はてなブログで収入を得る前に!初心者でもできる簡単な画像の貼り付け方と書き方

はてなブログ画像5

はてなブログで収入を得る前に、まずは正しいやり方でブログを作成していかなくてはなりません。

ブログにアクセスを集めるためには記事内容も大切ですが、それと同じくらい大切なのは記事内容に関連したアイキャッチ画像です。

アイキャッチ画像というのはブログ記事の冒頭にある画像のことです。このアイキャッチ画像があることによって、さらにブログが引き立ちます。

スポンサーリンク

初心者でもできる画像の貼り付け方

ブログに画像を貼り付ける方法は利用するブログサービス等で多少の違いはあります。

今回は無料ブログで人気の「はてなブログ」での初歩的な画像の貼り付け方を書いていきますね。

⑴「写真を投稿」の参照から画像を選択する

記事を書くのは、編集「見たまま」で書いていくのを前提とします。

はてなブログ画像

画像右上(赤まるで囲んでいるところ)で、「写真を投稿」から参照をクリックし、パソコンから画像を選択します。

⑵投稿をクリックして画像をアップロードする

はてなブログ画像2

投稿の左側にあるHatena Blog(privaはそのままで大丈夫です。

投稿をクリックすると以下の様な画面が数秒間続きます。

※パソコン環境によって速さは違います!

はてなブログ画像3

画像のアップロードが成功すると選択した画像がこのようになります。

はてなブログ画像4

⑶貼り付けたい場所を選ぶ

はてなブログ画像4

その画像を貼り付けたい場所にカーソルを合わせて、貼り付けたい画像をダブルクリックします。

はてな画像3

選択した画像を選んで、「選択した画像を貼り付け」からでも画像を貼り付けることもできます。

はてなブログ5
⑷画像を貼り付けてサイズを調整する

はてなブログ画像5

画像のサイズによっては大きすぎたり、小さくなりすぎたりします。

ドラッグ&ドロップ(マウスで引いたりする落としたりすること)で簡単に調整していきます。

はてな3

選択した画像によっては画像が荒くなるので、その都度調整してプレビューで確かめましょう。

はてな画像7

適度なサイズに調整して画像貼り付ければ、あとは文章をドンドンと書いていきます。

途中でまた画像を貼り付けたいのなら、先ほどと同じ手順で貼り付けていきましょう。

⑸貼り付けた画像を削除したいとき

はてな画像8

貼り付けた画像を削除したいときは、貼り付けた画像にカーソルを合わせてクリックし、BackSpaceキーを押せば削除できます。

キーボード

はてなブログでは、これ以外にも画像の貼り付け方法はありますが、慣れるまではこの方法で充分です。

もっと詳しく知りたい方は、はてなブログヘルプから参照してみて下さいね。

👉記事に写真や画像を貼り付ける(編集サイドバー「写真を投稿」)

収入を得る前の基本的な書き方

ブログで収入を得るためにはブログにアクセスを集めなければなりません。

初心者の人はまずブログ記事を書くことに慣れることが大切です。

とにかく初心者ブロガーは、慣れるまで文章を書くのに数時間以上も掛かりますが、慣れていけば2000文字を30分以内で書くことも可能ですよ。

そのためにはできる限り、毎日ブログを書くことをおススメします。

収入を得るためのブログは、見やすさ役に立つ記事内容が必須というのを忘れないで下さい!

初心者ブロガーのありがちなブログ記事の書き方をまとめましたので参考にして下さいね。

👉初心者のブログ作成でありがちな意味不明の書き方7選

Making初心者のブログ作成でありがちな意味不明の書き方7選
初心者の方がいざブログ作成を自己流で書くとなると、最初は当然ですがよくありがちな意味不明の書き方をしてしまいます。 私も...

ブログ収入

ブログ収入を得るためには様々な知識やテクニックも必要ですが、1番大切なことはブログを書き続けることです。

ブログだけでお金を稼ぐことは時間も掛かりますし、いばらの道ですが成功したときのメリットはかなり大きいですよ。

これからの時代は複数収入を持つのが当たり前になっていきます。

1つの収入源で安住していたら痛い目に合うかもしれません。そうならないためにも今できることをドンドンと挑戦していきたいものですね。

👉はてなブログでアフィリエイトすると75%の確率で文章力がつかなくなる原因とは?

hatenablogはてなブログでアフィリエイトすると75%の確率で文章力と収入がなくなる原因
はてなブログでアフィリエイトをすると、75%の確率で文章力と収入がなくなります。 はてなブログが株式上場をして勢いづいてい...

はてなブログで収入を得る前に!初心者でもできる簡単な画像の貼り付け方と書き方を最後まで読んで頂きありがとうございます。