職場の人間関係が辛すぎて会社を辞めたい人はブログで30万円を稼ぎませんか?

Human relations

職場の人間関係が辛すぎて今すぐにでも会社を辞めたい!と感じている人はたくさんいると思います。

実際にその仕事が辛くて辞めるよりも人間関係が辛くて辞める方がやっぱり多いですからね。

それでも生きていくためには働かなければなりませんが、何も今の時代のお金の稼ぎ方は会社等で働くだけではないですよ?

スポンサーリンク

職場の人間関係に疲れない働き方とは?

これは普通に考えれば正社員よりもアルバイトの方が人間関係の悩みやエネルギー消費度は全然違いますよね。

責任の大きさも違いますが、その分正社員はボーナスやその他もろもろの保険等が優遇されます。

もちろん契約社員やアルバイトでもボーナスや保険等もありますが条件は厳しいものがありますし、何よりも解雇されやすいのが現状ですよね。

時代は少しづつ変わり、今は正社員でも決して安定したとは言えない時代ですがそれでもやはり普通の思考ではまだまだ他人の会社で働いて給料をもらうのが当たり前というのが多いです。

個人の力でお金を稼ぐことができればもう会社等の煩わしい人間関係で悩むことはありませんよ?

ブログでお金を稼ぐとは?

インターネットが世に普及してネットビジネスの認知も過去に比べて浸透してきました。

それでもまだまだネットビジネスに対して胡散臭いイメージが拭えないのも現実ですが、ネットを使ってお金を稼いでいる人は年々増えています。

自分の周りにいる人たちも実は言っていないだけでブログやサイト運営などでお金を稼いでいても何ら不思議ではありません。

初心者の人はブログを書いてお金を稼ぐというのは、一見すると怪しくてお金がどこからやってくるのか想像もつきませんし、理解ができませんよね?

誰でも最初はそんな感じです。

私もそうでした。

それでもネットで調べたりそういう類の本を読んで実践していくうちに本当にネットでお金が稼げることに気づきます。

少しづつでも稼げるようになってきたら自分なりに試行錯誤して人と違うことを実践していく方が稼げるスピードも成長も早いですね。

まずはブログで1000円を稼ぐこと

いきなりブログで30万円を稼げる人は余程の天才か知識や経験も豊富でお金を大量に投資した人しか稼げません。

ちまたでよくある『1ヶ月で50万円達成!』とか『1日たった30分の作業で100万円!』などの甘い話は無視して下さいね。

ブログを正しいやり方で書き続ければ誰でもお金を稼ぐことはできますが、この正しいやり方という言葉の使い方が漠然としていて初心者にはいまいち何かが掴めないんです。

けれどもそれは当たり前のことです。本気で誰でも稼げる正しいやり方を教えるとそのやり方はもう稼げなくなっていきます。

ネットビジネス全般に言えることですが基本的な稼ぎ方はほぼ同じです。しかし人によって考え方もやり方も微妙に違ってくるから稼げる人と稼げない人が現れるのです。

この感覚を理解するにはもうとにかく試行錯誤して実践あるのみなんですよね。初心者の大半の人はネットビジネスを楽に稼げる仕事と思っているので実際に始めるとその辛さを目の当たりにして辞めていきます。

とにかく小さな目標を立てて余計な情報に流されず、それに向かって突き進んでいくことですね。

まとめ

burogu

もう本当に今の職場の人間関係が辛すぎて心が病みそうになっているのならまずブログでも書いて心の垢を取り除いていきましょう。

鬱病になって何もできなくなってしまったらそれこそ本末転倒ですよ。

新しいことを始めることは本当に勇気のいることですし、怖いことです。それでも今の現状から抜け出したいのであればネットビジネスはやり方によっては本当に人生が変わります。

知識不足で悪徳業者に騙されて、借金を背負ってしまうような違う意味での人生が変わらないように基礎的な部分はネットや本で学んで下さいね。

ネットビジネスは学歴や過去の黒歴史に関係なく誰にでも平等にチャンスが転がっています。

あとはやるか、やらないかだけです。

いつまでも指をくわえて、ただ稼いでいる人を羨ましがっているだけでは時間も人生自体がもったいないだけですよ。

そのためにもまずブログを3ヶ月毎日書いてみませんか?

参考記事

サラリーマンを辞める勇気がない人はとりあえず三ヶ月間ブログを書いてみるといい理由

自分の人生を変えられるのは自分の決断と行動だけです!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!

会社にいればいるほど損をする人生になる理由とは?

会社を辞める勇気がない人は会社の文句を言わない方がいい本当の理由

会社に勤めなくても収入を得る方法はたくさんあるのに大半の人は文句を言いながらも会社で働く理由とは?