頑張ればいいことある?頑張れば頑張るほど辛くなる原因からの人生対策

「頑張ればいいことある?」

頑張れば頑張るほど辛くなる人はこのように感じてしまうもの。

確かにどれだけ頑張っても報われないと人生そのものがイヤになっていきます。何をしても裏目に出ては努力が一向に実らない。

もちろん、頑張らない人よりは頑張る人の方がいいことはあります。

けれども、その頑張り方が問題なのです。

スポンサーリンク

頑張ればいいことあるのは高校生まで

私の自論としては頑張ればいいことあるのは高校生まで。

大まかにいえば学生時代まででしょう。社会人以降は頑張りが評価されることはほぼありません。

厳しいようですが世の中は結果が全てですかね。過程も大切ですが、どれだけ過程を頑張っていたとしても結果がなければ何も生まれません。

これは仕事上に関しての話ですが、どんな世界でも通じることですね。

頑張れば頑張るほど辛くなる原因とは?

頑張れば頑張るほど辛くなる原因とは頑張っても目に見えないのが遅いということ。

時と場合によっては早くなりますが、やはりトータル的には頑張りの結果はそれなりに時間が掛かります。

大半の人達は私も含めてせっかちなので結果を早く求めたがります。

だからこそ、頑張ってもすぐに結果が出ないので諦めてしまうのです。ブログ運営を例に挙げれば、ブログで稼ぐためにブログ記事を書いてもなかなかアクセスが集まらなくて稼げない。

ブログで稼ぐためには時間が掛かります。最低でも3ヶ月は必要ですし、1年以上も普通のこと。

あまりにも結果を早く求めすぎる人はブログで稼ぐことはおすすめできません。

それ以前にブログを書き続けることすらできないので稼げないのは当然ですが、必ずしも頑張ればいいことあるとは限らないのが原因ですね。

頑張ればいいことあると思い込む!何ごとも焦らないこと

確かに頑張ればいいことあるとは限りませんが、「頑張ればいいことある!」と思い込むことは大切。

行動を起こすために自分自身を奮い立たせるのはどんな分野でも必要です。

頑張ればいいことあると思い込むことで、人生は何とかなるもの。最終的には精神論で限界突破すればいいのです。

たった1度の人生を堕落で生きるか奮闘して生きるのかは個人の自由。

けれども、同じ生きるのならそれなりに頑張っては結果を残したいものです。そのためにも何ごとも焦らないこと。

頑張ればいいことあるとは限りませんが、結果を残している人は必ず頑張っている人ですからね。

頑張ればいいことある?頑張れば頑張るほど辛くなる原因からの人生対策のまとめ

頑張れば頑張るほど辛くなる人は「頑張ればいいことある?」とつい卑屈になってしまうもの。

確かに頑張っても報われないと辛いです。けれども、そこからどのように試行錯誤しては自分の頭で考えていくことが何よりも大切なこと。

他人の意見ばかりを参考にして頑張っても結果が出ないのは当然です。

やはり、他人と違う結果を残すためにはオリジナルの頑張り方が必須。そのためにもとにかく頑張るしかありません。

最初はガムシャラに頑張ることによって、最終的には効率のいい頑張り方を覚えていきます。

スタートラインから順調な人はそうそういませんし、それでは頑張ろうとしないのも事実。

人生において何を頑張るのかは人それぞれですが、死ぬ間際に後悔しない頑張りをしていきたいものですね。

あわせて読みたい!

👉頑張っても報われない、結果が出ない、評価されない人がしている無駄3選

頑張っても報われない、結果が出ない、評価されない人がしている無駄3選
どんなに頑張っても報われない、結果が出ない、評価されない人は、無駄なことをしすぎています。 例えば、ブログ収入を得たい人...

👉一生懸命頑張れば未来が変わるとは限らない!何をどれだけ集中するかが大切な話

一生懸命頑張れば未来が変わるとは限らない!何をどれだけ集中するかが大切な話
頑張れば報われるのは学生時代までの話。 今の時代は一生懸命頑張れば未来が変わるとは限りませんし、大切なことは「何をどれだ...

頑張ればいいことある?頑張れば頑張るほど辛くなる原因からの人生対策を最後まで読んで頂きありがとうございます。