貯金を増やすには方法や運用を教えてもらうよりもまず考えるべき3つのこと

貯金を増やすには様々な方法や運用はありますが、それらを教えてもらうよりもまず考えるべきことがあります。

ただ闇雲に貯金を増やしたいだけならば、残念ながら貯金を増やすことはかなり厳しいです。

そもそも、なぜ貯金を殖やしたいのでしょうか。

理由は人それぞれありますが、その多くは経済的に余裕を持ちたいからでしょう。貯金を増やすために運用本や成功者のノウハウを知るのもいいですが、大切なことは以下の通りです。

スポンサーリンク

貯金を増やすには方法や運用よりも大切なこと

冒頭でも少し書きましたが、貯金を殖やすには「なぜ貯金をしたいのか?」という明確な目的を持つことが大切。

貯金する目的は人それぞれですが、例えば「1000万円を貯金した経験値をつけたい!」でもいいでしょう。

①貯金をするからといって始めから頑張りすぎない

貯金をしようと意気込んだときの最初の方は、貯金に対する意識はとても強いもの。

けれども、人間は時間が経つにつれてその熱い意識も徐々に忘れていきます。だからこそ、定期的に貯金を増やす目的意識を思い出すのが大切。

そのきっかけがこういうブログ記事だったり、貯金するための目標を再確認することがおすすめ。

だからといって、始めから貯金することを頑張りすぎるのもよくありません。貯金に限らず、何ごとも頑張りすぎると継続できませんからね。

ブログ記事更新同様に貯金も継続が力なり。

ほどほどに頑張ることが本当に長続きする秘訣です。

②貯金成功後の人生をたまに想像する

目的もなく貯金に励むと長続きしません。

貯金を今よりも増やすためには、貯金成功後の人生をたまに想像してみましょう。頑張って貯金したお金で人生を楽しむことが何よりの励みになります。

その貯金で一体どんな人生を作り上げていくのでしょうか。

別に他人の目を気にする必要はありませんし、貯金額を自慢したり、披露する必要もありません。そのお金で自分自身や周りの家族が楽しくなればそれは大成功の貯金ですからね。

③貯金している過程もほどほどに楽しむ

貯金を増やすのに1番大切なことは、貯金している過程もほどほどに楽しむということ。

貯金達成額になるまでは質素で慎ましい生活をするのはまた違います。それはそれで貯金達成後に凄まじい解放感を味わいたいのなら別ですが、それ以外の目的ならば控えるのが無難。

人生は何が起こるかわかりませんし、貯金過程で息絶えることも充分にあり得る話ですからね。

そういう悲しい話はあまりしたくありませんが、現実はいつどこで終わるかは誰にもわからないということ。

だからこそ、貯金過程もほどほどに人生を楽しみましょう。我慢するだけで終わる人生ほど虚しいことはありません。

貯金を増やすには方法や運用を教えてもらうよりもまず考えるべき3つのことのまとめ

  • 貯金をするからといって始めから頑張りすぎない
  • 貯金成功後の人生をたまに想像する
  • 貯金している過程もほどほどに楽しむ

貯金を増やす方法はたくさんありますし、運用や投資もネットなどで検索すれば情報は無数にあります。

だからといって、それらの方法が正しいというわけではありませんし、自分自身の肌に合う方法は限られています。

何のために貯金を増やすのか。

将来や老後の不安解消のために貯金をする人は多いですが、そのような思考状態では貯金があっても不安はいつまでもなくならないのがオチ。

貯金も大切ですが、個人で稼ぐ方法を身に付けるのはもっと大事なことです。

貯金をしつつ、自分自身で稼ぐ力を身に付けることができれば、これからの時代はまさしく鬼に金棒。

貯金の方法や運用同様にそれらの情報も腐るほど溢れています。

まずは行動すること。面倒くさいと感じていても常に勉強と情報収集は大切です。こういう思考を保てることができれば、貯金を増やすことは案外簡単です。

自分の人生をより楽しくするために自分の人生に適した貯金をしていきましょう!

あわせて読みたい!

👉【お金を増やす方法】パチンコや競馬でおまじないしても9割の人が勝てない理由

【お金を増やす方法】パチンコや競馬でおまじないしても9割の人が勝てない理由
お金を増やす方法には様々なやり方がありますが、パチンコや競馬でおまじないしても9割の人は勝てませんし、お金は増えません。 ...

👉「収入が少ない」「貯金がない」「いい仕事がない」と考えた後にするべきこと3選

「収入が少ない」「貯金がない」「いい仕事がない」と考えた後にするべきこと3選
人生の中で、「収入が少ない」「貯金がない」「いい仕事がない」と、ないないづくしで考えた後にするべきことがあります。 いつ...

貯金を増やすには方法や運用を教えてもらうよりもまず考えるべき3つのことを最後まで読んで頂きありがとうございます。