読まれないブログがたった3分間の勉強で読まれる記事になる書き方

読まれないブログ

世の中にあるブログには、読まれないブログ読まれるブログしかありません。

今現在ブログを書いている人で全く記事が読まれない人や、1日のアクセス数が平均3000以下の人は必見です。

このブログ記事に辿りついた人は本当にラッキーですよ。

読まれないブログがたった3分間の勉強で読まれる記事になる書き方を伝授します!
スポンサーリンク

読まれないブログの誰も知らない本当の原因

読まれないブログの本当の原因は、そのブログ記事に需要がないからです。

もう本当にコレにつきますし、読まれないブログは読んでも本当につまらない内容が多いもの。

当の本人は、力作だとか我ながらよく書いた!と感じていますが、ブログは自己満足の世界では読まれないブログになるだけです。

ターゲットが誰かわからない

読まれないブログの原因によくあるのが、ターゲットが誰かわからないこともよくあります。

全員に好かれることが不可能であるように、ブログの世界も全員に読まれるブログなんて書けません。

男だけ、女だけとか、さらにもっとターゲットを絞って、20代の男性フリーター、30代の女性ブロガーなどなど。

このブログスキルアップBLOGなら、ブログを書いている人やブログで人生を変えたい人をターゲットにして書いています。

誰でも構わず、とりあえず不特定多数の人に読んでほしいと思ってブログを書いていると、全く誰からも読まれないブログの出来上がりです。

ブログ更新のためのブログ記事を書いている

これは初心者ブロガーや、ブログネタが尽きた素人ブロガーによくありがちなこと。

とにかくブログを毎日更新すれば読まれるブログになると思い込んでいるので、質を気にせずにブログ更新のためのブログ記事を書いています。

確かにブログは毎日更新しないよりも、した方が読まれる確率は増えます。

しかし、読まれないブログは毎日更新しても読まれません。

ブログの毎日更新をブラック企業の社畜ノルマみたいな感じで書いている人は、いずれブログに壊されます。

長年勤めていたブラック企業で心が壊されて、人生が停滞すると同じような人生を歩みます。

そうならないためにも、ブログ更新のためのブログ記事は辞めておきましょう。

オリジナルの発想が全くない

読まれないブログによくあるのが、オリジナル要素が全くないブログ内容。

タイトルの決め方、見出しの書き方、本文内容もどこか似たような感じで全くオリジナル要素がありません。

文章力があるならともかくですが、画像もほとんど使用していません。誤字脱字も多いし、句読点の使い方も小学生レベルでは読まれないのは当然。

ブログ内容もYahoo!ニュースをチラッと読んだ感じで、誰でも書ける内容プラス誤情報が多いのも特徴ですね。

オリジナルのブログ記事を勘違いして、誰の役にも立たないつまらない体験記事を書いている人もたまにいます。

ターゲットの話にも戻りますが、その記事は一体誰に向けて書いているのでしょうか。

読まれないブログがたった3分間の勉強で読まれる記事になる書き方のまとめ

読まれないブログがたった3分間の勉強で読まれる記事になるかは、今後の考え方しだいです。

いつまでも、ネットにある情報だけでアクセス数が集まるほどブログの世界は甘くありません。

本気で読まれないブログを読まれるブログにするためには、行動力をもっと広げてオリジナル記事を書いていかなければなりません。

数百メートル先のコンビニでしか体験できないような、クソつまらない記事を書いても読まれません。

もちろん、天才的な文章力や切り口が面白い内容なら別ですよ。

そういう記事内容は、別にブログでなくても読まれますからね。

とにかく読まれないブログから脱却したければ、日々試行錯誤と行動力を広げたオリジナル記事内容が大切です。

ネットだけの情報だと視野が狭くなるだけですよ!

初心者のブログ作成でありがちな意味不明の書き方7選

Making初心者のブログ作成でありがちな意味不明の書き方7選
初心者の方がいざブログ作成を自己流で書くとなると、最初は当然ですがよくありがちな意味不明の書き方をしてしまいます。 私も...

読まれないブログがたった3分間の勉強で読まれる記事になる書き方を最後まで読んで頂きありがとうございます。