金川塾の塾生一万人目標達成に向けての重点とは?

4cb2feb00ddd9cc916e38a23856236ac_s
スポンサーリンク

まず既存のメンバーを満足させる

一万人達成という目標を達成するためにはまず目の前にいる人達を満足させなければなりません。

既存のメンバーが満足していないのに新規のメンバーが入ってくるわけがありませんよね。

とにかく既存のメンバーをしっかりと育てていければあとは勝手に派生していきます。

そうはいってもなかなか簡単にはできることではありませんし、人間というのは弱い生き物なので目標を掲げてもほとんどの人達はやり続けることはできません。

何かしらの都合の良い理由を見つけては、つらい現実から逃亡するために目標達成の夢をあきらめます。

途中で病気になったり、事故にあっても物理的に不可能でない限りやり続けていきましょう!

人生というものは長いようで短いです。

その目標達成が厳しいからと言っていつまでも逃げていては一生中途半端な人生の繰り返しです。私は目標達成していく過程の辛さよりも、それを諦めたあとの人生の方が辛いので悔いがなくなるまでとことんやり続けていきたいですね。

参考記事
10年後その仕事を続けたら成功者になっていますか?

100人育てればあとは勝手に集まってくる

100人自分の分身を育てていければあとは勝手に集まっていきます。

既存のメンバーを大切にして満足させることができれば新規のメンバーは口コミや評判を聞いて雪だるま式に人が自分の元に集まってくるでしょう!!

もちろん100人の大勢の人達全員を満足させることは至難の業ですが、一人一人の塾生と向き合って対話していければ必ず達成できます。

口に出して宣言することでとにかくやろう!と言う気持ちにもなりますし、達成できればそれが自信にも実績にもなり、何よりも成功するために必要な忍耐力と継続力が身に付きますね。

努力や頑張っている姿は別に人に見せるものではありません。

努力している俺を見てほしい!とかこんなに頑張っているのだから!とかはハッキリ言って小学生までの話です。

成功者の世界の思考では努力することは当たり前のことですし、いちいち頑張っている姿をさらけ出して同情をもらうような行動は絶対にしません。

そもそもそういう低レベルな思考になりませんし、むしろいつまでもそういう思考ならばいつまで経っても成功者にはなれないということですね。

何があっても成功するまで諦めない

結局いきつくさきは成功するまでやり続けるしかありませんね。

小手先のテクニックや単発的な結果しか生み出さないノウハウなどはこの際一切無視をして正しいやり方で量をこなしていくしか成功の道はありません。

泥臭くても、格好が悪くても、ドンドンとやり続けていくことで見えてくることがあります。それは言葉では決して言い表せない神秘的な感情です。

成功できない思考の人の質問はほとんど同じような内容です。

例えば、どうすれば稼げるようになれますか?とか本当に成功できますか?とかこの塾に入れば絶対に稼げますか?などです。

成功できない人に共通することは他者依存です。

その人が自分を成功へと導いてくれるから大丈夫だ!と勝手な妄想を膨らましては自分自身で何かを得ようとか考えようと全くしなければ絶対に稼げることができませんし、成功できません。

そういう習慣で今まで生きてきてしまったのならまずはその習慣から変えなければなりませんね。

そのためにはやはり一人では習慣を変えていくことは難しいので、その悪習慣を変える意味でも塾が必要な人は塾に入るべきです。

けれどもここで勘違いしてほしくないことは塾に入ったからといって絶対に稼げるようなことや成功することはないということです。

あくまでも稼ぎ続けていくのは自分自身であり、自分次第です。

自分の人生は自分でしか作っていけないのでいつまでも他人がなんとかしてくれるだろうという甘えは今後一切持たないようにしていきましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
会社にいればいるほど損をする人生になる理由とは?