を見習いながらこれからもネットビジネスの世界を突き進んでいきたいと思う今日この頃です。

丸パクりは絶対にしないでね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
10年後その仕事を続けたら成功者になっていますか?