読まれるブログの書き方を知りたい人へ!基本的にたった3つの方法しかない

ブログを始めたての人はとくに読まれるブログの書き方を知りたいもの。

私のブログサイトもお陰様で、毎日読まれるブログ記事がたくさんあります。そんな私が思うことは、基本的に読まれるブログの書き方はたった3つの方法しかないないということ。

何のためにブログを書くのかは人それぞれですが、やはりブログはたくさんの人に読まれたいですよね。

ブログを読まれるために必要な考え方と書き方を書いていきますので、参考がてらに読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

読まれるブログの書き方は難しく考えないこと

有名人でもない限り、一般人の個人ブログは余程のことがない限り読んで貰えません。

だからといって全く読んで貰えないことでもありません。読まれるブログの書き方をあまり難しく考えないことが大切。

基本的にはこの1つの考え方ですが、細かいことは以下の通り。

読まれるブログの書き方①できる限り毎日更新する

このブログサイトを見て頂ければわかりますが、私はブログを2年以上毎日更新しては書いています。

書くのが好きというのもありますが、なかなかブログ記事を毎日書ける人はいません。

実際にブログを開設して始めればわかりますが、本当に毎日更新は辛くて難しい。だからこそ、毎日書くことに意義があるのです。

口だけでは偉そうに語っても大半の人達は1年間も継続できません。

読まれるブログの書き方以前の問題ですが、とにかく読まれるブログを目指すのなら最低でも1年間は毎日書きましょう。

読まれるブログの書き方②つまらないネタでもとりあえず書く

ブログを毎日書くためにはブログネタが必須ですが、毎日おもしろいブログ記事など書けません。

だからこそ、つまらないネタでもとりあえず書いていくのです。もしかしたら、つまらないと思っていたブログ記事がある日を境にアクセスが爆発するかもしれません。

どちらにしても書かなくては可能性は0。

つまらないネタと思って書くブログは基本的につまらないものですが、それでも後から修正は可能なのでとりあえず書いていきましょう。

読まれるブログの書き方③タイトルの答えを冒頭に書く

ブログというのは答えを探し求めている人が大半なので、できる限りタイトルの答えを冒頭に書きたいもの。

最初に答えを書くとすぐに離脱されそうと思いがちですが、そうとも限らないのがブログの面白いところ。

できるだけ最後まで読まれるために答えを最後まで引っ張るブログもありますが、実は逆効果でもあります。

もちろん、最後まで読ませられる文章力があれば問題はありません。

読まれるブログの書き方を知りたい人へ!基本的にたった3つの方法しかないのまとめ

  1. できる限り毎日更新する
  2. つまらないネタでもとりあえず書く
  3. タイトルの答えを冒頭に書く

読まれるブログの書き方は、このように難しく考えないことが大切。

できる限り毎日更新をし、つまらないネタでもとりあえず書いてはタイトルの答えを冒頭に書く。そして、長文よりも1500~2000文字程度が適切で読まれやすいでしょう。

基本的にこれだけの考え方でブログを書いていくと、読まれるブログサイトに成長していきます。

もちろん試行錯誤は大切ですし、日々勉強と時代のニーズを知ることは必須。

とにかく読まれるブログの書き方は、天才的な文章力や小難しいSEO知識などは要らないということです。

読まれるブログの書き方よりも毎日ブログを書く方法の方が数倍難しいです!

あわせて読みたい!

👉読まれないブログがたった3分間の勉強で読まれる記事になる書き方

読まれないブログがたった3分間の勉強で読まれる記事になる書き方
世の中にあるブログには、読まれないブログと読まれるブログしかありません。 今現在ブログを書いている人で全く記事が読まれな...

👉読まれるブログを書くには書き方よりも要点を絞って9割はタイトル重視な話

読まれるブログを書くには書き方よりも要点を絞って9割はタイトル重視な話
どうせなら読まれないブログよりも、読まれるブログを書きたいもの。 読まれるブログを書くには、書き方よりも要点を絞って9割は...

読まれるブログの書き方を知りたい人へ!基本的にたった3つの方法しかないを最後まで読んで頂きありがとうございます。