1日が早いと感じては怖いと思う人達にこれだけは伝えたい人生論とは?

大人になればなるほど1日が早いと感じる。

うん、うん、わかりますよ、その気持ち。確かに10代と比べれば1日はとてつもなく早く過ぎていきます。実際には同じ時間なのですが感覚は変化しています。

このままいけばあっという間に人生が終わるかも。そう考えると怖いと思いますが、そういう人達にこれだけは伝えたい人生論があります。

スポンサーリンク

1日が早いと感じては怖いと思う人へ

確かに年を取れば取るほど1日が早いと感じるもの。

原因は定かではありませんが、きっと人生経験値が豊富になってきたのでしょう。

だからといって、何も臆することはありません。ある意味では完全な大人になった証拠でもあるのです。1日が早いと感じるのは人生が充実していることでもありますからね。

けれども、少し焦る必要もあります。何となく1日が早く過ぎてしまうと本当にやりたいことがわからなくなります。

怖いからと言って現実逃避をしない

あまりにも怖い思いをすると現実逃避をしたくなります。

これは仕方のないことですが、怖いからと言って他人の人生などを傷つけてはいけません。ここはグッと気持ちを抑えては、これからの人生について考える時間を持つのです。

いつまでもつまらないことに時間を費やしている暇はありませんからね。

このようなことを考えるとある意味では1日が早いと感じるかもしません。それはそれで素晴らしい時間を過ごしたことになるので、そこまで落ち込む必要はありません。

要は自分自身にとって本当に大切な時間は何なのかを知ることが重要ということです。

1日単位ではなくて1年単位で人生を考える

1日が早いと感じる人は1年単位で人生を考えてみましょう。

そうすることによって、時間の感覚が少しずつ変わっていきます。私自身も1年単位で人生を考えた結果、今までとは違う素晴らしい時間を過ごせるようになりました。

言葉では言い表せにくいのですが、ぜひ人生を1年単位で考えてみて下さい。1日が早いと思うことはまずなくなります。

とりあえず、1年単位の簡単な計画評を立てましょう。本当に気軽な気持ちで簡単に計画するのです。

春はあの場所に行ってみたい、夏はあれを食べてみたい、秋は久しぶりに昔の友人に会いたい、冬は最高の温泉旅行に行きたいなどなど。

このように1年間のスケジュールを気軽に考えることが大切です。

1日が早いと感じては怖いと思う人達にこれだけは伝えたい人生論とは?のまとめ

1日が早いと感じる人にはブログを書くこともおすすめ。

後は上手い下手に関わらず、料理をするのもいいですね。簡単な味噌汁を作るのもいいですし、冬は粕汁(かすじる)なども最高。

私はよく粕汁を作るのですが、冬の寒い時期に食べる粕汁は1日が早いとかどうでもよくなります。

人生は本当に楽しんだもの勝ち。

早いからといって何も人生が終わるわけではありません。もっと人生を気楽に楽しみましょう。将来の不安もあるかもしれませんが、不安だらけの人生は本当につまらないだけ。

何をしても不安というのは付きまとってきます。

だからこそ、気にしないことが大切で大事なことはどうすれば人生が楽しくなるのかということ。

そろそろ、1日が早いと怖がるのは卒業しませんか。

早く過ぎることは何も悪いことだけではありませんよ!

あわせて読みたい!

「早く時間が過ぎる!」「1日が早い!」そんな人生なら充実している証拠かも?

「早く時間が過ぎる!」「1日が早い!」そんな人生なら充実している証拠かも?
長い人生を過ごしていると、「早く時間が過ぎる!」「1日が早い!」と感じる人もいるでしょう。 心配しなくても、そんな人生なら...

暇な人生で楽しくない暇な人間が人生を変えたいと感じたときの過ごし方

暇な人生で楽しくない暇な人間が人生を変えたいと感じたときの過ごし方
世の中には暇な人生で、毎日が楽しくない暇な人間もいるもの。 何かに成功しているわけでもないので、誰からも相手にされずに虚...

1日が早いと感じては怖いと思う人達にこれだけは伝えたい人生論とは?を最後まで読んで頂きありがとうございます。