セミナー集客をどのようにしてネットとリアルをどう組み合わせるのか?

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s
スポンサーリンク

入り口はネットで出口はリアル

集客をするのには大きく分けて二通りしかありません。ネット(SNS等)かリアル(交流会等)です。とにかくリアルでは自分の存在をうまくアピールしていくのが得策ですがなかなか全員が全員そんなアクティブに行動はしにくいと思います。

ほとんどの人達は恥ずかしがり屋なので最初のうちはリアルでそこまで行動できる人は稀ですね。

面白いことにこれがネットとなると途端に行動的になる人が現れます。2ちゃんねるの書き込みを見ても分かるとおりに人は顔をさらさなければ恥ずかしいという感情が薄くなります。

その人の本性が現れるというのでしょうか、ときどき人間の本質というものが怖くなるときがあります。その本質を上手に使いこなせば集客にドンドン使えます。ネットは何億人という人たちに発信できるツールなので、有名人でもリアルではなかなかできることではありません。

ネット環境があれば個人でもそれが可能なので本当に今の時代はビジネスがしやすい時代に突入したものです。

ネットで集客したら必ずリアルに繋げるのがポイントですね。

対面・動画・音声・文書の順で影響力は強い

やはり人に影響力を与えるには対面で伝えることが一番強いですね。

音楽に例えるなら対面はライブです。やっぱりライブは生なので迫力や伝わり方がストレートに伝わりますし、伝えやすいですね。

次に動画は音楽DVDです。音楽DVDは好きなときに部屋などでライブが見れて、何回も繰り返して見れるところが良いですがやはり生ライブには勝てません。

音声は手軽にどこでも音楽再生プレイヤーがあれば聞くことができますが伝わりにくいものです。

文章となると自分の感じ方次第で伝わることが決まってしまいますので余程のコピーライティング能力がないと自分の伝えたいことは伝わりにくいものですね。

こう並べるとやっぱり対面が一番ですが、対面で教えたり、伝えることが一番難しくて、面倒くさいのでほとんどの人達はやりません。この差を埋めるか埋めないかで成功する人は成功するのだと思いますね。

まずは一対一から始めてみる

いきなり大勢の前でセミナーをするのは成長も早いですが人によっては挫折感が半端ないと思うのでまずは友達でも知り合いでもいいので一対一で教える練習をするのがいいですね。

とにかく量をこなさなければ上達しないのでできる限り数を積むことです。質は気にしなくてもいいのでまずは量をこなしていくことが大切です。

やればやるほど質は自然に高まっていきますのでとにかくインプットしたことを人に教えていきましょう!

何回か教えていくうちに同じことを毎回言っている自分に気が付きますがそれでもドンドン教えていきましょう。それに気づいたということは相当な量をこなしている証拠でもあるので成功の道はかなり近いと思います。

一対一の次は三人、四人と数を増やしていき徐々に数に慣れていければ大勢の前でのセミナーもこなしていけることでしょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!
高額塾とは詐欺だと気づいて入塾するのを間一髪で回避できたときの話